« 御坂黒岳(23.12.21 その2) | トップページ | 2023年の山歩き »

2023年12月30日 (土)

榛名 水沢山(23.12.29)

231229029
2023年の登り納めに行きました…

① 2023年12月29日(金)天候:晴れ
② 水沢山:1194.4m
③ コースタイム(山行時間:3時間20分)
 水沢観音駐車場(08:45)===登山口(08:55)===お休み石(09:40)===見晴台石仏(10:15)===水沢山(10:40~10:50)===見晴台石仏(11:05)===お休み石(11:30)===登山口(11:55)===水沢観音駐車場(12:05)
※景色や花の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい…
④ コースマップ(沿面距離:4.515km、累積標高差:±648m)

 2024年の登り納めは赤城・黒檜山の予定でしたが、暖冬で雪が少ないため榛名の水沢山を歩いてきました。

 水沢山は10月末に歩いたばかりですが、年末の道路渋滞で遠出するのは大変なため、トレーニングを兼ねて出かけてきました。

 こちらからZUISOのスライドショーをご覧いただけます

※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点の水沢観音の駐車場(マップコード:94 818 325)までは約15㎞で40分程…、出発予定時間に合わせて自宅を出発すると県道25号線~153号線などを走って現地に向かいます。

 ほぼ予定通りの時間で水沢観音の大きな駐車場に到着すると、林道近くに先着ハイカーの車が30台程停まっていました。

 すぐに車を停めて歩く準備をすると水沢山に向かってスタートします。
231229002

 先ずは駐車場西側の林道を進んで登山口に向かいます。
231229003

 駐車場から10分程歩くと登山口でハイカーが次々と山頂に向かいます。
231229004

 登山道はボランティアで整備されており、年々歩きやすくなっている感じです。
231229005

 急登の途中で暑くなり着衣調整したため、時間を大分ロスして稜線に上がりました。
231229006

  緩やかな登山道はすぐに終わると再び急登の階段登りになりました。
231229007

 駐車場から1時間弱でお休み石ですが、この日はヤマガラがいないようでした。
231229008

 お休み石を通過すると岩場混じりの急登箇所が続きます。
231229009

 駐車場から90分程で見晴台石仏に上がると、正月飾りの注連縄が供えてありました。
231229012

 今回も風のない好天に恵まれましたが、展望は今一つで赤城山が霞んでいました。
231229010

 北東方向に子持山が良く見えますが、背後の上州武尊山は雲の中でした。
231229011

 見晴台石仏から少し進むと見晴台草ぼうずを通過します。
231229013

 見晴台の名称通り首都圏方面が開けますが、この日は白く霞んで何も見えません。
231229014

 見晴らし台を通過すると正面に水沢山の山頂稜線が見えてきます。
231229015

 10分程進んで山頂東肩の石宮に上がると、こちらにも正月飾りが供えてありました。
231229016

 東肩からは見事な展望が広がりますが、この日は雲が多くて日光方面が見えません。
231229017

 北寄りに小野子三山が見えますが、背後の谷川連峰は雲の中でした。
231229018

 東肩から少し歩くと山頂で4~5人のハイカーが休んでいました。
2312290191

 誰かが飾り付けたのか山頂標柱に今年の干支の兎が付いていました。(この1年間のお役目大変ご苦労様でした…)
231229020

 山頂西側は榛名山の相馬山~榛名富士~二ッ岳(雌岳と雄岳)が並んでいます。
231229021

 北西方向に草津白根山が見えますが、横手山は雲がかかっていました。
231229022

 北々西方向は上越国境の山並みですが、稜線が雲に覆われて同定できません。
231229023

 さらに北寄りが谷川連峰になりますが、白い中腹辺りが見えるだけでした。
2312290241

 南西方向に西上州の妙義山や八ヶ岳連峰の山々が白く霞んで見えていました。
231229025

 南八ヶ岳の赤岳~横岳の手前に荒船山が見えています。(AFが合焦せずMFで撮りました…)
231229026

 八ヶ岳の左奥が南アルプスの山並みで北岳~甲斐駒ヶ岳が見えました。
231229027

 南側に大分霞んだ富士山が見え、右手前に両神山が見えました。
231229028

 山頂で一通り景色を眺めると昼食タイムの予定ですが、少し風が出てきたため下山後に回すことにし、山頂からUターンして下山を始めました。

 下りは早く山頂からお休み石が約40分、さらに35分程歩いて駐車場まで戻ると、総行程3時間20分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って山道具を片付けると、家に帰る途中で群馬温泉やすらぎの湯(入湯料:800円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

 

 

« 御坂黒岳(23.12.21 その2) | トップページ | 2023年の山歩き »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御坂黒岳(23.12.21 その2) | トップページ | 2023年の山歩き »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック