« 榛名 二ッ岳(21.05.02) | トップページ | 西上州 荒船山(21.05.30) »

2021年5月13日 (木)

赤城 地蔵岳(21.05.10)

210510025
3ヶ月ぶりに富士山を眺めました…


① 2021年5月10日(月)天候:晴れ
② 赤城 地蔵岳:1673.9m
③ コースタイム(総行動時間:3時間10分)
 大同駐車場(09:25)==(30)==自然の家分岐(09:55)==(20)==北西尾根(10:15)==(15)==地蔵岳(10:30~10:35)==(25)==八丁峠(11:00)==(25)==赤城山スキー場(11:25)==(10)==大同駐車場(11:35)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:3.311km、累積標高差:+374m,-367m)
210510001

 5月連休明けの仕事が一段落したこともあり、気分転換を兼ねて山歩きに出掛けることにし、3年半ぶりに赤城の地蔵岳を歩いてきました。

 赤城の地蔵岳は長七郎山経由などで4回程登っていましたが、今回は山頂北側にある大沼登山口から登ってみました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる大同駐車場(マップコード:261 457 220)までは約30kmで1時間程、朝の内に地域の仕事を終えて出発すると、前橋市内を迂回するように走って現地に向かいます。

 通勤の車が一番多い時間帯を過ぎたこともあり、ほぼ予定通りの時間で地蔵岳山頂の鉄塔が見える大同駐車場に到着すると、先着ハイカーの車が3~4台停まっていました。(駐車場の公衆トイレが使えます…)
210510002

 車を停めて準備を終えると地蔵岳の大沼登山口から登り始めます。
210510003

 登山口から直登する登山道が続き、急斜面を喘ぎ喘ぎ登ります。
210510004

 20分程登って少し傾斜が緩むと、正面に山頂の人影が見えました。
210510005

 駐車場から30分程で自然の家の分岐点がありました。
210510006

 分岐点からさらに登ると左下に覚満渕が見え、アカヤシオで色付く篭山が見えました。
210510007

 駐車場から50分程で稜線に上がると、山頂の電波塔が大分近づきました。
210510008

 周囲の眺望も広がり南西方向には八ヶ岳の稜線が見えました。
210510009

 すぐ西側の榛名山に先日登った二ッ岳が見え、その先の浅間山は少し霞んでいます。
210510010

 浅間連峰の右奥に北アルプスの白い山並みが見えますが、下山後に調べると燕岳周辺が見えるようでした。
210510011

 赤城山最高峰・黒檜山の手前には赤城大沼が見えてきました。
210510012

 東側の小地蔵岳の左稜線の先に栃木の晃石山が見えました。
210510013

 周辺の景色を一通り眺めると岩ゴロの登山道を山頂に向かいます。
210510014

 駐車場から1時間程で地蔵岳の山頂に到着しました。
210510015

 山頂北側には谷川連峰~武尊山などが並びます。
210510016

 5月連休中に遭難事故のニュースが流れた谷川岳も大分雪が融けました。
210510017

 谷川岳の右側が巻機山が見えますが、こちらは大分雪が残っているようです。
210510018

 北側の上州武尊山の右奥に尾瀬の至仏山が見えました。
210510019

 山頂から眺める黒檜山と赤城大沼のベストショットです。
210510020

 小黒檜山の左奥に尾瀬の燧ヶ岳と会津駒ケ岳が見えています。
210510021

  黒檜山の右稜線と駒ケ岳の間に男体山と袈裟丸山が見えました。
210510022

 南東寄り見える晃石山の先に大分霞んだ筑波山が見えました。
210510023

 山頂に吹く北西からの風が冷たいため、一通り景色を眺めると下山を始めます。
210510024

 八丁峠側に少し下ると南側に富士山が見えました。(2月の水沢山以来です…)
210510025

 当初は東側に見える長七郎山に登る計画でしたが、北西風が冷たく余り気分が乗らないため、地蔵岳だけで下山することにしました。
210510026

 帰りは八丁峠の分岐点から左手に下り、スキー場を抜けて駐車場に戻ります。
210510027

 八丁峠からユルユル歩き25分程で赤城スキー場、さら10分程で駐車場の車に戻ると、総行程3時間10分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると少し移動して昼食タイムを取りましたが、家に帰る前に富士見温泉見晴らしの湯(入館料:520円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の地蔵岳周回コースで見かけた人たちは全部で12~3人程、大沼登山口から登った人たちは少ない感じですが、八丁峠側から登る人たちが多かったようでした。

 地蔵岳に登ったのは今回で5回目ですが紅葉の時期に歩いたことがないため、次回辺りは鈴ヶ岳と合わせて紅葉時期に登ってみたいと思いました。

« 榛名 二ッ岳(21.05.02) | トップページ | 西上州 荒船山(21.05.30) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 榛名 二ッ岳(21.05.02) | トップページ | 西上州 荒船山(21.05.30) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック