« 両神堂上の節分草(21.02.19) | トップページ | 赤城 黒檜山(21.03.11 その2) »

2021年3月13日 (土)

赤城 黒檜山(21.03.11 その1)

210311021
好天の山頂は見事な眺望でした…


① 2021年3月11日(木)天候:晴れ
② 黒檜山:1827.6m
③ コースタイム(総行動時間:4時間15分)
おのこ駐車場(08:15)===黒檜山登山口(08:30)===猫岩(09:00)===富士山展望所(09:30)===黒檜山(10:10~10:45)===黒檜山大神(10:50)===大タルミ(11:20)===駒ケ岳(11:35)===稜線分岐(11:50)===駒ケ岳登山口(12:25)===おのこ駐車場(12:30)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:6.061km、累積標高差:±690m)
210311001

 年度替りの仕事などもあって前回から3週間ぶりの山歩きになりましたが、前回は天気が悪く先送りした赤城の黒檜山に行ってくることにしました。

 赤城の黒檜山に登るのは2年ぶりとなりますが、残雪期になっての黒檜山は今回が初めてで、登山道に雪の残る山行はシーズン初めてでした。

※画像をクリックすると大きくなります…

 発着点の赤城大同のおのこ駐車場(マップコード:261 457 352)までは約35kmで1時間程、現地スタート時間から逆算して自宅を出発すると、前橋市街地を迂回するように走って赤城山に向かいます。

 事前の情報通りに県道4号線(赤城県道)に雪はなく、ほぼ予定した時間でおのこ駐車場に到着しましたが、途中にある姫百合駐車場や大同駐車場にも先着ハイカーの車が停まっていました。
210311002

 車を停めて準備を終えると黒檜山登山口に向かいますが、赤城大沼の氷上でワカサギ釣りをしていました。
210311003

 駐車場から15分程歩くと登山口に到着します。
210311004

 ヤマレコの情報通り登山口周辺に雪はありません。
210311005

 それでも15分程登ると登山道が凍結しており、持ってきた軽アイゼンを履いて登ります。
210311006

 猫岩の稜線に上がると展望が広がり、南側に赤城神社と地蔵岳が見えてきます。
210311007

 南西側には鍬柄山と鈴ヶ岳が見えました。
210311008

 さら猫岩のガレた稜線を進みますが雪が消えて歩き難くなりました。
210311009

 猫岩を通過すると樹林帯に入り、ガレた急登箇所を登ります。
210311010

 凍結箇所が混じる登山道をしばらく登ると稜線が見えてきました。
210311011

 ガレた急登個所を20分程登って富士山展望所に上がりましたが、南側は白く霞んで遠望が利かず雲取山が微かに見えただけでした。
210311012

 富士山展望所を過ぎると二つ目の急登個所が続きます。
210311013

 20分程急登して傾斜が緩くなると分岐点はもう間もなくです。
210311014

 登山口から1時間40分程で分岐点に上がると、左に進んで黒檜山の山頂に向かいます。
210311015

 駐車場から2時間弱で黒檜山の山頂に到着しました。
210311016

 山頂を通過すると展望ヶ所に向かいますが、少し手前で見事な展望が広がりました。
210311017

 少し霞んだ浅間山が見えますが、北斜面の雪も大分融けました。(手前には伊香保温泉の街並み…)
210311018

 西側に見えるのが四阿山となります。(左奥に北アルプスが微かに…)
210311019

 さらに北西寄りに草津白根山が聳えます。(手前は小野子山と子持山です…)
210311020

 展望ヶ所に到着すると北西方向に上越国境の山々が並びます。
210311021

 谷川連峰の左奥に苗場山が見えました。
210311022

その2)に続く…

                                         …ページの先頭に戻る

« 両神堂上の節分草(21.02.19) | トップページ | 赤城 黒檜山(21.03.11 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 両神堂上の節分草(21.02.19) | トップページ | 赤城 黒檜山(21.03.11 その2) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック