« 赤城 黒檜山(21.12.11 その1) | トップページ | 浅間隠山(21.12.19) »

2021年12月13日 (月)

赤城 黒檜山(21.12.11 その2)

その1)から続く…

 山頂に戻る途中で南東側を眺めると、先月登った筑波山が見えていました。
211211022

 当初予定では山頂に戻って昼食タイムでしたが、冷たい季節風が吹いてゆっくり出来ないため、駒ケ岳経由で下山することにしました。(先行ハイカーさんが作った先品のようです…)
211211023

※画像をクリックすると大きくなります…

 山頂から5分程で黒檜山大神を通過します。
211211024

 下る途中で展望ヶ所に寄って見ましたが、南東側にシルエット状の山々が見えました。
211211025

 南西寄りに富士山が見えていますが、朝方に比べて大分霞んでいました。(カメラのオートフォーカスが効き難くなります…)
211211026

 南西方向の南アルプスも見難くなりました。(左手前は地蔵岳…)
211211027

 駒ケ岳側の急斜面を10分程下ると緩やかな登山道になってきます。
211211028

 大タルミ手前の小ピークに登り返して黒檜山を振り返り…。
211211029

 黒檜山大神から30分程で大タルミを通過します。
211211030

 大タルミから15分程登り返して駒ケ岳に到着です。
211211031

 南東方向に見える筑波山の手前右側が桐生の鳴神山です。
211211032

 さらに右側に先日登った吾妻山が見えました。
211211033

 南西寄りの富士山はさらに白くなり、ピントはマニュアルで合わせました。
211211034

 西側眼下は大沼でその先の鈴ヶ岳の背後に浅間山や草津白根山が見えています。
211211035

 駒ケ岳からは休むことなく下山を続け、35分程で最後の鉄階段を通過します。
211211036

 駒ケ岳から50分程で駒ケ岳登山口に下ります。
211211037

 登山口から県道沿いを歩いておのこ駐車場まで戻ると、総行程3時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中にある富士見温泉見晴らしの湯(入館料:520円)に寄ることにし、汗を流して冷えた身体を温めサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

覚え書き

1、今回の山歩きで見かけたハイカーは20数人でしたが、駐車場に停まっていた車の台数から推測すると、4~50人が入山していた感じでした。

2、赤城の黒檜山に登るのは今回で15回目、春山=2回、夏山=3回、秋山=1回、冬山=9回で、大半の山歩きは冬山シーズンになっていました。

3、2021年も残る日数は20日間程、年末恒例の行事なども予定されてることもあり、何とか2回位は出かけたいと思っています。

« 赤城 黒檜山(21.12.11 その1) | トップページ | 浅間隠山(21.12.19) »

登山」カテゴリの記事

100名山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
赤城山もようやく積雪時期になりましたね。
寒さ慣らしの山、行かなきゃって思ってますが、寒いんで躊躇してます(*_*;
黒檜山はもう少し積雪が増えたころは歩きやすいかなと降雪を願ってるんですが(^^♪
南アルプスまで見えて最高の天気でしたね。
お疲れさまでした。

 kyou さん>こんにちは…
 このところ暖かい日が続いて雪が少なくなっていましたが、北側斜面に行くと
雪が少し残っていました…。ただ、13日からは赤城山に雪雲が架かっていますので、
今日辺りは雪が大分積もっていると思っています。
 kyou さんの言われるように、岩場混じりの登山道などは雪が積もった方が歩きやすい
ので、年明け以降の方が雪が多くなって良いのかも知れません。
 景色の方は南側の富士山などは良く見えましたが、谷川方面や日光方面はガスが
流れて今一つと言う感じでした。
 一年間もあっと言う間に過ぎてしまい、もう間もなく年越しになっちゃいますね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城 黒檜山(21.12.11 その1) | トップページ | 浅間隠山(21.12.19) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック