« 西上州 物語山(21.04.11) | トップページ | 赤城 地蔵岳(21.05.10) »

2021年5月10日 (月)

榛名 二ッ岳(21.05.02)

210502010
山頂周辺は芽吹き前でした…


① 2021年5月2日(日)天候:晴れ
② 榛名 二ッ岳:1343m
③ コースタイム(総行動時間:3時間30分)
 森林公園駐車場(07:20)==(20)==蒸し湯跡(07:40)==(25)==オンマ谷入口(08:05)==(25)==避難小屋(08:30)==(15)==雌岳(08:45~08:50)==(20)==雄岳分岐(09:10)==(20)==雄岳(09:30~09:40)==(20)==雄岳分岐(10:00)==(50)==森林公園駐車場(10:50)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:4.320km、累積標高差:+517m,-535m)
210502001

 今年10回目となる山歩きになりましたが、前日調べた「てんきとくらす…」の予報が芳しくなかったため、短時間で歩ける榛名の二ッ岳に出かけることにしました。

 榛名の二ッ岳は昨年10月以来で5回目の山行になりますが、5月連休の孫のお供で雌岳~雄岳を周回してくることにしました。(伊香保森林公園のHPでハイキングマップが入手できます…)

※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースの伊香保森林公園(マップコード:94 814 688)までは約20kmで40分程、榛東村の自衛隊駐屯地脇から上野原林道を走って現地に向かいます。

 周辺の樹林帯で新緑が芽吹き始めた上野原林道を走っていくと、水沢山西登山口を通過しさらに走っていくと伊香保森林公園に到着します。(管理棟横にある公衆トイレが使えます…)

 駐車場に車を停めて準備をすると案内図の立っている遊歩道を歩き始めます。
210502002

 先ずは標識に従って蒸し湯跡に向かいますが、芽吹き始めた周囲の灌木が色鮮やかでした。
210502003

 少し歩くと小さなシダ池がありますが、バードウォッチングで有名な場所とのことで、当日も2名のカメラマンを見かけました。
210502004

 シダ池からさらに10分程歩くと蒸し湯跡が見えてきます。
210502005

 蒸し湯跡を通過しさらに登っていくとオンマ谷の先に相馬山が見えてきます。(オンマ谷も探鳥スポットとして有名なようです…)
210502006

 駐車場から45分程でオンマ谷入口に到着すると、右手に進んで雌岳方面に向かいます。
210502007

 オンマ谷入口の分岐点から25分程で7合目の避難小屋に着きました。
210502008

 避難小屋の分岐点から右上に登って雌岳に向かいます。
210502009

 階段混じりの急登個所を登ると15分程で雌岳山頂に到着します。
210502010

 南側に御荷鉾山が見えますが、富士山は雲の中で見えません。
210502011

 北側の白い山並みが谷川連峰ですが、雲に覆われて同定は出来ません。(手前は小野子三山の稜線…)
210502012

 北東寄りの子持山の先が武尊山ですが雲に覆われて稜線が見えません。
210502013

 さらに右側に日光白根山と皇海山が見えました。
210502014

 一通り周囲の景色を眺めると分岐点に戻って雄岳に向かいます。
210502015

 雄岳の取付きは急斜面の岩ゴロですが、少し登ると緩やかになってきます。
210502016

 雌岳山頂から40分程で雄岳山頂に到着しました。
210502017

 西側の榛名富士の背後が浅間山ですが、昨日の寒波で山頂が白くなっています。
210502018

 少し右寄りに四阿山が見えますが、山頂は雲に覆われていました。
210502019

 さらに右側に見えるのが草津白根山で、その右奥の横手山が見えました。
210502020

 南西方向の相馬山の右奥が八ヶ岳ですが、今回は白く霞んで何も見えません。
210502021

 雄岳山頂で昼食タイムの予定でしたが、風が冷たく写真を撮ると下山を始めます。
210502022

 帰りは雄岳の取付きから鷲ノ巣風穴側の登山口に下ります。
210502023

 さらに森林公園内の遊歩道を歩いて駐車場に戻ると、総行程3時間30分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って昼食タイムを取ると、家に帰る途中でしんとう温泉ふれあい館(入湯料:300円)に寄ることとし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で10数人程、コロナの感染拡大でもう少し少ないと思いましたが、地元だけでなく県外の人たちも多かったのかも知れません。

 伊香保森林公園からのスタートは今回が2回目ですが、二ッ岳や相馬山へのハイキングだけでなく、野鳥観察でも知られているコースようで、毎週のように通っている人もいるようでした。

« 西上州 物語山(21.04.11) | トップページ | 赤城 地蔵岳(21.05.10) »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西上州 物語山(21.04.11) | トップページ | 赤城 地蔵岳(21.05.10) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック