« 赤城 黒檜山(21.12.11 その2) | トップページ | 西上州 牛伏山(21.12.29 その1) »

2021年12月21日 (火)

浅間隠山(21.12.19)

211219015
シーズン初の雪山歩きになりました…


① 2021年12月19日(日)天候:晴れ
② 浅間隠山:1756.7m
③ コースタイム(山行時間:3時間45分)
 登山口駐車場(08:50)===北軽井沢分岐(09:30)===わらび平分岐(10:30)===浅間隠山(10:45~11:25)===わらび平分岐(11:30)===北軽井沢分岐(12:10)===登山口駐車場(12:35)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:5.880km、累積標高差:±548m)
211219001

 12月3回目の山歩きは前回に引き続いて寒さ慣らしに出かけることにし、3年ぶりに浅間隠山に行ってくることにしました。

 前回の浅間隠山も12月末の山歩きで、年末寒波で榛名山が見える程度の視界でしたが、今回は寒波が通過した後の周囲の眺望に期待することにしました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる二度上峠手前の登山口(マップコード:295 063 368)までは約45kmで1時間半程…、午前7時過ぎに自宅を出発すると国道406号線~県道54号線などを走って北軽方面に向かいます。

 二度上峠入口のはまゆう山荘手前から道路が凍結していましたが、予定通りの時間で二度上峠手前の登山口駐車場に到着しました。(駐車場の簡易トイレは撤去されています…)
211219002

 すぐに車を停めて準備をすると駐車場手前の登山口から歩き始めます。(この日は最初から軽アイゼンを履きました…)
211219003

 登山口からは小さな沢に沿って進みますが、前回に比べて登山道が大分荒れ気味でした。
211219004

 冬山の汗冷え防止のためスローペースで歩くことにし、20分程で稜線に上がると浅間隠山が見えてきます。
211219005

 登山道に積もった雪は5~10cm、吹き溜まりでは20~30cm程でした。
211219006

 1528ピークを巻くように進むと正面に浅間隠山の稜線が見えてきます。
211219007

 駐車場から40分程で北軽井沢への登山道を左手に分けました。
211219008

 分岐点を通過すると左右に折り返す登山道を進んで高度を稼ぎます。
211219009

 1538ピークを通過する辺りからは急斜面の荒れた登山道が続きました。
211219010

 駐車場から1時間40分程でわらび平分岐を通過します。
211219011

 樹林帯を通過すると周囲の展望が開け始め左手に雲に覆われた浅間山が見えました。
211219012

 駐車場から2時間弱で6度目となる浅間隠山の山頂を踏みした。
211219013

 自宅を出た頃は雲一つない浅間山が見えていましたが、冬場ですし雲が湧くのも仕方ないのでしょうね~211219014

 浅間山の反対側は良く晴れており赤城・榛名が良く見えました。
211219015

 北北東方向が谷川連峰になりますが、ガスに包まれて稜線が見えません。
211219016

 北東方向の上州武尊山は真っ白な稜線が見えており、手前に大河ドラマで有名な岩櫃山が見えています。
211219017

 東北東方向は日光方面の山々で、男体山の両サイドに女峰山と皇海山が見え、手前に小野子三山と子持山が見えました。
211219018

 さらに東寄りに赤城の山々が見えますが、11日に登ってきた黒檜山が大分白くなっており、今日行けば綺麗な霧氷が見れたかも知れません。
211219019

 赤城山の右手前が榛名山の山並みで、一番右側が11月に登った天狗山です。
211219020

 榛名山の右奥には大分霞んだ筑波山が見えていました。
211219021

 山頂南側に留夫山~鼻曲山~氷妻山が見えますが、北西からの季節風でガスが流れて霞んでいました。
211219022

 南西寄りは八ヶ岳方面になりますが、ガスに隠れて山並みが見えません。
211219023

 南南東方向にギザギザの妙義山が見え、その右上に雲取山が見えていました。
211219024

 南東方向の角落山の先に外秩父の笠山と堂平山が見え、剣の峰の先に御荷鉾山と武甲山が見えていました。
211219025

 山頂南東下で冷風を避けて休憩すると、往路を引き返して下山を始めました。
211219026

 心身ともに身軽となる帰りのペースは速く、休憩場所から北軽分岐までが45分程、さらに25分程下って駐車場に戻ると、総行程3時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付け身支度を整えると、帰る途中ではまゆう山荘(入湯料:570円、市民割有り…)に寄ることにし、冷えた身体を温めてから帰宅の途に就きました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

1、今回の山歩きで行き会ったハイカーは20人程、駐車場に停まっていた車のナンバーを見ると、
往路は地元の人たちが多い感じでしたが、復路のハイカーは半分位が近県の人たちのようでした。

2、200名山の浅間隠山も今回で6回目、内訳は春山2回・秋山1回・冬山3回となっていましたので、次回辺りは夏山シーズンに歩ければと思っています。

3、2021年も残るは10日余り、年末とあって山歩きに行けるかどうか分かりませんが、久しぶりに1年の〆の山歩きが出来れば…と思っています。

« 赤城 黒檜山(21.12.11 その2) | トップページ | 西上州 牛伏山(21.12.29 その1) »

200名山」カテゴリの記事

雪山ハイキング」カテゴリの記事

コメント

浅間山は雲隠れって感じだったようですが、寒さ慣れにはよかったんでは?
写真からは寒々とした空気感が伝わってきます。
私は、今年も雪山はまだ出遅れてます。
最近寒さが苦手になって億劫になってるのかもしれません(*_*;
まずは赤城の樹氷登山で寒さ慣らししたいです。

kyou さん>こんにちは
寒波が通過した後の好天を狙って行ってみました。
朝、家を出た時に雲に一つない浅間山が見え、これは期待できると思ったのですが、
途中から雲が湧き出したようで山頂近くで見えた時は雲に覆われていました…(^^;
これからが冬本番ですし季節風が吹くのは仕方ありませんので、東側の景色が
楽しめただけで良しとしました。
自分も年齢のせいか寒さがきつくなったように思いますし、朝方、起きるのが辛いと
思うことが多くなったように思います…(笑)
今シーズンは例年より雪が多そうな予報もありますので、近場の山でも雪山遊びが
楽しめる機会が多くなるかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城 黒檜山(21.12.11 その2) | トップページ | 西上州 牛伏山(21.12.29 その1) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック