« 西上州 御荷鉾山(20.10.31) | トップページ | 登谷山・皇鈴山(20.11.15 その1) »

2020年11月 9日 (月)

西上州 御場山(20.11.08)

201108019
紅葉は中腹辺りが見頃でした…

① 2020年11月8日(日)天候:晴れ
② 御場山:1059m
③ コースタイム(総行動時間:4時間20分)
萱倉橋駐車場所(08:10)===作業道入口(09:10)===御場山登山口(09:30)===御場山(10:05~10:10)===展望ヶ所(10:20~10:55)===御場山(11:05)===御場山登山口(11:25)===作業道入口(11:40)===駐車場所(12:30)
※景色や花々の写真を撮りながら歩いており参考タイムとしてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:8.511km、累積標高差:±557m)
201108001

 11月初めての山歩きは前回から8日ぶりとなりますが、紅葉を期待して西上州の御場山に行ってきました。

 群馬の山歩き130選では御場山の高立からのコースを紹介していますが、今回はネットのレポなどを参考に御場山林道から登ることにしました。

※画像をクリックすると大きくなります…

 御場山林道入口の萱倉橋(マップコード:292 377 504)までは約50kmで1時間20分程、現地スタート時間から逆算して自宅を出発すると旧妙義町経由で現地に向かいます。

 下仁田町本宿の国道254号線から県道43号線を走って軽井沢方面に向かい、途中左折して日暮山登山口とある小平集落に入りますが、1車線程の町道をさらに走っていくと御場山が見えてきました。(萱倉橋の少し手前に駐車場所…)
201108002

 萱倉橋の手前に全面通行止めの看板がありますが、御場山入口の道標に従って萱倉橋を渡ります。
201108003

 橋を渡ると立派な林道御場山線を歩き始めます。(300m程先で地すべり防止工事を実施中でした…)
201108004

 少し歩くと右側の1045ピークの紅葉が素晴らしい物でした。
2011080041

 少し進んで地すべり防止工事の実施箇所を通過し、さらに登るとススキの原(カヤ場)が見えました。
201108005

 萱倉橋から30分程でカヤ場を通過すると御場山の紅葉は今が見頃のようでした。
201108006

 さらに10分程進むと少し開けた場所がありました。(この辺りまでは車で来れそうですが…)
201108007

 途中2ヵ所の林道分岐がありましたが、踏み跡に従って右方向に進んでいくと、萱倉橋から1時間程で作業道入口がありました。
201108008

 案内標識に従って荒れ気味の作業道を進んで行くと、入口から20分程で御場山登山口に着きました。
201108009

 登山口から少し登って稜線に上がると、踏み跡をたどって山頂に向かいます。
201108010

 少し進むと胸突き八丁の急登が始まりました。
201108011

 ケモノ道のような薄い踏み跡とマーカーをたどって山頂に向かいます。
201108012

 登山口から約35分、萱倉橋から2時間弱で、御場山に到着しました。
201108013

 山頂からは北東方向に妙義山の岩峰群が見えました。
201108014

 東側の少し先に御堂山と大桁山が見え、大桁山の左奥に牛臥山が見えました。
201108015

 南東方向のすぐ先は無名峰の稜線ですが、その先に物語山と鹿岳が見えました。
201108016

 山頂からの景色を一通り眺めると北側の展望ヶ所に向かいます。
201108017

 山頂から10分程で展望ヶ所に出ると、東側を中心に眺望が広がります。
201108018

 北東方向が妙義方面で谷急山~白雲山~金洞山~金鶏山が見えました。
201108019

 南南東に見えるの多野方面の山々で、御荷鉾山~稲含山~赤久縄山が並びます。
201108020

 さらに南寄りが鹿岳と物語山ですが、山頂より鹿岳が良く見えます。
201108021

 画像中央に2つのピークが見えますが、左側が南牧村の毛無岩と思います。
201108022

 南側の山頂左奥に荒船山の経塚山が見えました。
201108023

 展望ヶ所で30分程の昼食タイムを取ると、妙義山に別れを告げて下山を始めます。
201108024

 帰りも要所に付いたピンクテープをたどって往路を下ります。
201108025

 御場山の紅葉は中腹辺りが一番の見頃でした。
201108026

 山頂から20分程下って登山口に戻ると、作業道~御場山林道を歩いて往路を下りますが、途中のカヤ場で眺めた紅葉が綺麗でした。
201108027

 山頂から1時間20分程で萱倉橋でしたが、ここから高立の1本岩が良く見えました。
201108028

 萱倉橋から少し歩いて道路脇の駐車場所に戻ると、総行程4時間20分程で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前に八千代温泉 芹の湯(入湯料500円)に寄ることにし、鄙びた温泉で汗を流しサッパリしてから帰宅しました。

                                         …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 紅葉が今が見頃の日曜日でしたが、今回の山歩きで行き会ったハイカーは家族連れの4人だけ、マイナーな山だけに登山者が少ないようでした。

 「群馬の山歩き130選」の西上州に残る山は旧中里村の諏訪山のみ、130選すべての山を登るのは難しいにしても出来るだけ多くの山に登りたいと思っており、少しづつでも数を増やして行きたいと思っています。

 新型コロナが流行してから埼玉方面の山に遠ざかっていましたが、紅葉が見頃の山も大分高度が下がってきたこともあり、次回辺りは埼玉方面を考えたいと思っています。

« 西上州 御荷鉾山(20.10.31) | トップページ | 登谷山・皇鈴山(20.11.15 その1) »

登山」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西上州 御荷鉾山(20.10.31) | トップページ | 登谷山・皇鈴山(20.11.15 その1) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック