« 日光白根山(19.09.07 その1) | トップページ | 谷川岳(19.09.25 その1) »

2019年9月 9日 (月)

日光白根山(19.09.07 その2)

その1)から続く…

 稜線上からは南西方向の展望が広がり、雲海上に八ヶ岳の山々が並んでいました。

190907021

 北分岐から75分程で北峰に到着すると山頂はハイカーで大賑わいでした。

190907022

※画像をクリックすると大きくなります…

 当初は山頂まで行かず北峰で引き返す予定でしたが、途中で行き会った人から富士山が見えるとの情報もあり、本峰まで進んで富士山を眺めることにしました。

190907023

 北峰から下って本峰に登り返すと山頂横の岩峰に標識が付いていました。(こちらには順番待ちがありません…)

190907024

 山頂南側を眺めると南側に見える皇海山の右奥に富士山が頭を出していました。(日光白根山からの富士山は2007年10月以来です…)

190907025

 南西方向の八ヶ岳の左側には南アルプスの北岳や甲斐駒ヶ岳などが見えました。

190907026

 八ヶ岳の少し右側には北アルプスの穂高連峰と槍ヶ岳が確認できました。

190907027

 西側に見えるの山並みが上州武尊山で、左側の剣ヶ峰の先に白馬三山が見え、右稜線の先に妙高山と火打山が見えました。

190907028

 北西方向に越後駒ケ岳~荒沢岳~燧ヶ岳が見えますが、下から雲が湧いており東側が見える北峰まで戻ります。

190907029

 北峰まで戻ってくると五色沼の先に日光連山の女峰岳などが見えました。

190907030

 男体山の右側に見えるのが中禅寺湖で、その先に前日光の山々が並んでいます。

190907031

 一通り周囲の景色を眺めると北峰の一角を借りて昼食タイムとしました。

190907032

 30分程の昼食休憩を終えると下山を始める前にもう一度周囲の景色を眺めます。

190907033

 上州武尊山の剣ヶ峰の先に白馬三山が良く見えます。(鑓ヶ岳の左手前は裏岩菅山…)

190907034

 妙高山と火打山の左手前が苗場山、右手前が一ノ倉岳で、妙高山の手前当りが谷川岳のようです。

190907035 

 最後まで北アルプス南部に槍・穂が見えていました。

190907036

 一通り周囲の景色を眺めると往路を戻って下り始めます。

190907037

 北西側の岩峰の先にRWの山頂駅が見えました。

190907038

 さらに下ってルンゼ状の落石要注意の急斜面を通過します。

190907039

 20分程下ると樹林帯の登山道に入りますが、最後に周囲の景色に別れを告げました。

190907040

 北峰から1時間程で弥陀ヶ池を通過し、さらに1時間半ほど下って登山口駐車場に戻ると、総行程7時間15分で今季の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で白根温泉・薬師の湯(入湯料:800円)に寄ることにし、汗を流してサッパリすると冷たいソバを食べてから帰宅の途に就きました。

                                     …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 好天の土曜日で登山者も大変多かったようで、往路の登山道で行き会ったハイカーは3~40名、山頂周辺で見かけたハイカーは7~80人、帰りの登山道では20人程のハイカーと行き会いました。

 前回から4年ぶりの日光白根山でしたが、台風襲来前の静けさだったのか年に何度もない見事な好天に恵まれ、山頂から12年ぶりに富士山が見えるなど、周辺の見事な大展望を楽しむことが出来ました。

 好天の日と地域行事などが重なって、ここ2ヶ月程は思い通りに山歩きに出かけることが出来ず、6年前に比べ大分体力が落ちたことを痛感しましたが、機会を捉えて可能な限り山歩きを続けたいと思っています。

« 日光白根山(19.09.07 その1) | トップページ | 谷川岳(19.09.25 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日光白根山(19.09.07 その1) | トップページ | 谷川岳(19.09.25 その1) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック