« 浅間 黒斑山(24.01.30 その1) | トップページ | 赤城 黒檜山(24.02.07 その1) »

2024年1月31日 (水)

浅間 黒斑山(24.01.30 その2)

その1)から続く…

 槍ヶ鞘から15分程でトーミの頭に登りました。
240130026

 浅間山の左側に第2外輪山の山々が並び、眼下に湯の平高原の樹林帯が広がります。
240130025

※画像をクリックすると大きくなります…

 第2外輪山の最高峰が黒斑山で雪山歩きでもハイカーに人気の山と思います。
240130024

 トーミの頭の展望は素晴らしいもので、浅間山の右下に妙義山が見えました。
240130027

 剣ヶ峰の右奥には秩父の武甲山と大持山が見えました。
240130028

 さらに右側にギザギザピークの両神山、その右奥に雲取山が見えています。
240130029

 八ヶ岳の東・西天狗岳の間に北岳が見えており、さらに右側に甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳が見えました。
240130030

 槍ヶ鞘の右奥に美ヶ原と御嶽山が見え、さらに右側に乗鞍岳が見えました。
240130031

 西側の樹林帯の先に北アルプス南部の山々が見えています。
240130032

 さらに右側の樹林帯の間から蓮華岳~立山~剱岳が見えていました。
240130033

 トーミの頭で一通り景色を眺めて一休みすると先に進んで黒斑山に向かいます。
240130034

 ビジターセンターから2時間半程で黒斑山に到着しました。
240130035

 浅間山の左奥には日光白根山~太郎山~女峰山~男体山~皇海山~鋸山~袈裟丸山が見えました。(手前は小野子三山~子持山、さらに手前は浅間隠山…)
240130036

 仙人岳の先の谷川岳は雲に覆われていますが、仙ノ倉山の先に中ノ岳が見えていました。
240130037

 北寄りの蛇骨岳の右奥に苗場山と佐武流山が見えました。
240130038

 当初は蛇骨岳までの往復を予定しましたが、久しぶりの雪山歩きで少し疲れたため、昼食タイムを取ると下山することにしました。
240130039

  帰りは山頂から15分程でトーミの頭まで戻ってくると、佐久平に先に富士山や八ヶ岳が良く見えていました。
240130040

 トーミの頭から中コース分岐まで戻ると、標識に従って中コースを下ります。
240130041

 中コースの登山道も良く歩かれており明瞭な踏み跡が出来ていました。
240130042

 中コースを20分程下ると展望が広がり北アルプスの山々が見えました。
240130043

 展望箇所を通過して再び展望が開けると、コース正面にスキー場が見えてきます。
240130044

 さらに10分程歩いてビジターセンターの駐車場に戻ると、総行程4時間10分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って雪山歩きの装備類を片付けると、家に帰る前に高峰高原ホテル(入湯料:700円、金庫:100円)に寄ることにし、汗を流し冷えた身体を温めてから帰宅の途に就きました。

                                         …ページの先頭に戻る

« 浅間 黒斑山(24.01.30 その1) | トップページ | 赤城 黒檜山(24.02.07 その1) »

雪山ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浅間 黒斑山(24.01.30 その1) | トップページ | 赤城 黒檜山(24.02.07 その1) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック