« 赤城 黒檜山(21.03.11 その2) | トップページ | 西上州 物語山(21.04.11) »

2021年4月 7日 (水)

西上州 神成山(21.04.03)

210403021
9連峰のミツバツツジが見頃でした…


① 2021年4月3日(土)天候:曇り
② 神成山:320.9m
③ コースタイム(総行動時間:2時間45分)
 宮崎公園(08:45)===見晴台(09:05)===龍王山(09:30)===旧宇芸神社跡(09:55)===吾妻山(10:20)===新堀神社(10:35)===宇芸神社(11:10)===宮崎公園(11:30)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.287km、累積標高差:±356m)
210403001

 年度末の仕事などで前回から3週間ぶりの山行になりましたが、当初予定していた荒船山が雲に覆われていたため、ミツバツツジが咲き始めた神成山を歩くことにしました。

 神成山は今年1月に歩いたばかりですが、曇り空でも周囲の眺望が左右されるコースでもないため、春休みで遊びに来ている相棒(孫)と一緒に歩くことにしました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点となる宮崎公園(マップコード:247 581 386)までは約25kmで50分程、現地スタート時間に合わせて自宅を出発すると富岡方面に向かいます。

 春休み期間中の土曜日でしたが、途中の道路を走る車も少なく、ほぼ予定の時間で宮崎公園に到着すると、駐車場には先着の車が10台近く停まっており、公園周辺の桜が丁度見頃の感じでした。
210403002

 車を停めて準備をすると駐車場から歩き始め、富岡西中裏からハイキングコースに入ります。
210403003

 西中北側の土塁跡や堀切跡を通過すると、帽子を被ったお地蔵様が見えてきます。
210403004

 周囲の樹林帯は芽吹きが始まっており、若葉の淡いグリーンが爽やかでした。
210403005

 宮崎公園から20分程で見晴台ですが、稲含山はガスに包まれ見えません。
210403006

 見晴台を通過して先に進むとアオダモの白い花が沢山咲いていました。
210403007

 さらに進むと赤いヤマツツジが咲き始めています。
210403008

 宮崎公園から30分程で第1峰(見晴台)に到着すると、丁度、上信電鉄の高崎行きの電車が通過中でした。
210403009

 神成城址を通過して龍王山に向かいますが、例年よりツツジの花数が少なく見えました。
210403010

 宮崎公園から45分で第2ピークの龍王山に到着しました。(山歩き8年目の相棒も4月から高校生です…)
210403011

 龍王山周辺のミツバツツジは丁度見頃で、行き会った人が予想以上と話していました。
210403012

 龍王山から下って第3峰に登り返すと、ツツジの先に第4峰が見えてきます。
210403013

 第2ピーク・竜王山から25分程で第4ピーク・宇芸神社跡に到着しました。(標識に「宇芸神社跡でなく宮崎城址」の表示有り…)
210403014

 第4峰を通過するとツツジ咲く稜線を進んで第5峰に向かいます。
210403016

 登山道周辺のミツバツツジは今が見頃と思いました。
210403017

 第4峰から10分程で第5峰に着きました。(打越の御嶽山…?)
210403018

 第5峰を通過するとアップダウンしながら第6峰に進みます。
210403019

 第5峰から5~6分で折損した板碑の立っている第6峰を通過します。
210403020

 第7峰・第8峰をパスすると第9峰・吾妻山ですが、南側斜面のミツバツツジが一番の見頃でした。
210403021

 山頂手前の翁草に花がありませんが、山頂の石宮周辺のツツジが綺麗でした。
210403022

 吾妻山の山頂は南西方向が開けますが、今回は靄がかかって眺望が今一つでした。
210403023

 新堀神社近くの翁草群生地は花が開いていませんが、姫街道沿いの民家で綺麗な花が咲いていました。
210403024

 さらに進むと道路沿いの畑でホトケノザが沢山咲いていました。
210403025

 こちらは民家の庭先で見かけた綺麗なスイセンです。
210403026

 さらに進むと7福神の石像がありますが、今年は石像手前に菜の花畑がなく、満開の桜がバックの7福神でした。
210403027

 新堀神社から姫街道を1時間程歩いて宮崎公園に戻ると、総行程2時間45分程で今回の山歩きを終了しました。

 宮崎公園に戻ってから昼食タイムを取ると、家に帰る途中で磯部温泉 恵みの湯(入湯料:520円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で10数人余り…、天気が悪く標高の高い山にガスが湧いたため、途中で目的地を変更した人たちもいたようでした。

 神成山を歩くのは今回で5回目ですが、今年1月の山行を除けばすべてがツツジの季節に歩いており、次回辺りは晩秋の紅葉の頃に歩いてみたいと思っています。

« 赤城 黒檜山(21.03.11 その2) | トップページ | 西上州 物語山(21.04.11) »

花・植物」カテゴリの記事

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

 私が神成山を歩いたのが、3月29日でした。崇台山は桜に包まれきれいでした。ミツバツツジが咲き出した頃で、まだ蕾も多かったです。
 ひまじんさんのレポでは、ヤマツツジも豪華ですね。お孫さんも高校生ですか。進級・進学おめでとうございます。

 さて、昨日の10日に鹿岳のアカヤシオが気になり、歩いて来ました。四ッ又山山頂付近のアカヤシオは、霜にやられて少し花が痛んでました。いつぞやお目にかかった鹿岳手前のアカヤシオの回廊は豪華とまではいかないものの、花つきはよく楽しませてもらいました。ここの花は痛んでいなかったと思います。
 その日の別の方の情報では、三ツ岩岳のアカヤシオは霜にやられて傷みがひどかったとのことでした。こちらに今年も来られるようでしょうから、情報をと思いまして書きました。

suro-nin さん>こんにちは…
 一緒に行ったのは一番上の孫で、気掛かりだった高校受験は希望校に
入れたようなので良かったと思っています。
 3日の神成山のミツバツツジですが、昨年秋から雨が少なかった関係なのか?
例年よりツツジの花数が少ないようで特に龍王山手前が少ないと思いました。
 それからアカヤシオの関係ですが、南牧村のHPで7日に三ツ岩岳と檜沢岳が
見頃…と掲載されていました。
 ただ、8~9日の気温が低く、家庭菜園のジャガイモが霜で一部茶色くなっており、
アカヤシオの方は大丈夫かと思っていました。
 それで11日なら山歩きに行けると言うことで、本日11日に下仁田の物語山に
偵察に行ってくることにしました。
 結果から言うと悲惨な状況で、西峰の群生箇所は花びらが茶色くなっており、
カメラを向ける気にもなりませんでした。
 周辺を探すと綺麗な花が少し残っているのと、小さいツボミが生きている
感じなので、後3~4日経つと少しは見られるかも…と思いました。
 西上州のアカヤシオは10年に1回位は雪が降ったり霜害に見舞われるので、
今年もその年に当たったのかも知れません…。
 こればかりは自然の営みですし仕方ないんでしょうね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城 黒檜山(21.03.11 その2) | トップページ | 西上州 物語山(21.04.11) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック