« 谷川岳(19.09.25 その1) | トップページ | 小野子三山(19.10.05 その1) »

2019年9月26日 (木)

谷川岳(19.09.25 その2)

その1)から続く…

 肩の小屋から10分程でトマの耳に着きましたが、山頂はガスに包まれていて展望はありません。

190925022

 周辺の樹林帯は色付いていますが、見頃は今週末辺りの感じでした。

190925023

※画像をクリックすると大きくなります…

 風が冷たい稜線はガスに包まれて何も見えませんが、久しぶりに登った谷川岳ですし、奥ノ院まで行ってくることにしました。

190925024

 トマの耳から20分程でオキの耳ですが、悪天候でハイカーは数える程でした。

190925025

 さらに進んで奥ノ院に向かっていくと、突然ガスが切れて陽が射してきました。

190925026

 奥ノ院に着いた時はガスに包まれましたが、登山の無事を祈って浅間神社に参拝します。

190925027

 奥ノ院からトマの耳まで戻ると冷風を避けて昼食タイムとしましたが、少し休んでいるとガスが切れて湯檜曽川が見えてきました。

190925028

 稜線に流れていたガスも切れてオキの耳の岩峰が姿を現しました。

190925029

 食事をしながらさらに待っているとオジカ沢ノ頭に続く稜線の縦走路が見えてきました。

190925030

 その後もガスに包まれたり切れたりしますが、ガスが切れると色付いた稜線が見事なものです。

190925031

 オキの耳の右奥には全く見えなかったトマの耳が見えました。

190925032

 紅葉の見頃には少し早いようですが、稜線に光が回ると素晴らしい景色です。

190925033

 稜線のガスが切れると写真を撮りましたが、オジカ沢ノ頭は最後まで見えませんでした。

190925034

 30分程の昼食タイムを終えると下山を始めます。(中央左に天神平…)

190925035

 山頂に着いた時は景色を諦めていましたが、これだけ見えればマズマズと言う感じです。

190925036

 トマの耳に登り返す途中でオキの耳を振り返りました。(この辺りの紅葉は来週辺りか?…)

190925037

 さらに下っていくとガスが流れて肩ノ小屋が見えたり隠れたりの景色です。

190925038

 オキの耳から25分程で肩ノ小屋を通過するとガスが切れて景色が見え始めました。

190925039

 10分程下って天神ザンゲ岩を通過すると、前方に天狗の溜り場が見えてきます。

190925040

 さらに下っていくと天狗の溜り場が地元の中学生で賑やかでした。

190925041

 天狗の溜り場を通過すると穴熊沢避難小屋の赤い屋根が見えました。

190925042

 肩ノ小屋から1時間程で穴熊沢避難小屋、さらに45分程下ってロープウェーの天神平駅まで戻ると、総行程6時間程で今回の山歩きを終了しました。

 天神平駅からはロープウェーに乗ってベースプラザに戻り、家に帰る途中では湯テルメ谷川(入湯料570円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                    …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で120人程ですが、その内の3分の1程は学校登山の中学生と関係者などで、この団体と前後したこともあって一層賑やかに感じたかも知れません。

 天神尾根コースは前回から9年ぶりとなりますが、山頂までのコースタイムは9年前とほぼ同様な時間になっており、前回日光白根山に登ったことが少し効いているように思いました。

 今回は稜線の紅葉を期待しての山歩きでしたが、予想していたよりも紅葉の色付きが遅れているようで、谷川辺りの山々では今週末辺りからが紅葉の見頃になると思いました。

« 谷川岳(19.09.25 その1) | トップページ | 小野子三山(19.10.05 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

だいぶ色づいてきた感じですね。
青空もいいですが、こんな感じの雲が変化する景色もそれなりに風情がありいいと思います。谷川岳、以前はよく歩きましたが最近ご無沙汰。
紅葉はあと10日くらいあとが見ごろなんでしょうか?
久しぶりに歩きたくなりました。
私は先日、中ノ岳を歩き、やはりガスの景色、時々青空でブロッケン現象をたっぷり見ることができて感激でした。
デジブックは最近アップが滞ってますが、サービスが終了するということでなんかアップの気力が薄れてしまいました(*_*;
ダウンロードもなかなか進まずです。

kyou さん>おはようございます
谷川周辺の紅葉は少し遅れ気味のようですが、来週辺りが一番の見頃に
なる感じに見えました。
一時はガスに包まれて今日はダメかな~と思いましたが、トマの耳でUターンせずに
奥ノ院まで行ったのが正解でした。
ピーカンもいいですが少し雲があった方が写真になりますね…♪
デジブックの方は残り半年ですから、思い出深い山行記録を優先してダウンロード
したらと思いました。
DVDの方は720px×480pxの画像ですし、今時の4k-TVなどでは画像が粗くて、
使い物にならないと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷川岳(19.09.25 その1) | トップページ | 小野子三山(19.10.05 その1) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック