« 紅葉の石尊山(22.11.06 その1) | トップページ | 北秩父 城峯山(22.11.12) »

2022年11月 7日 (月)

紅葉の石尊山(22.11.05 その2)

その1)から続く…

 この辺りは山頂方面に進行方向を変える箇所で、右下がりの緩やかな斜面が赤く染まっていました。
221106019

 周辺は紅葉したモミジ林となっており、どっちを見て絵になる景色が続きます。
221106020

※画像をクリックすると大きくなります…

 紅葉のカットなら幾らでも撮れそうですが、一通り良さそうなカットを撮ると先に進みます。(少し登ると紅葉に茶色が混じります…)
221106021

 さらに進むと山頂まで続く稜線に上がりました。
221106022

 少し登って左手を眺めると紅葉の先に綺麗な三角ピークの吾嬬山が見えました。
221106023

 駐車場から2時間程で山頂に到着すると北側に上越国境の山々が見えました。(稲包山~平標山~仙ノ倉山…)
221106024

 東北東方向には日光方面の山並みが見えました。(日光白根山~男体山~皇海山~袈裟丸山…)
221106025

 東南東方向に見えるのは左奥から赤城・黒檜山~子持山~小野子三山となります。
221106026

 南東方向手前に見えるのが群馬100名山の嵩山で、その背後の首都圏方面は白く霞んでいました。(冬場ならスカイツリーが見えそう…)
221106027

 南南東方向に並ぶのが榛名山の山々で、手前に中之条の街並みが見えました。
221106028

 南側手前・薬師岳の右奥に妙義山の岩峰群が見え、奥秩父連峰の背後に富士山が見えました。
221106030

 南西寄りに並んだ鼻曲山~浅間隠山の間に八ヶ岳の赤岳が見えました。
221106031

 南西方向に冠雪した浅間山~黒斑山~東・西篭ノ登山が見えました。
221106032

 さらに右側・高田山の左稜線の先に座敷山~湯の丸山~角間山が見えました。
221106033

 高田山の中腹辺りも紅葉の見頃のようで、点々と混じるモミジが色鮮やかでした。
221106034

 さらに高度が下がった辺りを眺めると紅葉の見頃はこれからでした。
221106035

 石尊山で30分程休んで景色を眺めると、見事な眺望に別れを告げました。
221106036

 当初計画は高田山に向かう予定でしたが、石尊山で鮮やかな紅葉と眺望を楽しんだこともあり、今回は石尊山で引き返すことにしました。
221106037

 下山する前に山頂の石宮に参拝します。
221106038

 最後にもう一度上信国境を眺めると往路を戻って下山を始めます。
221106039

 下る途中でも見事な紅葉を眺めながら下りましたが、20数人のグループなど後続ハイカーが次々と登って来ており、早めに下ったことが正解のようでした。
221106040

 帰りは山頂から45分程で石鳥居まで下り、さらに25分程歩いて駐車場まで戻ると、総行程3時間35分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰宅の前に町営・四万清流の湯(入館料:500円)に寄ることにし、汗を流してサッパリすると四万川ダムを観光してから家路に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

« 紅葉の石尊山(22.11.06 その1) | トップページ | 北秩父 城峯山(22.11.12) »

ハイキング」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉の石尊山(22.11.06 その1) | トップページ | 北秩父 城峯山(22.11.12) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック