« 西上州 神成山(20.04.04 その1) | トップページ | 赤城自然園(20.04.10) »

2020年4月 7日 (火)

西上州 神成山(20.04.04 その2)

その1)から続く…

 第4ピークの先でもミツバツツジが沢山咲いており、見栄えの良い花を探しながら吾妻山に向かいます。
200404025

 第5ピークには石宮と石灯篭が立っています。
200404026

※画像をクリックすると大きくなります…

 所どころで対向してくる人たちとすれ違いますが、例年に比べるとハイカーの数が少ないと思いました。
200404027

 6番目の小ピークには壊れた板碑が立っています。
200404028

 さらに進むと第7・第8の小ピークですが、ここは右裾を巻いて先に進みます。
200404029

 龍王岳から45分程で吾妻山の取り付きですが、西側に四ツ又山~鹿岳~鍬柄山が見えました。
200404030

 吾妻山手前のオキナグサ植生地は1株しかなく、傍らに自生したオキナグサの方が綺麗でした。(ここで後続してきたカップルに新堀神社の群生箇所を教わりました…)
200404031

 宮崎公園から1時間半程で吾妻山に到着しました。(吾妻山も花が少ない…)
200404032

 吾妻山の南西方向に小沢岳が見えました。
200404033

 当初計画は吾妻山のピストンでしたが、オキナグサの群生地情報もあり、西側に下って新堀神社に向かいます。
200404034

 吾妻山から10分程で新堀神社に下りました。
200404035

 新堀神社の下にオキナグサの群生箇所があり、ハイカーが入れ替わって写真を撮っていました。
200404036

 花が終わって白い綿毛になった株が目立ちましたが、綺麗な花を付けた株も沢山残っていました。
200404037

 群生箇所から少し下ると大きなサボテンの家を通過します。
200404038

 大きなサボテンの家からは昔の姫街道(信州往還)を歩いて宮崎公園に戻ります。
200404039

 道路脇の畑でエンドウ豆が咲いていました。
200404040

 こちらはキンセンカの花でしょうか?…。
200404041

 さらに歩いて行くとスイセンの大きな花が咲いていました。
200404042  

 菜の花畑の先に七福神の石像が並んでおり、こちらの石像は恵比寿・大黒のように思います。
200404043

 あちこちの民家の庭先でハナニラが咲いていました。
200404044

 こちらの花はキソケイと思います。
200404045

 淡いピンク色の花はハナモモのようです。
200404046

 こちらはレンギョウの花で自宅の庭で咲いていました。
200404047

 新堀神社から40分程で安芸神社前を通過しました。
200404048

 姫街道の途中で左折すると西中の通学路を歩いて宮崎公園に戻ります。
200404049

 西中前を通過して展望が開けると宮崎公園の桜の先に牛臥山が見えました。
200404050

 新堀神社から1時間程歩いて宮崎公園に戻ると、総行程2時間45分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、宮崎公園の一角を借りて昼食タイムを取り、帰りの日帰り温泉をスルーして自宅に戻りました。(立寄る予定だった磯部温泉めぐみの湯はコロナの影響で4月末まで土日祝日が休館になりました…)

                                    …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは10数人で、コロナの影響なのか前2回の神成山に比べると大変に少なく、駐車場に停まっていた車もほとんどが地元ナンバーでした。

 春先のツツジロードで知られる神成山ですが、2年前のブログと見比べてもミツバツツジの花数が少なく、今年だけの特異な現象であると心から願っています。

 4月7日にコロナに対する緊急事態宣言が発令され、関東周辺の人気の山は益々行き難くなりましたが、体力維持に向けて近場の山には出かけたいと思っています。

« 西上州 神成山(20.04.04 その1) | トップページ | 赤城自然園(20.04.10) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

ハイキング」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 ミツバツツジの件ですが、3月21日にはきれいに咲き出していたから、今はもう花が終わりかけてるせいもあるのではないでしょうか。
 
 ひまじんさんと同じで、私も体力維持したいと、今日も山歩きです。
 船尾滝から榛名吾妻山に登り、周回して船尾滝に下りました。スタートの林道湯出入り線も工事のため進入禁止と看板がありましたが、知らずに歩いてしまいました。砂防ダム工事をしているようでしたが、工事関係者に出会うこともなく終わりました。吾妻山への道は、不明瞭です。吾妻山から北へ向かう稜線は、吉岡町と榛東村の境界を流れる沢の最上流部を横断するのが危険で、直前を林道へ下りるのが安全でした。
 また、最後の眺望の森からは、進入禁止の所を歩いてしまいました。滝近くの大規模な土留工事は終わって、立派な砂防堰堤ができていました。最後の船尾滝では観光客とスライドしますが、2㍍以上の距離をとるようにしました。後は、誰にも会わず単独行でした。歩く人が少ない山を選ぶのも、結構大変ですね。登山道が整備されてない場合が多いようなので、事前の下調べが大切だと思いました。

 大桁山から鍬柄岳への稜線の続きで、その左隣の尖ったピークを破風山と言うことをごく最近知りました。調べれば、登山記録がネットに載ってます。
 そろそろ鹿岳・四ッ又山を歩きたいなあと、思いつついます。あの日が4月18日でしたから、もうお目にかかってから1年が経とうとしているのですね。

suro-nin さん>こんばんは…
 ミツバツツジは終盤になったんですかね?~
 確か宮崎公園の桜が見頃の頃に、稜線のツツジも良かった覚えが
あるので、今年は花数の少ないのかな?と思いました。
 榛名の吾妻山は知りませんでした。地理院地図で見たら船穂滝の
南々東側にありましたが、地形図に登山道はないので知る人が知る
山なんでしょうね~。
 群馬県内の山も良く知られた山は50ピーク位なものでしょうし、
後段で紹介されている破風山と言うピークも初めて知りましたが、
ヤマレコを見たら、神成山と一緒に歩いている人もいるんですね。
 これからは新緑が綺麗な季節になりますが、吾妻方面の山でこれまで
行っていない山が幾つかあるので、その辺りから歩いて見ようと思って
います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西上州 神成山(20.04.04 その1) | トップページ | 赤城自然園(20.04.10) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック