« 山梨 日向山(24.05.18) | トップページ | 北白樺高原 山彦谷周回コース(24.06.05 その1) »

2024年5月25日 (土)

奥多摩 御前山(24.05.23)

240523016
奥多摩三山の未踏峰を歩いてきました…

① 2024年5月23日(木)天候:薄曇り
② 御前山:1405m
③ コースタイム(山行時間:6時間20分)
 小河内ダム駐車場(05:50)===登山口(06:05)===サス沢山(07:25~07:30)===惣岳山(09:00)===御前山(09:25~09:40)===惣岳山(10:00)===サス沢山(10:55)===登山口(11:50)===小河内ダム駐車場(12:10)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:10.67km、累積標高差:±1039m)
240523001

 5月4回目の山歩きはガイドブックで「山野草が豊富な奥多摩三山の華…」と紹介されている未踏だった御前山に行ってくることにしました。

 ヤマレコなどで調べると御前山に取り付く登山口は7箇所あるようですが、今回は小河内ダムから大ブナ尾根を往復するコースを歩くことにしました。

 こちらからZUISOのスライドショーをご覧いただけます

※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点となる小河内ダム駐車場(マップコード:348 741 631)までは約120kmで2時間半程…、現地スタート時間から逆算して自宅を出発すると関越道~圏央道と走って現地に向かいます。

 青梅ICで高速を降りると早朝で車の少ない市街地を通過し、都道45号線(吉野街道)・国道411号線(青梅街道)を走って奥多摩湖方面に向かいますが、青梅街道・大麦代トンネル手前の標識に従って左折し小河内ダム・奥多摩湖畔に向かうと、奥多摩 水と緑ふれあい館の少し先にある駐車場に到着しました。
240523002

 準備を終えるとダム湖の対談にある登山口に向かいます。(中央奥のピークが総岳山、手前右側がサス沢山です…)
240523003

 天気は薄曇りで気温は心配なさそうですが、稜線にガスが湧いているのが気掛かりでした。
240523004

 小河内ダムの堰堤から下流側を見下ろしました。(発電所が見えました…)
240523005

 周囲の景色を眺めならダムの堰堤を渡り、左奥に進んでいくと登山口がありました。
240523006

 一段登ると展望広場がありダム側を眺めると、歩いてきた堰堤と展望塔が見えました。
240523007

 展望広場から戻ると標識に従って岩場混じりの登山道を登り始めます。(想定以上に急斜面が続きます…)
240523008

 10分程急登すると緩やかな小ピークを通過します。
240523009

 小ピークを通過すると馬の背の登山道を進んで正面に見えてくる急斜面に向かいます。
240523010

 こちらも時々岩場が混じった急斜面で短く折り返しながら急登していきます。
240523011

 急斜面を20分程登ると741ピークを通過しました。
240523012

 さらに20分程歩いていくとサス沢山の枝尾根合流点に奥多摩湖の標識が立っていました。
240523013

 枝尾根合流点からは檜の植林帯と広葉樹林帯の間を登って先に進みます。
240523014

 多摩湖の案内標識から樹林帯を進んで約20分、登山口から80分程でサス沢山の山頂に着きました。
240523015

 サス沢山の山頂には展望台があり、眼下の奥多摩湖の背後に、大菩薩嶺~鶏冠山~飛龍山などが見えました。(山名表示盤有り…)
240523016

 北西側眼下に小河内ダムの駐車場や奥多摩 水と緑ふれあい館が見えました。
240523017

 サス沢山で小休憩して行動食を摂ると先に進んで惣岳山に向かいます。
240523018

 30分程急登すると緩やかな鞍部のような個所を通過しました。
240523019

 さらに30分程で1128ピークを通過すると防火帯?に登山道が続きました。
240523020

 防火帯のような登山道を15分程歩くと大岩を巻いて進みます。
240523021

 大岩の上でウツギ?の花が咲いていました。
240523022

 さらに防火帯の登山道を15分程歩くと惣岳山手前の急斜面となりました。(写真は下山時の物…)
240523023

 サス沢山から90分、登山口から180分程で惣岳山に到着しました。(小河内峠に向かう分岐点有り…)
240523024

 山頂標識の写真を撮ると先に進んで御前山に向かいます。
240523025

 惣岳山から5分程下ると体験の森の分岐点を通過します。
240523026

 分岐点を通過すると先に進んで御前山に向かいます。
240523027

 分岐点から15分程登り返すと展望箇所があり、樹林帯越しに富士山が見えていました。(以前は丹沢山や大菩薩嶺などが見えたそうです…)
240523028

 駐車場から3時間程で御前山の山頂に到着しました。
240523029

 ガイドブックの通り山頂からの眺望は今一つで、北西方向に雲取山と鷹ノ巣山が見えました。(鷹ノ巣山の右奥は長沢背稜…)
240523030

 北側に天目山~蕎麦粒山~日向沢ノ峰辺りの稜線が見えていました。
240523031

 山頂のベンチを借りて軽い行動食を摂ると往路を戻って下山を始めました。
240523032

 帰りの展望箇所で富士山とお別れです。
2405230331

 御前山から10分程で惣岳山を通過します。
240523034

 帰りは御前山からサス沢山まで75分程で下りました。
240523036

 帰りは岩場混じりの急斜面を転倒に注意しながら下ります。
240523037

 サス沢山から50分程で登山口近くの山頂広場に下りました。
240523038

 山頂広場から20分程歩いて小河内ダムの駐車場に戻ると、総行程6時間20分程で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って山歩きの装備類を片付けると、家に帰る途中で奥多摩温泉もえぎの湯(入湯料:950円)に寄ることにし、汗を流してサッパリすると軽い昼食を食べて帰宅の途に就きました。。

                                         …ページの先頭に戻る

« 山梨 日向山(24.05.18) | トップページ | 北白樺高原 山彦谷周回コース(24.06.05 その1) »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
いつもZUISO見させていただいてます。
未踏の山はドキドキワクワクと新鮮な感じが味わえますね。
この山や、先に歩かれてる日向山どちらも歩いたことありません。
最近は無線をメインに山の行き先を決めてる傾向にあるんで、未踏の山への挑戦が少なくなってしまってます。
もっといろんな山登らなくっちゃなと最近思ってます。

kyou さん>こんばんは…
 赤城・榛名や西上州など、地元の山でも景色を楽しめますが、何回か登っている内にこの展望箇所ではこんな景色が見られる…とか、出かける前に山歩きのイメージが浮かんでしまうので、面白みや感動が薄らいでいるような感じがしています。
 なので、少し目先を変えて景色の良さそうな山を見つけ、見つけた山に出かけることを少し増やしてみたいと思っています。
 年々、体力の低下を感じていますし、今後、何年山に行けるか分かりませんが、安全第一(ココヘリも加入しました…)に山歩きを続けたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山梨 日向山(24.05.18) | トップページ | 北白樺高原 山彦谷周回コース(24.06.05 その1) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック