« 西上州 吉井三山(21.01.31 その2) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(21.02.19) »

2021年2月14日 (日)

榛名 水沢山(21.02.12)

210212018
1年ぶりの山頂で眺望を楽しみました…

① 2021年2月12日(金)天候:晴れ
② 水沢山:1193.8m
③ コースタイム(総行動時間:4時間30分)
水沢観音駐車場(08:05)===登山口(08:20)===お休み石(09:05)===12石仏の尾根(10:00)===水沢山(10:20~11:05)===12石仏の尾根(11:25)===お休み石(12:00)===登山口(12:25)===駐車場(12:35)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:4.612km、累積標高差:±668m)
210212001

 前回から12日ぶりの山歩きとなりましたが近所の友達を案内して榛名の水沢山に行ってきました。

 コロナの感染拡大で2ヶ月程山歩きを見送っていた2人ですが、グリーシーズンに向けて体力づくりを再開することになり、若い頃に登った経験のある友達の希望で水沢山を歩いてきました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる水沢観音駐車場(マップコード:94 818 325)までは約15kmで40分程…、スタート時間に合わせて集合場所から出発すると県道25号線~153号線などを走って現地に向かいます。

 ほぼ予定通りの時間で水沢観音に到着すると、駐車場には先着ハイカーの車が10台程停まっていましたが、自分たちも直ぐに準備をして歩き始めます。(2ヶ月ぶりの山行で友達2人は気合が入ります…)
2102120021

 駐車場西側の林道をスタートすると15分程で登山口を通過しました。
210212003

 登山道の斜度は緩くはありませんが、階段があって歩きやすいコースです。
210212004

 登山口から20分程登って緩やかな稜線に着きました。(ベンチで一休み…)
210212005

 ベンチのある稜線からさらに25分程登るとお休み石に着きました。(休んでいると餌付けされた野鳥が飛んできます…)
210212006

 お休み石からは岩場混じりの登山道が続きますが、補助ロープもあって歩きやすくなっています。(若い頃に登ったことのある友達が昔は大変だったと話していました…)
210212007

 登山口から1時間40分程で12石仏の尾根に到着でした。
210212008

 空模様は今一つで薄い雲が残っていましたが、空気が澄んで景色が楽しめそうでした。
210212009

 石仏の尾根から少し進むと展望ヶ所があり、南側の稜線上に富士山が見えました。
210212010

 南東方向は少し靄がかかっており、スカイツリーは見えないようです。
210212011

 さらに馬の背の尾根を進んで山頂に向かいます。
210212012

 駐車場から歩き始めて2時間15分で水沢山の山頂に到着しました。(友達2人は大展望に感激です…)
210212014

 山頂西側に相馬山~榛名富士~二ッ岳~烏帽子ヶ岳が見えました。
210212015

 北西方向に真っ白な草津白根山が見え、その右奥に横手山が見えています。
210212016

 さらに北寄りに白砂山と苗場山が見えました。
210212017

 北側に見える真っ白なスカイラインが谷川連峰の山並みで、平標山~仙ノ倉岳~万太郎山~谷川岳~笠ヶ岳~朝日岳などが並んでいます。(手前は十二ヶ岳~中岳~小野子山です…)
210212018

 北東寄りに見えるのが上州武尊山で、両脇に至仏山と燧ヶ岳が見えます。(手前の子持山の右稜線に獅子岩…)
210212019

 北東方向に日光白根山と皇海山が見えますが、居合わせたハイカーさんに皇海山をクローズアップすると、山頂の左右に女峰山と男体山が見えると教わりました。
210212020

 山頂東側に赤城の山々が並びますが、稜線の雪は大分融けたように見えました。
210212021

 茨城方面は白く霞んで筑波山が見えませんが、南々東方向に秩父の武甲山と大持山が見え、その左側に外秩父の堂平山が見えました。
210212022

 南側の御荷鉾山の先に雲取山が見え、少し右側に富士山が見えています。
210212023

 1月に登った稲含山の先に甲武信ヶ岳が見え、少し右側に金峰山が見えていました。
210212024

 南西方向の御座山の右奥に南アルプスの山々が見えました。(画像をアップにすると北岳~甲斐駒~仙丈が見えています…)
210212025

 さらに右側が八ヶ岳連峰の山々で赤岳~蓼科山が見えていました。
210212026

 山頂で景色を眺めて30分程の昼食タイムを取ると、石仏の尾根を経由する登山道を戻って下山します。
210212027

 平日でしたが流石は人気の水沢山で帰りも幾人もの登山者と行き会いました。
210212028

 山頂から55分でお休み石、さらに35分程歩いて駐車場に戻ると、総行程4時間30分程で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻ってそれぞれ身支度を整えると、帰る途中でしんとう温泉ふれあい館(入湯料:300円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで行き会った人たちは全部で40人程、駐車場に停まった車の多くは地元ナンバーのようですし、トレーニングとして登っている人たちが多いようでした。

 2月第2週になってコロナの感染者数も大分落ち着いてきたようですし、そろそろ遠出したり人気の雪山にも出かけたい気分になりますが、変異ウィルスの感染地域が広がっているのが少し気掛かりです。

« 西上州 吉井三山(21.01.31 その2) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(21.02.19) »

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西上州 吉井三山(21.01.31 その2) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(21.02.19) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック