« 赤城 黒檜山(21.03.11 その1) | トップページ | 西上州 神成山(21.04.03) »

2021年3月13日 (土)

赤城 黒檜山(21.03.11 その2)

その1)から続く…

 谷川連峰の中央右寄りに谷川岳が聳えています。(右稜線のピークは武能岳…)
210311023

 谷川連峰に少し右側に巻機山が見えました。
210311024

※画像をクリックすると大きくなります…

 さらに北寄りに上州武尊山のピークが並びます。(右奥は尾瀬の笠ヶ岳…)
210311025

 山頂北側に見える至仏山の右側に燧ヶ岳が見えました。
210311026

 北東方向に日光方面の山々が並びます。
210311027

 一番左側に見える日光白根山の雪が大分融けました。
2103110270

 北東方向の真ん中が皇海山で、右側に鋸山が見えています。
2103110271

 さらに右側は日光連山で小・大真名子山~女峰山~男体山が並びます。(右手前は袈裟丸山です…)
2103110272

 東南東方向に筑波山が霞んでおり、右手前に晃石山が見えました。
210311028

 山頂で少し休んで昼食タイムを取ると、黒檜山大神経由で駒ケ岳に向かいます。
210311029

 下る途中で南東側が広がりますが、白く霞んで遠望が利きません。
210311030

 黒檜山の南斜面は暖かく、登山道に雪はありません。
210311031

 樹林帯を少し下ると展望が広がり、駒ケ岳と地蔵岳が見えてきます。
210311032

 さらに下って小ピークに登り返すと、下ってきた黒檜山を振り返りました。
210311033

 さらに進んで大タルミを通過します。
210311034

 大タルミを通過すると登り返して駒ケ岳に向かいます。
210311035

 黒檜山から50分程で駒ケ岳に着きました。
210311036

 南側の眺望はさらに厳しくなっており、前橋市街地が白く霞んでいました。
210311037

 駒ケ岳から先に進んで振り返ると男体山と袈裟丸山が見納めでした。
210311038

 さらに進んで登山道の下降点に向かいます。
210311039

 駒ケ岳から15分程で稜線分岐・下降点が見えました。
210311040

 少し下ると鉄階段を通過しますが、階段の先で軽アイゼンを外しました。
210311041

 折り返しの登山道をさらに下って登山口に向かいます。
210311042

 駒ケ岳から50分程で登山口に下りました。
210311043

 さらに5分程歩いておのこ駐車場の車に戻ると、総行程4時間15分程で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で湯の駅利休(入湯料:650円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。(富士見温泉は木曜日で休館でした…)

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で6人程、駐車場で見かけた4人の他に山頂周辺で2人と行き会いましたが、下山時の駐車場には10数台の車が停まっていました。

 2年ぶりに歩いた赤城の黒檜山は好天にも恵まれ、南側を除いて見事な見事な眺望を楽しむことが出来ましたが、出来れば稜線手前の樹林帯で霧氷が見られれば、最高の山歩きになったと思いました。

 赤城の黒檜山を歩くのは今回で13回目になりますが、その内の8回は冬山シーズンの12月~2月に歩いており、その他のシーズンも歩く機会を増やせれば…と思っています。

« 赤城 黒檜山(21.03.11 その1) | トップページ | 西上州 神成山(21.04.03) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤城 黒檜山(21.03.11 その1) | トップページ | 西上州 神成山(21.04.03) »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック