« 上高地(17.10.10 その2) | トップページ | 谷川岳沢めぐりコース(17.10.18 その2) »

2017年10月19日 (木)

谷川岳沢めぐりコース(17.10.18 その1)

171018027
谷川岳の四つの沢で紅葉を眺めました…

① 2017年10月18日(水)天候:晴れ時々曇り
② 芝倉沢出合:995m
③ コースタイム(行動時間5時間5分)
 土合橋駐車場(07:30)===RW山麓駅(07:45)===マチガ沢出合(08:15)===一ノ倉沢出合(08:40~08:45)===幽ノ沢出合(09:10)===新道分岐(09:25)===芝倉沢出合(10:00~10:40)===新道分岐(11:00)===JR巡視小屋(11:15)===幽ノ沢(11:35)=== 一ノ倉沢(11:45)===マチガ沢(12:05)===土合橋駐車場(12:35)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:13.434km、累積標高差:±436m)
1710180011

 秋の長雨が続きますが貴重な晴れ間に合わせて紅葉見物に出かけることにし、20数年ぶりに谷川岳の一ノ倉沢に行ってみることにしました。

 せっかくの紅葉見物でもあり一ノ倉沢だけではもったいないので、今回は谷川岳沢めぐりコースを歩いて芝倉沢まで行ってくることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる土合橋駐車場(マップコード:554 596 850)までは約70kmで1時間ほど、午前6時過ぎに自宅を出発すると前橋ICから関越道を走って現地に向かいます。

 水上ICで高速を降りると国道291号線を走って谷川方面に向かいますが、JRの土合駅を通過して少し走ると土合橋があり、橋の手前の三叉路を右折すると土合橋駐車場に到着します。(駐車場にトイレはありません…)

 50台分ほどの大きな駐車場には10台ほどの車が停まっており、すぐに車を停めて準備をするとRW山麓駅に向かって歩き始めます。
171018002

 駐車場から少し歩くと谷川岳の遭難慰霊碑を通過します。(ご冥福をお祈りします…)
171018003

 さらに国道沿いをさらに歩いて行くと15分ほどでベースプラザを通過します。
171018004

 RW山麓駅の横を抜けて少し進むと谷川岳登山指導センターを通過します。(ここにも登山ポストが置かれ公衆トイレが設置されています…)
171018005

 車両通行止めのゲートを抜けて5分ほど進むと西黒尾根の登山口を通過します。
171018006

 登山口の写真を撮っている人たちを見かけましたが、今回は沢めぐりコースのため先に進んでマチガ沢に向かいます。
171018007

 少し進んで樹林帯が切れると右上に松ノ木沢ノ頭が見えました。(白毛門の山頂はガスに包まれています…)
171018008

 マチガ沢に向かう途中でマユミの実を見かけました。
171018009

 休憩ポイントに置かれた案内看板で清水峠道・国道291号線の説明書きでした。
171018010

 RW山麓駅から30分ほどでマチガ沢が見えてきました。(稜線はガスの中でした…)
171018011

 マチガ沢の中腹辺りが紅葉の見頃になっていますが、山麓は色付き始めたところで見頃は来週辺りになりそうでした。
171018012

 マチガ沢の紅葉を一通り眺めると橋を渡って一ノ倉沢に進みます。
171018013

 少し進むと新道の分岐点がありますが、真っ直ぐ進んで一ノ倉沢に向かいます。
171018014

 道路脇でムラサキシキブの実を見かけました。
171018015

 さらに道なりに進んで一ノ倉沢に向かいます。
171018016

 マチガ沢から20分ほどで大迫力の一ノ倉沢が見えてきました。(数人のカメラマンが写真を撮っていました…)
171018017

 間もなく11月を向かえますが本谷の下部に大きなスノーブリッジが見えました。
171018018

 一ノ倉沢の紅葉も中腹辺りまでで山麓は少し色付いた感じでした。
171018019

 稜線左側が谷川岳のオキノ耳方面ですが、どの辺りになるのか良く分かりません。
171018020

 ガスがかかって一般ルートの稜線は見えませんが、中腹の岩壁には多彩なクライミングルートがあるようです。
171018021

 右側正面の大きな岩壁が有名な衝立岩でその左上に烏帽子岩が見えています。
171018022

 一通り景色を眺めて写真を撮ると先に進んで幽ノ沢に向かいます。
171018023

 少し進んで樹林帯が切れるとガスが切れて白毛門の山頂が見えていました。
171018024

 さらに明治時代に開鑿された国道291号線を進んで幽ノ沢に向かいます。
171018026

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 上高地(17.10.10 その2) | トップページ | 谷川岳沢めぐりコース(17.10.18 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳沢めぐりコース(17.10.18 その1):

« 上高地(17.10.10 その2) | トップページ | 谷川岳沢めぐりコース(17.10.18 その2) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック