« 西上州 赤久縄山(24.04.26 その1) | トップページ | 赤城 黒檜山(24.05.04 その1) »

2024年4月27日 (土)

西上州 赤久縄山(24.04.26 その2)

その1)から続く…

 南側には大展望が広がり雲取山~両神山~甲武信ヶ岳~金峰山などが見えました。
240426025

 鉄塔下を抜けて林道に出ると先に進んで東登山口に向かいます。
240426026

※画像をクリックすると大きくなります…

 登山口から2時間50分程で東登山口に到着しました。
240426027

 2回目の登山道ですが疲れで身体が重く、時々休みながら山頂に向かいます。
240426028

 山頂手前の急登箇所を登ると北登山口の登山道と合流します。
240426029

 駐車場から3時間半程で赤久縄山の山頂に到着しました。
240426030

 山頂周囲は樹林帯で東側に東・西御荷鉾山と雨降山が見えました。
240426031

 南側の枝先の間に両神山と富士山が見えますが、写真になるのは甲武信ヶ岳と三宝山と…
240426032

 さらに南西寄りの国師ヶ岳~朝日岳~金峰山位のモノでした。
240426033

 山頂で行き会ったハイカーと言葉を交わし、昼食を摂ると西登山口に向かいます。
240426034

 山頂から少し下ると樹林帯が切れて南側の眺望が広がりました。
240426035

 両神山の右背後、水晶山の左奥に富士山が頭を出していました。
240426036

 西南西方向の御座山の右奥に八ヶ岳の権現岳~赤岳~横岳~硫黄岳が並んでいました。
240426037

 山頂から10分程で西登山口に下ると道標に従って安取峠に向かいます。
240426038

 下山に使った登山道は古い林道のようで、傾斜も緩やかで歩き易いルートでした。
240426039

 少し下ると林道脇でコガネネコノメソウが沢山咲いていました。
240426040

 さらに下ると林道横でムラサキケマンを見かけました。
240426041

 西登山口から30分程下った林道横でミツバツツジが咲いていました。
240426042

 ミツバツツジから数分で周囲が樹林帯となり、左右に折り返しながらさらに下ります。
240426043

 西登山口から1時間程で持倉分岐に下り、標識に従って安取峠に向かいます。
240426044

 標識に従って安取峠に向かいましたが樹林帯を抜けるとトラバース箇所を通過します。
240426045

 持倉分岐から15分程で緩やかな林道歩きになりました。
240426046

 5分程下ると安取峠の林道が見えてきますが、手前の案内標識に従って登山道に入ります。
240426047

 登山道は踏み跡が薄くハッキリしませんが、あちこちのマーカーを頼りに進みます。
240426048

 登山道は細い沢沿いに続いており、沢を左右に渡りながら下ります。
240426049

 安取峠から20分程下って赤久縄山林道に合さりました。
240426050

 林道出合から数分歩いて登山口駐車場に戻ると、総行程6時間程でリベンジの山歩きを終了しました。

 車に戻って山歩きの道具類を片付けると、家に帰る途中で神川町のかんなの湯(入湯料:880円、JAF割有り)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                         …ページの先頭に戻る

« 西上州 赤久縄山(24.04.26 その1) | トップページ | 赤城 黒檜山(24.05.04 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西上州 赤久縄山(24.04.26 その1) | トップページ | 赤城 黒檜山(24.05.04 その1) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック