« 謹賀新年 | トップページ | 陣見山・雨乞山(24.01.11 その1) »

2024年1月 6日 (土)

秩父 武甲山(24.01.05)

240105025
新春初の山歩きは秩父の武甲山へ…

① 2024年1月5日(金)天候:晴れ
② 武甲山:1304m
③ コースタイム(山行時間:4時間45分)
 生川・一の鳥居(07:50)===登山道入口(08:20)===大杉の広場(09:15)===武甲山(10:10~10:50)===シラジクボ(11:20)===林道出合(12:20) ===生川・一の鳥居(12:35)
※景色や花の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい…
④ コースマップ(沿面距離:8.072km、累積標高差:±808m)
240105001

 新年初めての山歩きは秩父のシンボル、200名山の武甲山に行ってきました。

 秩父の武甲山は前回から6年ぶり5回目ですが、生川・一の鳥居駐車場から山頂に向かい、帰りはシラジクボ経由で歩いてきました。

 こちらからZUISOのスライドショーをご覧いただけます。

※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点となる生川・一の鳥居(マップコード:150 074 579)までは約65㎞で1時間40分程…、現地スタート時間に合わせて自宅を出発すると、関越道・上里SAから県道44号線~国道299号線などを走って現地に向かいます。

 途中、国道140号線沿いの道の駅ちちぶでトイレ休憩しましたが、ほぼ予定通りの時間で一の鳥居の駐車場に到着すると、先着の車が10台程停まっていました。(綺麗な公衆トイレが使えます…)

 すぐに車を停めて準備をすると武甲山に向かって歩き始めます。
240105002

 先ずは生川沿いの林道(登山道)を進んで登山口に向かいます。
240105003

 25分程歩くとシラジクボの分岐点があり、帰りはこの分岐点に下ってきます。
240105004

 駐車場から30分程で15丁目の登山口を通過します。(以前は階段手前に丁目石…)
240105005

 登山道は杉の樹林帯の中に続いており、左右に折り返して登って行きます。
240105006

 登山口から10分程で不動滝を通過します。(ペットボトルは山頂トイレ用です…)
240105007

 小さなお宮は滝の名称通り不動尊を祀っているようです。
240105008

 不動滝から5分程進むと表参道の標柱があり、20丁目の丁目石が立っています。
240105009

 さらに25分程登っていくと29丁目辺りに石積場がありました。(初めて見ました…)
240105010

 31丁目の枯れ木のウロに石仏?が祀ってあります。(こちらは6年前もありました…)
240105011

 駐車場から1時間半弱で大杉の広場に着きました。
240105012

 樹齢4~500年と言われる杉の大木ですが、心なしか枯れ枝が増えたようでした。
240105013

 大杉の広場から少し進むと初めて見る見守り観音がありました。
240105014

 39丁目辺りまで登ってくると石灰岩の露頭が増えて歩き難くなりました。
240105015

 さらに登っていくと42丁目に残っていた石段コースの分岐点は跡形がなくなりました。
240105016

 山頂手前までくると急斜面となり左右に折り返しながら登ります。
240105017

 山頂直下に水場が祀られていましたが、パイプから水が出ていませんでした。
240105018

 駐車場からスタートして2時間20分…、ほぼ予定通りに御嶽神社に着きました。
240105019

 山頂の御嶽神社で山歩きの無事を祈ると、山頂の第1展望台から景色を眺めます。
240105020

 第1展望台は北側を中心に展望が広がり、眼下に秩父盆地の街並みが見えています。
240105021

 北西方向に真っ白な浅間山が見え、右奥に四阿山が見えました。
240105022

 北々西方向に草津白根山と横手山が見え、手前に東・西御荷鉾山が見えました。
240105023

 さらに北寄りに榛名の掃部ヶ岳が見え、その左背後に白砂山が見えています。
240105024

 北側に見える白銀の山並みは谷川連峰で、手前に小野子三山と子持山が見えています。
240105025

 北々東寄りの雪のない山並みが赤城山で、その背後左右は至仏山と燧ヶ岳です。
240105026

 さらに右寄りに日光白根山が見えますが、皇海山は稜線が重なって分かりません。
240105036

 北東方向に日光連山の太郎山~男体山~女峰山が見えました。
240105027

 景色を眺めて避難小屋で昼食タイムを取ると、南側に下ってシラジクボに向かいます。
240105028

 南尾根は小持山側から登っていますが、武甲山側から下るのは初めてでした。
240105029

 山頂から30分程でシラジクボの分岐点に下りました。(分岐点の先が要注意…❗)
240105037

 道標に従って下ると踏み跡が左右に分かれており、どちらも補助ロープやマーカーが見えているため、左下に続く踏み跡を下ることにしました。(右手斜面のトラバース道が正しいルートでした…)
240105030

 5分程下ると古い林道に降り立ちましたが、踏み跡が少なく正規のルートではなさそうで、GPSを見ると斜面右上に登山道が続いており、先に進むと登山道に合さるようでした。(下る途中でスマホ・アプリのMSG…)
240105031

 下降点から20分程下ると正規ルートの登山道に合流します。
240105032

 合流点の下に生川基点の標識もあり、標識に従って登山道に入りました。
240105033

 すぐに分岐点があり直進が持山寺跡のため、左手に進んで生川基点に向かいます。
240105034

 登山道を下る途中で林道に合流しますが、案内標識に従って登山道に入ります。
240105035

 シラジクボから60分程で林道出合、さらに林道を15分程下って駐車場に戻ると、総行程4時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って山道具を片付けると、家に帰る途中で武甲温泉(入館料:900円=休日扱い)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                         …ページの先頭に戻る



 

« 謹賀新年 | トップページ | 陣見山・雨乞山(24.01.11 その1) »

ハイキング」カテゴリの記事

200名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年 | トップページ | 陣見山・雨乞山(24.01.11 その1) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック