« 赤城 黒檜山(21.08.28) | トップページ | 尾瀬沼(21.10.03) »

2021年9月24日 (金)

北八ッ 蓼科山(21.09.20)

210920020
3年ぶりに2千5百m級の山頂を訪ねました…


① 2021年9月20日(月)天候:晴れ後曇り
② 蓼科山:2530m
③ コースタイム(総行動時間:5時間00分)
 7合目登山口(07:10)===馬返し(07:35)===天狗の露地(08:05)===将軍平(08:45~08:50)===蓼科山(09:35~10:20)===将軍平(11:00)===天狗の露地分岐(11:30)===馬返し(11:50)===7合目登山口(12:10)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:5.429km、累積標高差:+642m、-638m)
210920001

 前回の黒檜山から20日ぶりの山行になりますが、久しぶりに北アルプスを眺めてくることにし、眺望が楽しめる蓼科山に行って来ることにしました。

 諏訪富士とも呼ばれる蓼科山は3年半ぶりになりますが、最近の山行不足もあって女神茶屋コースなどは望むべくもなく、一番簡単な7合目登山口から歩くことにしました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる蓼科山の7合目登山口(マップコード:816 125 160)までは約100kmで2時間程、現地スタート時間に合わせて自宅を出発するとR18~上信越道~中部横断道と走って現地に向かいます。

 佐久南ICから国道142号線~県道152~40号線と走り、白樺牧場の信号を左折して蓼科スカイラインに向かって走って行くと、御泉水自然園の少し先にある7合目登山口に到着します。(手前の広い駐車場は満車状態でした…)
210920002

 準備を終えるとガレた感じの登山道を歩いて将軍平に向かいます。
210920003

 登山道は良く歩かれており要所に標識があって道に迷うことはありません。
210920004

 40分程歩いてシラビソなどの樹林帯を抜けると周辺の広葉樹が少し色付いています。
210920005

 登山口から50分程で天狗の露地に出ると、ガスが湧き始めた北アルプスが見えました。
210920006

 北アルプス南部に穂高連峰と槍ヶ岳が見えますが、前日の地震で落石事故が発生したようです。
210920007

 北アルプス北部には鹿島槍~五竜岳~白馬岳が見えていました。
210920008

 登山道に戻って先に進んでいくとザンゲ坂の急登個所が辛いところです。
210920009

 少し急登すると北西方向の眺望が広がりますが、北アルプスにかかる雲が大分増えていました。
210920010

 登山口から1時間半程で将軍平に到着すると水分補給して一休みします。
210920011

 将軍平から少し進むと岩ゴロの急登個所が続きます。(転倒要注意です…)
210920012

 20分程登ると北東側が開けて浅間山が見えてきます。
210920013

 さらに登ると色付き始めた黄葉の先に双子山が見えてきました。
210920014

 高度が上がると北西側の眺望が開けますが、北アルプスの峰々は雲に覆われました。
210920015

 将軍平から45分、登山口から2時間20分で山頂ヒュッテに到着です。
210920016

 ヒュッテの右横を抜けると山頂で、順番待ちで記録写真を撮りました。
210920017

 山頂南側からガスが湧いて眺望はなく、南東寄りに大岳辺りが見える程度ですが、双子山の右奥に両神山が見えました。
210920018

 双子山の左奥には西上州の妙義山と荒船山が見えました。
210920019

 北寄りに浅間山が見えますが、その先は雲が湧いています。(この日は谷川方面も考えていました…)
210920020

 湯ノ丸山の先が御飯岳のようですが、四阿山の山頂は雲の中でした。
210920021

 山頂の一角を借りて昼食タイムを取ると、双子山を眺めながら下山を始めました。
210920022

 山頂から40分程下ると将軍平、将軍平から30分程で天狗の露地分岐、さらに40分程で登山口駐車場に下ると、総行程5時間程で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で佐久の日帰り温泉・布施温泉(入館料:500円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 コロナ感染がやや落ち着いた3連休の初日だったこともあり、7合目登山口からも大勢のハイカーが入山していましたが、大河原峠や女神茶屋方面からも多くのハイカーが登っていました。

 今年は山に行ける回数が少なくなるとは思っていましたが、9月が終わろうとする段階でようやく16回目、残り3カ月間の中で何回出掛けられるか分かりませんが、過去最低記録の24回だけは何とかクリアしたいとは思うのですが…。

 

« 赤城 黒檜山(21.08.28) | トップページ | 尾瀬沼(21.10.03) »

登山」カテゴリの記事

100名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城 黒檜山(21.08.28) | トップページ | 尾瀬沼(21.10.03) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック