« 長瀞アルプス(20.01.20 その1) | トップページ | 奥武蔵 棒ノ折山(20.01.31 その1) »

2020年1月21日 (火)

長瀞アルプス(20.01.20 その2)

その1)から続く…

 山頂の南側には秩父のシンボル・武甲山が聳えています。
200120017

 西寄りに見えるギザギザピークが両神山です。
200120018

※画像をクリックすると大きくなります…

 観光協会のHPで見たように山頂直下のロウバイは五分咲き程に咲いていました。
200120019

 例年のようにロウバイの群生場所を巡って良さそうな花を探します。
200120020

 ロウバイの黄色い花は青空に良く映えて綺麗です。
200120021

 デジタルズームを使って400mm相当にアップです。
200120022

 背後のツボミなどをボカシてさらに1カット…。
200120023

 この日はロウバイ見物のハイカーの他に、沢山の観光客やカメラマンを見かけました。
200120024

 一通りロウバイを楽しむと奥ノ院に寄って山歩きの無事をお願いしました。
200120025

 参拝を終えると東ロウバイ園のベンチを借りて昼食タイムとしました。
200120026

 南東方向に笠山と大霧山が見えており、右手前の箕山の先が丸山のようです。
200120027

 昼食休憩を終えると周囲の写真を撮りながら下山を始めます。(箕山と武甲山との間に横瀬の二子山と武川岳…)
200120028

 南西側は奥秩父の山々で酉谷山~白岩山~飛龍山~和名倉山が確認できました。
200120029

 さらに西寄りに雁坂嶺~破風山~甲武信ヶ岳~三宝山が並んでいます。(手前の山並みは破風山など皆野アルプスの山々…)
200120030

 帰りは山頂から下ると長瀞アルプスを戻りますが、氷池の分岐点を過ぎた辺りで山頂を振り返りました。
200120031

 さらに往路を戻って天狗山の分岐点に向かいます。
200120032

 宝登山から1時間程で分岐点に戻ると、右手に進んで神まわりコースを歩きますが、15分程登り返すと御岳山を通過します。
200120033

 御嶽山から少し下ると白峰宮が祀られた天狗山を通過します。
200120034

 さらに沢山の神様が祀られた登山道を下って登山口の鳥居をくぐります。
200120035

 登山口からは見覚えのある市街地を歩いて野上駅に戻ると、総行程5時間40分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前に秩父温泉満願の湯(入湯料:850円)に寄ることにし、汗を流して冷えた身体を温めてから帰宅の途に就きました。

                                    …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 この時期の長瀞アルプスはロウバイ見物のハイカーが多いのですが、今回の山歩きでも野上駅側から歩く沢山のハイカーの他に、時計回りで歩く人たちも10数人見かけました。

 例年、萬福寺の庭先で綺麗な梅の花が咲いているのですが、今年はわずかに1~2個の花しか咲いておらず、暖冬になると春の花の開花時期が遅くなるのかも知れません。

 週間予報を見ると暫らくは天候不順が続きそうですが、1月中に4回目の山歩きを予定しており好天に恵まれれば、奥武蔵辺りに足を延ばしたいと思っています。

« 長瀞アルプス(20.01.20 その1) | トップページ | 奥武蔵 棒ノ折山(20.01.31 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは、お久しぶりです。続々と山行レポが発表になってますね。忙しさから解放された証拠でしょうか。
 暖冬なもので、汗冷えが苦手な私でも山歩きができることが分かり、1月の山歩きは初めてなのですが、週1で足利の仙人ヶ岳を歩いてました。5方向からの登山道のうち、4方向から歩くことができました。
 2月はどこがいいかな?と思っていたら、ちょうどひまじんさんのレポに宝登山山行が載っていたので、そのままのコースどりで昨日14日に歩くことができました。お陰様で野上駅の駐車場に早めに入ることで利用できましたし、予定の時間内で歩くこともできました。
 お礼申し上げます。
 山頂はロウバイの香りに包まれ、展望にも恵まれ、よい山行となりました。宝登山から宝登山神社までの林道をショートカットする登山道が、雑木林で明るく、急登ではあるものの、初めて歩いてみてとてもよかったです。これで、桜の時期にでも歩けば、かなりいい眺めになりそうです。と言っても、ソメイヨシノではなく、5月上旬のイヌザクラだそうです。植物調査に来られていた人に教えてもらいました。

スロー人 さん>こんにちは…
仙人ヶ岳の5方向からのコースは知りませんでした。
南西側の桐生菱町からのレポは見ましたが、実際に歩いていませんし、
いつも岩切登山口から歩くのが多いですね。
宝登山の梅林は聞いたことがありますが、桜は荒川沿いの桜並木が
埼玉県内でも有名なようですよ。

自分も汗かきで冬場は汗冷えするのですが、網シャツと山シャツの替えを
持って行って、汗冷えがひどい時は現地で着替えるようにしています。
最近はミレーの網シャツを使ってますが、値段もそれなりに高いですし、
すべて良しとはいきませんので、着替えるのが一番と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長瀞アルプス(20.01.20 その1) | トップページ | 奥武蔵 棒ノ折山(20.01.31 その1) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック