« 西上州 吉井三山(21.01.31 その1) | トップページ | 榛名 水沢山(21.02.12) »

2021年2月 3日 (水)

西上州 吉井三山(21.01.31 その2)

その1)から続く…

 稜線右側の樹林帯が切れると岩峰群が並んだ東尾根が見えました。
210131023

 さらに進んで西肩手前の厳しい急斜面を登ります。
210131024

※画像をクリックすると大きくなります…

 西ルート登山口から50分程で八束山(城山)に到着すると、山頂標識近くで先着の人たちが休憩していました。(城山と称されるように山頂周囲に曲輪跡が残っています…)
210131025

 山頂は北東側の樹林帯が切れて展望が広がっており、赤城山の右奥に皇海山~男体山が見えました。(赤城山の手前が前橋の市街地…)
210131026

 山頂を通過すると東側に延びる踏み跡を少し進み、南東尾根・下降点にあるマーカーに従って下ります。
210131027

 下る途中で踏み跡が消えてしまう場所もありますが、尾根を外さず下っていくとマーカーが見つかります。
210131028

 八束山の山頂から25分程で林道に下りました。
210131029

 林道を下って人気のない集落を通過すると林道八束一郷線に出てきます。
210131030

 林道脇の案内標識に従って牛伏山に向かい、途中のゲートは横を抜けて先に進みます。
210131031

 ゲートから10分程歩くと前回見落とした登山道がありました。
210131032

 登山道は林道をショートカットしており、山頂が大分近づいた気分になりました。
210131033

 20分程登ると左側から前回の登山道が合わさり、前方に牛伏山の山頂稜線が見えてきました。
210131034

 駐車場から歩き始めて4時間50分で牛伏山の山頂に到着しました…。
210131035

 山頂から先に進んで展望台に向かいますが、6回目の年男でもあり臥牛にお詣りします。
210131036

 山頂から15分程で展望台に到着すると、汗冷えする衣類を着替え昼食を摂りました。
210131037

 昼食タイムを終えて展望台に登ると、北側に榛名山~小野子山~子持山が見え、その先の谷川方面は雲の中でした。
210131038

 赤城山の最高峰・黒檜山に少し雲がかかりますが、右奥の皇海山~男体山は良く見えました。
210131039

 東側に大分霞んだ筑波山が確認できました。
210131040

 南側のゴルフ場の先に雨降山の山頂が見えています。
210131041

 南西方向に赤久縄山の山頂が見え、少し右側に稲含山が見えました。
210131042

 牛伏山の山頂左奥に荒船山の経塚山が見えました。
2101310421

 浅間山に流れていた雲は依然として残っており、少し右側に鼻曲山と浅間隠山などが見えました。
210131043

 一通り景色を眺めると下山を始めることにし、帰り道でロウバイ園に寄ることにしました。210131045

 展望台から30分程でロウバイ園ですが、花の見頃は少し過ぎた感じです。
210131046

 少し探して綺麗な花をアップしました。
210131047

 ロウバイ園で写真を撮ると赤谷公園を抜けて駐車場に戻り、総行程6時間35分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る前に牛伏ドリームセンター(入湯料:620円、市民割引及びシニア割引有り)に寄ることにし、汗を流し身体を温めてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけた人たちは全部で3~40名程…、その内の6名は朝日岳~八束山で見かけたハイカーでしたが、残るハイカーは牛伏山の山頂周辺で見かけたもので、展望台には車で登った観光客が多かったようでした。

 車で簡単に登れる牛伏山には中々足が向きませんが、吉井三山(=吉井アルプス)を通しで歩くと距離も標高差もあり、グリーンシーズン前のトレーニングコースとして、山慣れした人たちにお薦めできるコースと思います。

 2月7日から栃木県の緊急事態宣言が解除されるようであり、例年、冬場に歩いていた足利・佐野方面の山々についても、コロナに注意しつつも山行先の一つとして考えたいと思います。

« 西上州 吉井三山(21.01.31 その1) | トップページ | 榛名 水沢山(21.02.12) »

登山」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは
 レポに触発されて、予報で風が弱いとのことなので、12日に吉井三山を歩いて来ました。ひまじんさんと同じコースどりで牛伏山に着きましたが、行き合った人はいませんでした。何ヶ所かに車やバイクが見られたので、歩いている人はいたと思います。
 牛伏山からは、山頂の西尾根に分岐があるので、そこを使って赤谷公園まで下りてみました。かなりの急斜面で、さらにザレているので、注意深く歩かざるを得ませんでしたが、偽木の階段よりは膝にやさしいし、道路歩きよりは山にいる感じがしてよさそうかなと思いました。花の時季に歩くと、また感想が違ってくるものと思います。
 お城の3階からの展望は、本当に見事ですね。南側に標高600㍍前後の尾根が見られましたが、グリーンパークカントリークラブから小梨峠~亀穴峠間の山のレポートご存知ありませんか?何となく、吉井三山を少し上から眺めてみたくなりましたもので、お便りしました。

 こんにちは、

 投稿後、小梨峠~亀穴峠の稜線について自分で調べて見たら、いろいろなレポがありました。すみませんでした。今後気をつけます。

suro-nin さん>こんばんは…
吉井三山は地元の人を除いて一般的には余り知られていないコースですが、
三山を縦走すると歩行距離・累積標高とも里山とは思えない立派なコースで、
もっと知られて良いコースと思っています。
自分は吉井アルプスの名称を付けて良いと思っていますし、観光関係者が
この名称で売り出せば地域振興にも繋がるのではないか?…と思います。
1月31日もほとんどのハイカーは牛伏山周辺で行き会った人たちで、
北西尾根から登って北側に下る人たちが多かったようでしたよ。

それと未訪・未踏のコースを調べる時はヤマレコも利用しています。
自分は2008年の頃から利用していて、現在の山岳保険はヤマレコ関連の
保険を使っています。
確か無料会員でもレポを調べられると思うので利用されたらと思います。
https://www.yamareco.com/
他にはヤマケイオンラインでもレポが調べられますよ
http://www.yamakei-online.com/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西上州 吉井三山(21.01.31 その1) | トップページ | 榛名 水沢山(21.02.12) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック