« 西上州 荒船山(21.05.30) | トップページ | 榛名 相馬山(21.07.20) »

2021年6月10日 (木)

鬢櫛山~榛名富士(21.06.08)

210608017
4年ぶりに山頂を踏みました…

① 2021年6月8日(火)天候:晴れ後曇り
② 鬢櫛山:1350m、烏帽子ヶ岳:1363m、榛名富士:1390.3m
③ コースタイム(総行動時間:4時間50分)
 駐車場所(08:55)===稜線分岐(09:15)===鬢櫛山(09:50)===稜線分岐(10:15)===烏帽子ヶ岳(10:45~11:00)===稜線分岐(11:20)===烏帽子ヶ岳登山口(11:40)===榛名富士登山口(11:45)===榛名富士(11:45~12:05)===榛名富士登山口(13:40)===駐車場所(13:45)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.659km、累積標高差:+761m、-764m)
210608001

 荒船山から1週間ぶりとなる山歩きになりましたが、トレーニングを兼ねて榛名山の3つのピークを歩いてきました。

 榛名山は新緑の季節に何度か歩いていますが、6月の山歩きとしては今回が初めてで、榛名富士は前回から4年ぶりに山頂を踏みました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 車を停める烏帽子ヶ岳登山口(マップコード:94 810 511)までは約25kmで45分程、朝の一仕事を終えてから出発すると県道126号線経由で榛名湖に向かいます。

 ほぼ予定通りの時間で榛名湖に到着すると、湖畔道路を半周して烏帽子ヶ岳登山口横の駐車場所に車を停めました。
210608002

 準備を終えると登山口の赤鳥居の横から歩き始めます。
210608003

 登山口から15分程登ると分岐点の稜線が見えました。
210608004

 20分程で稜線に上がると分岐点を左に進んで鬢櫛山に向かいます。
210608005

 初めは緩やかな稜線歩きが続きますが、10分程で折り返しの急登になりました。
210608006

 15分程で緩やかな稜線に上がり、少し進むと岩場が混じります。
210608007

 山頂周辺で見頃になった数本のヤマツツジを見かけました。
210608008

 登山口から55分で鬢櫛山の山頂ですが、眺望もなく写真を撮るとUターンします。
210608009

 鬢櫛山から25分程で稜線分岐に戻ると、標識に従って烏帽子ヶ岳に向かいます。
210608010

 少し進むと加護丸稲荷の扁額のある赤鳥居を通過します。(ここの狛犬はキツネです…)
210608011

 赤鳥居を通過すると間もなく岩ゴロ混じりの急登が始まります。
210608012

 赤鳥居から20分程急登すると奥ノ院があり、ここまで来れば山頂はもう間もなくです。
210608013

 稜線分岐から30分程で烏帽子ヶ岳の山頂に着きました。
210608014

 山頂から南西方向に進んで展望ヶ所で休憩します。
210608015

 南東方向に二ッ岳と相馬山が見えました。
210608016

 朝が早かったこともあり、行動食でエネルギー補給です。(霞んで富士山は見えません…)
210608017

 少し休んで下山を始めると40分程で登山口の赤鳥居まで下りました。
210608018

 烏帽子ヶ岳登山口から5分程歩くと、榛名富士の北登山口に到着です。
210608019

 少し荒れ気味の登山道ですが、特に危険な箇所はありません。
210608020

 少し登ると左右に折り返す九十九折れの登山道が続きます。
210608021

 40分程登ると大きなヤマツツジが咲いていました。
210608022

 北登山口から1時間程で榛名富士の山頂に着きました。
210608023

 さらに見通しが悪くなり、赤城山が写真に撮れません。(ピークは相馬山…)
210608024

 南側の三ッ峰山の先に辛うじて御荷鉾山が見えました。
210608025

 榛名富士の山頂で20分程休むと往路を戻って下山を始めます。
210608026

 山頂から35分程で北登山口、さらに5分程歩いて駐車場所に戻ると、総行程4時間50分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る前に榛名湖温泉ゆうすげ元湯(入館料520円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

1、今回の山歩きで見かけたのは全部で20数人程、登山口周辺で5名、鬢櫛山の登山道で4人、烏帽子ヶ岳の登山道で2人、榛名富士の登山道で1名、山頂で10名程でした。(山頂のハイカーは観光客?…)

2、山と高原地図に載っている榛名の山々も大分登り、残っているのは蛇ヶ岳と臥牛山だけになりましたが、一日かけて歩く程の山でもありませんので、沼の原湿原の花の見頃の頃に計画したいと思っています。

3、朝の一仕事を終えての山歩きは今回が2回目、登山口まで片道1時間程度の山なら何とか行けそうですが、コース途中からの引き返しも想定されるため赤城・榛名位が精々と思っています。

« 西上州 荒船山(21.05.30) | トップページ | 榛名 相馬山(21.07.20) »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西上州 荒船山(21.05.30) | トップページ | 榛名 相馬山(21.07.20) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック