« 八間山(20.05.29 その1) | トップページ | 尼ヶ禿山(20.06.04 その1) »

2020年5月30日 (土)

八間山(20.05.29 その2)

その1)から続く…

 北東側の小ピークの先が7年前に登った白砂山です。
200529021

 白砂山から少し右側を眺めると谷川岳の二つのピークが見えました。
200529022

※画像をクリックすると大きくなります…

 谷川岳の右側には少し霞んだ燧ヶ岳と至仏山が見えました。
200529023

 さらに東寄りには上州武尊山~日光白根山~男体山が見えています。
200529024

 南東寄りには赤城の山々が並んでおり、手前に子持山と小野子山が見えました。
200529025

 南寄りに並んでいるのが榛名山の山々で、右奥に奥秩父の山々が霞んでいます。
200529026

 山頂北西寄りに岩菅山~裏岩菅山~烏帽子岳が見えました。
200529027

 一通り周囲の景色を眺めて一休みすると往路を戻って下山を始めます。
200529028

 復路の急斜面では足元のスリップに要注意です。
200529029

 少し下ると草津白根山の右側に横手山が見えてきます。
200529030

 急斜面を下ると周囲の花々を探しながら下ります。(ミヤマツボスミレ?…)
200529031

 あちこちでヒメイチゲを見かけました。
200529032

 イカイワの頭の北側斜面にショウジョウバカマが残っていました。(陽当たりでは色褪せた花しかありません…)
200529033

 帰りはとても早く45分程でイカイワの肩近くまで下りました。
200529034

 イカイワの肩で40分程休んで昼食タイムを取ると、シラネアオイの群生地に寄ってみました。(ガレた斜面の右奥です…)200529035

 登山道の道標に従って群生地に向かうと咲いていました。
200529036

 シラカバ林の斜面に沢山のシラネアオイが群生していました。
200529037

 ほとんどのシラネアオイが開花しておりドンピシャのタイミングでした。
200529038

 斜面を埋めつくすシラネアオイは素晴らしく、友人共々訪れて良かったと思いました。
200529040

 群生箇所から15分程歩いて駐車場に戻ると、総行程4時間20分で今回の山歩きを終了しました。

 駐車場に戻って山の装備を片付けると、帰る途中で応徳温泉・くつろぎの湯(入湯料:400円)に寄ることにし、汗を流してサッパリして帰宅しました。

                                     …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で14~5人、八間山から堂岩山方面に向かうハイカーも見かけましたが、ほとんどはシラネアオイ目当てのハイカーのようでした。

 コロナ感染が一時期より収まり外出自粛などが緩和されましたが、一部では新規感染者の拡大が続いている地域が見られるなど、油断できない状況が続いていることから、次回以降も人出の少ない山などに出掛けたいと思っています。

« 八間山(20.05.29 その1) | トップページ | 尼ヶ禿山(20.06.04 その1) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八間山(20.05.29 その1) | トップページ | 尼ヶ禿山(20.06.04 その1) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック