« 丸山・日向山(24.03.03 その1) | トップページ | 縞枯山・茶臼山(24.03.10 その1) »

2024年3月 4日 (月)

丸山・日向山(24.03.03 その2)

その1)から続く…

 北西方向に真っ白な浅間山が見えており、手前に西上州の西御荷鉾山が見えました。
240303024

 北々西方向に上信越国境の白い稜線が霞んでいました。
240303025

※画像をクリックすると大きくなります…

 左側の白い稜線は草津白根山と横手山で、少し左側に浅間隠山が見えています。
240303026

 少し北寄りに奥志賀の岩菅山~裏岩菅山~烏帽子岳が霞んでいました。
240303027

 さらに北寄りに榛名山の相馬山等が見えており、その背後に白砂山辺りの国境稜線が見えました。
240303028

 北寄りに霞んで見える三角ピークが子持山で、その背後に谷川岳や朝日岳が見えました。
240303029

 北側の霞んだ山並みが赤城の黒檜山等で、左背後に上州武尊山が霞んで見えています。
240303030

 北々東側に霞んでいるのが日光連山で、男体山と女峰山が何とか見えました。
240303031

 北東方向の緩やかな山頂が堂平山で山頂の天文台がランドマークです。
240303032

 展望台で一休みして昼食タイムを取ると丸山を下って森林学習展示館に向かいます。
240303033

 丸山から15分程で展示館に到着しましたが、周辺では野鳥の写真を撮っていました。
240303034

 森林学習展示館前には中央広場もあり、東側の堂平山周辺が良く見えました。
240303035

 森林学習展示館は写真を撮って通過し、往路を20分程下って日向山分岐まで戻ると、右手に下って日向山に向かいます。
240303036

 分岐点から10分程下ると山の神の鳥居前を通過します。
240303037

 分岐点から20分程で山の花道に着きましたが、改装工事のようで立ち入り禁止になっており、セツブンソウ自生地に入ることが出来ません。
240303038

 セツブンソウを諦めると日向山に向かいましたが、登る途中の登山道脇でロウバイが咲いていました。(正面ピークの右奥が武川岳…)
240303039

 日向山の山頂手前まで登ってくると東側に丸山の山頂が見えていました。
240303040

 山の花道から20分程で日向山に着きました。
240303041

 山頂見晴台に上がると武甲山や大持山が目の前でした。
240303042

 日向山の山頂で景色を眺めると下山を始めます。
240303043

 帰りは山頂西側の急斜面を下って駐車場に戻ります。
240303044

 日向山から20分程で琴平神社を通過します。
240303045

 琴平神社から風の道コースを下ります。
240303046

 日向山から40分程で芦ヶ久保観音に下ると参拝して無事下山を報告します。
240303047

 芦ヶ久保観音の境内からは道の駅あしがくぼが良く見えました。
240303048

 芦ヶ久保観音から20分程下って道の駅の第2駐車場に戻ると、総行程5時間20分程で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って山歩きの装備類を片付けると、家に帰る途中で武甲温泉(入館料:900円)に寄ることにし、汗を流して冷えた身体を温めてから帰宅の途に就きました。

                                         …ページの先頭に戻る

« 丸山・日向山(24.03.03 その1) | トップページ | 縞枯山・茶臼山(24.03.10 その1) »

雪山ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸山・日向山(24.03.03 その1) | トップページ | 縞枯山・茶臼山(24.03.10 その1) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック