« 西上州 神成山(21.01.07 その2) | トップページ | 西上州 桜山(21.01.13 その2) »

2021年1月14日 (木)

西上州 桜山(21.01.13 その1)

210113038
新年のロウバイ見物に出掛けました…


① 2021年1月13日(水)天候:晴れ
② 桜山:591m
③ コースタイム(総行動時間:5時間20分)
 八塩温泉登山口(07:35)===弁天山展望台(08:10)===山の神分岐(09:00)===雲尾(09:25)===第1駐車場(09:45)===桜山(10:05)===ロウバイ園(10:20~11:00)===第1駐車場(11:15)===雲尾(11:35)===県道出合(12:20)===国道出合(12:30)===八塩温泉登山口(13:10)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:15.935km、累積標高差:+826m、-832m)
210113001

 ここ数年は1年の初めに宝登山のロウバイ見物に出かけていましたが、沢山の見物客で賑わう宝登山はコロナの感染拡大で行き難いため、今年は桜山のロウバイ園に出掛けることにしました。

 旧鬼石町の桜山は冬ザクラで有名ですが、桜山の南側斜面に150本程のロウバイ園があるようなので、今年のロウバイ見物は桜山に行ってくることにしました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 八塩温泉の登山口(マップコード:20 006 595)までは約35kmで40分程…、現地スタート時間に合わせて自宅を出発すると、前橋ICから関越道~上信越道と走って現地に向かいます。

 上信越道の藤岡ICで一般道に下りると市内中心部を抜けて秩父方面に向かい、10km程走って桜山温泉を通過すると間もなく駐車場の看板が見えてきます。
210113002

 準備を終えると歩き始めますが7~8分歩くと御倉御子神社を通過します。
210113003

 さらに進んでいくと炭焼小屋がありますが、現在も木酢液を採取しているようで、炭釜から長い煙突が延びていました。
210113004

 炭焼小屋辺りから急斜面の登山道になりますが、樹林帯を抜けると傾斜が緩やかになります。
210113005

 駐車場から30分程でいっぷく平ですが、ここまで登れば展望台は間もなくです。
210113006

 さらに5分程で弁天山展望台に着きました。
210113007

 北々東方向に赤城山が見えますが、日光白根山や男体山は雲の中でした。
210113008

 北東方向が安蘇山塊の山々で、一番右側に晃石山が見えました。
210113009

 東側すぐ先に見えるのが御嶽山で、その先に筑波山が見えています。
210113010

 展望台から少し進むと弁財天が祀られた石宮の横を通過します。
210113011

 やがて左前方に大きなピークが見えますが、桜山はこの稜線を越えて向かいます。
210113012

 弁天山を通過すると見通しのない樹林帯の登山道が暫らく続きます。
210113013

 駐車場から1時間15分程で鬼の踊場を通過しました。(白いのは前日降った雪です…)
210113014

 さらに10分程歩くと山の神分岐に着きました。
210113015

 分岐点から少し進むと山の神の石宮ですが、正月で新しい紙垂が付いていました。
210113016

 さらに進んで林道に合さると標識に従って桜山に向かいます。
210113017

 林道を7~8分進むと分岐点があり、標識に従って桜山方面に進みます。
210113018

 駐車場から1時間50分程で雲尾の集落に出ました。(合流点の左下にあった標識を見て、帰りはそちらを歩くことにしました…)
210113019

 雲尾の集落から20分程歩くと第1駐車場に到着しました。
210113020

その2)に続く…

                                         …ページの先頭に戻る

 

 

« 西上州 神成山(21.01.07 その2) | トップページ | 西上州 桜山(21.01.13 その2) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西上州 神成山(21.01.07 その2) | トップページ | 西上州 桜山(21.01.13 その2) »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック