« 尾瀬ヶ原(15.05.30 その1) | トップページ | 二王子岳(15.06.07) »

2015年5月31日 (日)

尾瀬ヶ原(15.05.30 その2)

その1)から続く…

 少し進んで福島県側から眺める至仏山となります。
150530034

 さらに進むと拠水林の先に見晴の山小屋が見えてきました。
150530035

※画像をクリックすると大きくなります…

 拠水林の中に小さな六兵衛堀があり、流れの周辺で水芭蕉が咲いていました。
150530036

 さらに下田代の湿原を進んで見晴十字路に向かいます。
150530037

 鳩待峠から2時間40分で見晴十字路に到着しました。
150530038

 小屋前のベンチを借りて40分ほど昼食タイムを取ると見晴十字路に別れを告げました。
150530039

 帰りは東電小屋を経由して牛首分岐に戻りますが、先ずは北西方向の景鶴山に向かって歩き始めます。
150530040

 さらに温泉小屋方面に向かう木道を燧ヶ岳を右手に見ながら歩きます。
1505300411

 少し歩くと木道の周辺がリュウキンカの群生地になりました。
150530042

 さらに進むと周辺で水芭蕉が沢山咲いていました。
150530043

 水芭蕉が群生する湿原の先に残雪の至仏山が良く見えました。
150530044

 見晴十字路から15分ほどで分岐点となり、直進すると温泉小屋方面に向かいます。
150530045

 道標に従って東電小屋に向かうと正面に至仏山が見えてきます。(ここから山の鼻までは至仏山に向かうように歩きます…)
150530046

 少し進むと東電尾瀬橋がありますが、この橋を渡ると新潟県に入ります。
150530047

 雪融けの季節とあって只見川の水量も多く冷たそうでした。
150530048

 只見川を渡ると周辺に水芭蕉とリュウキンカが群生していました。
150530049

 木道周辺の綺麗なリュウキンカを探してみました。
150530050

 綺麗な水芭蕉も咲いていました。
150530051

 木道を少し進んで燧ヶ岳を振り返りました。
150530052

 見晴十字路から35分で東電小屋に着きました。(小屋の前で10数人が休憩中でした…)
150530053

 東電小屋は休むことなく通過するとさらに進んで牛首分岐に向かいます。
150530054

 少し進むとヨシッ堀田代の湿原を通過しますが、小さな流れに沿って水芭蕉が沢山咲いていました。(この辺りに来ると群馬県になるようです…)
150530055

 さらに進んでヨッピ吊橋を渡ると竜宮小屋からの木道と合わさります。
150530056

 ヨッピ吊橋の分岐点から景色を眺めながら歩きますが、背後が開けると燧ヶ岳を背負うように歩きます。
150530057

 湿原の所どころに水の流れがあり綺麗な水芭蕉が咲いています。
150530058

 さらに進むと水鏡に映える至仏山が見事でした。
150530059

 一時、燧ヶ岳の雲が増えていましたが、少し風が出てきて雲が薄くなったようです。
150530060

 さらに進むと左前方にハイカーで賑わう牛首分岐が見えてきました。
150530061

 牛首分岐のベンチでは沢山の人たちが休んでおり、その大半は大手ツァーの参加者のようでした。
150530062

 山の鼻方面を眺めると木道の所どころにツァーグループが歩いています。(牛首分岐辺りでUターンするグループが多いようです…)
150530063

 帰りも逆さ燧のビューポイントに寄ってみましたが、風で水面が波立っているため燧ヶ岳が映っていませんでした…。
150530064

 さらに小さなグループと前後しながら山の鼻に戻ります。
150530065

 帰りは見晴十字路から2時間ほどで山の鼻に戻りましたが、休憩所周辺は沢山のハイカーで大変賑やかでした。
150530066

 山の鼻で一休みして名物のアイスクリームを食べると、沢山の人たちに混じって鳩待峠に戻りましたが、所どころで渋滞も発生して早め早めに行動したことが正解でした。

 鳩待峠からは乗合タクシーに乗って尾瀬戸倉まで戻り、帰る途中で寄居山温泉ほっこりの湯(入湯料550円)に寄ることにし、快い汗を流しサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは人たちは数知れず、帰りのタクシーの運転手によると戸倉の駐車場が満杯で、尾瀬高原ホテルの駐車場も使ったと話していました。

 尾瀬ヶ原の木道コースは良く整備されて危険個所はありませんが、滑り易い濡れた木道での転倒事故や木道の踏み外しによる転落事故には十分な注意が必要です。

 尾瀬保護財団のホームページに進むと周辺情報を含め、アクセス情報やルート情報などが掲載されています。

 水芭蕉やニッコウキスゲのベストシーズンに尾瀬ヶ原をユックリ楽しむためには、尾瀬保護財団が勧めるように平日の山歩きの方が良さそうで、仮に土日に歩くとするなら早朝出発や泊りがけでの山歩きの方が良さそうです。

 

 

« 尾瀬ヶ原(15.05.30 その1) | トップページ | 二王子岳(15.06.07) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
尾瀬、すばらしいですね(^^♪
10年前に歩きましたが、このときは、こんなに沢山水芭蕉は咲いてなかった記憶が✿
水鏡に映る至仏山が絵になりますね。
本当にどれもすばらしいお写真ばかりでため息です^^
アップで撮った水芭蕉がとっても清楚でかわいいです!
そういえば、山登りの前は湿原歩きが好きでした♪
またゆっくり尾瀬を歩いてみたいなぁ(*^_^*)
きっと草紅葉の頃も素敵でしょうね✿

私事で恐縮ですが先日那須、中の大倉尾根から三本槍を目指しましたが、シロヤシオは裏年で全然咲いてなかったです。
北温泉から標高差900ぐらいなのですが、暑さと遠雷で心折れ、敗退登山してきました(_ _)トホホ、、

らるご さん>こんにちは…
尾瀬ヶ原の水芭蕉は咲き始めたところで、山の鼻周辺の花は小さかったような
気がします。
池塘の水鏡も風があるとダメですし、早朝に出発したことが良かったようです。
尾瀬の水芭蕉は例年6月の第1週位が見頃ですので、歩かれるなら登山者の
比較的少ない平日を狙って下さい…
高原山のシロヤシオはレポで見かけましたが、中の大倉尾根のシロヤシオは
裏年で全くダメでしたか…
袈裟丸山のアカヤシオも花が少なかったようですが、こればかりは自然の摂理で
事前には分かりませんし、今回は偵察と考えて次回に期待しましょう…

綺麗の一言に尽きます。
写真がとてもきれいですね。ひまじんさんの写真で、今年の尾瀬の水芭蕉は満足したことにします。
5月は天気の良い日が多かったのに、なかなかどこにも出かけられませんでした。
透明感のある写真を眺めながら、尾瀬の水芭蕉を記憶の中から呼び戻しておりました。

しゃびん さん>こんばんは…
金曜日の天気が良くなさそうだったので土曜日に行ってみましたが、この日は
湿度が低く空気が澄んで周囲の山が良く見えたのがラッキーでした。
水芭蕉は全体としては咲き始めの感じでしたが、昨日の気温が低かったので
花が少し傷んだかも知れませんね…
尾瀬に行ってみれば同じような水芭蕉の景色ですが、不思議なもので何年か
経つとまた行きたくなるんですよね~(笑)
次回はキスゲの頃の尾瀬ヶ原を狙っていますが、シカの食害が酷いようですし
様子を見ながら行きたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬ヶ原(15.05.30 その2):

« 尾瀬ヶ原(15.05.30 その1) | トップページ | 二王子岳(15.06.07) »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック