« 赤城 荒山・鍋割山(20.10.29 その2) | トップページ | 筑波山(21.11.20) »

2021年11月14日 (日)

榛名 天狗山(21.11.11)

211111019
紅葉は中腹以下で見頃でした…

① 2021年11月11日(金)天候:晴れ
② 天狗山:1179m、鏡台山:1073m
③ コースタイム(総行動時間:4時間15分)
 歴史民俗資料館(09:30)===登山口(09:45)===鏡台山コル(10:05)===鐘原ヶ岳分岐(10:50)===天狗山(11:00~11:50)===鐘原ヶ岳分岐(12:00)===鏡台山コル(12:35)===鏡台山(12:45~12:55)===鏡台山コル(13:10)===登山口(13:30)===歴史民俗資料館(13:45)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.695km、累積標高差:±621m)
211111001

 前回から2週間ぶりの山歩きは朝の一仕事を終えてから出かけることにし、自宅からの距離も近い榛名の天狗山に行って来ることにしました。

 榛名の天狗山は昨年11月下旬に歩いていますが、今回はその時よりも10日程時期が早いため、登山道周辺の紅葉にも期待しながら歩いて来ることにしました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 車を停める榛名歴史民俗資料館(マップコード:295 117 873)までは約25kmで50分程、朝の内に担当する仕事を終えると榛名山の南麓を西進して現地に向かいます。

 丁度、通勤時間帯と重なったため途中の混雑ヶ所を迂回しましたが、ほぼ予定した時間で榛名神社手前の歴史民俗資料館に到着すると、すぐに歩く準備をして歩き始めます。
211111002

 随神門手前の大鳥居を潜ると右手に進み、少し登ると地蔵峠の分岐点がありますが、ここは標識に従って天狗山方面に向かいます。
211111003

 分岐点を直進して舗装された林道を進んでいくと、資料館から15分程で天狗山の登山口が見えました。
211111004

 登山口から踏み跡が残る登山道を進み始めましたが、周辺の紅葉は見頃過ぎで落葉が始まっていました。
211111005

 進むに連れて急斜面の登山道になりますが、登山口から20分程で鏡台山のコルに到着すると、北側の樹林帯の先に掃部ヶ岳が見えました。(北西方向から強い季節風が吹いています…)
211111006

 鏡台山のコルで一休みすると左手に進んで天狗山に向かいます。
211111007

 登山道周辺の樹林帯では大分葉が落ちていましたが、所どころに綺麗なヤマモモミジが残っていました。
211111008

 20分程進んで6合目の標識を通過すると、前方に天狗山の西峰が見えてきます。
211111009

 さらに鐘原ヶ岳の中腹を巻くように進むと、鐘原ヶ岳に向かう分岐点が見えてきます。
211111010

  分岐点を通過し右前方に回り込むように進むと、9合目の分岐点があり左手に赤鳥居が立っています。(右手に進むと西峰で地形図上の天狗山です…)
211111011

 赤鳥居を潜って岩場混じりの登山道を少し登ると、資料館から90分程で天狗山の東峰に到着しました。
211111012

 標識から少し先に進むと赤鳥居が立つ見晴台があり、岩場に上がると南側を中心に素晴らしい眺望が広がります。
211111014

 この日も雲一つない富士山が見えていました。(手前右側が雁坂嶺のピーク…)
211111015

 南西方向の八ヶ岳に白い雲が浮かんでおり、さらに西寄りに浅間山が見えています。
211111013

 南東側の東京方面は霞んで何も見えませんが、さらに東寄りを眺めると筑波山が浮んでいました。(手前には大小山辺りが見えています…)
211111016

 一通り景色を眺めると冷たい強風を避けながら昼食休憩を取り、一休みを終えると往路を戻って鏡台山に向かいます。
211111017

 鏡台山のコルから西側の稜線に上がり、さらに南西方向の稜線を進んで行くと、10分程で鏡台山に到着します。(地形図上の鏡台山は北峰です…)
211111018

 榛名山周辺の紅葉は中腹辺り、標高7~800m位が良さそうです。
2111110181

 鏡台山からの眺めも大変すばらしく、西側に浅間山と浅間隠山が見えました。
211111019

 少し北西寄りに100名山の四阿山が聳えています。
211111020

 さらに右寄りに上信国境の土鍋山~破風岳~御飯岳が並んでいます。
211111021

 山頂北側には杏ヶ岳や掃部ヶ岳が聳えています。
211111022

 山頂東側には小鐘原ヶ岳~天狗山西峰が見えました。
211111023

 鏡台山で一通り周囲の景色を眺めると浅間山に別れを告げて下山を始めます。
211111024

 展望の良いショートコースでもあり、鏡台山から登山口までが35分、さらに15分程歩いて資料館に戻ると、総行程4時間15分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、何時もなら帰る途中で日帰り温泉に寄るのですが、今回は直帰して自宅で汗を流すことにしました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは天狗山で行き会った2人だけでしたが、紅葉が見頃になっていた榛名神社には大勢の観光客が訪れており、参道沿いの駐車場には沢山の県外ナンバーの車が停まっていました。

 榛名の天狗山を歩くのは今回で6回目、ほとんどは11月~12月の晩秋の頃に登っていましたが、次回、天狗山のコースを歩く時は登山道に雪がある時や、ツツジの花が咲く季節に歩いてみたいと思っています。


 

« 赤城 荒山・鍋割山(20.10.29 その2) | トップページ | 筑波山(21.11.20) »

ハイキング」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城 荒山・鍋割山(20.10.29 その2) | トップページ | 筑波山(21.11.20) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック