« 大霧山・皇鈴山(19.03.09 その1) | トップページ | 両崖山・行道山(19.03.18 その1) »

2019年3月10日 (日)

大霧山・皇鈴山(19.03.09 その2)

その1)から続く…

 一通り景色を眺めて小休憩すると北側に見える皇鈴山に向かいます。(背後に見える山並みは上州武尊山と赤城山になります…)

190309026

 山頂北側に延びる登山道を進むと粥新田峠に下ります。

190309027

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 山頂から35分程で粥新田峠の大霧山登山口に下りました。(登山ポストがありました…)

190309028

 粥新田峠の登山口から少し下ると林道分岐点があり、往路は左手に進みますが、帰りは右下の橋場BS分岐点側に下ります。

190309029

 林道分岐の標識に従って秩父高原牧場側に向かいます。

190309030

 林道を10分程進むと皆野町側に下る林道分岐点が見えました。(天空のポピーは皆野側に下るようです…)

190309040

 さらに15分程で秩父高原牧場のモーモーハウスが見えました。

190309041

 さらに進んで展望が開けると笠山~堂平山~剣ヶ峰を振り返りました。

190309042

 粥新田峠から40分程で二本木峠を通過します。

190309043

 往路は二本木峠から少し登って愛宕山に寄ってみました。

190309044

 愛宕山を通過して林道に下ると案内標識に従って皇鈴山に向かいます。

190309045

 駐車場から3時間半程で皇鈴山に到着しました。

190309046

 皇鈴山は山頂東側が開けていましたが東京方面は春霞がかかっていました。

190309048

 大霧山で見えた時よりも奥日光方面の山々が霞んでいました。

190309047

 山頂南西寄りに和名倉山~雁坂嶺~甲武信ヶ岳~三宝山~両神山が見えました。

190309049

 破風山~木賊山~甲武信ヶ岳~三宝山をアップにしましたが、一番手前に見える稜線が蓑山の山頂になります。

1903090491

 皇鈴山の山頂で30分程休憩すると往路を戻って下山を始めます。

190309050

 さらに進んで展望が広がると三角錐の大霧山が見えてきました。(帰りは左中腹を巻いて下ります…)

190309051

 皇鈴山から45分程で秩父高原牧場を通過しましたが、帰りは直売所の駐車場が観光客で賑やかでした。

190309052

 さらに進むと南側に武甲山が見えてきました。

190309053

 秩父高原牧場から20分弱で林道分岐を通過すると、すぐ下にある橋場BS分岐を右手に進んで駐車場に戻ります。(案内標識は皆谷バス停側…)

190309055

 分岐点から少し進むと折り返しの林道を登り返します。(前回も嫌な個所でした…)

190309056

 大霧山の中腹をトラバースするように下っていくと前方に笠山が見えてきました。

190309057

 下る途中の民家で河津桜が咲いており、2羽のメジロが花の蜜を吸っていました。

190309058

 さらに朝日根集落の生活道路を下って長慶寺の駐車場に戻ります。

190309059

 橋場BS分岐から1時間弱で県道11号線の不動橋に下り、さらに5分程県道を歩いて長慶寺の駐車場に戻ると、総行程6時間15分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中でかんぽの宿寄居(入湯料800円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で12~3人程ですが、大霧山や皇鈴山を中心として歩く軽装の人たちの他に、七峰縦走の練習と思われる人たちも歩いていました。

 当初は大霧山の周回コースを考えており、皇鈴山は北側の日本の里辺りから歩く予定でいましたが、秩父高原牧場の天空のポピーを見に行きたいこともあり、その偵察を兼ねて歩いてみました。

 前回の比企三山は新緑の頃に歩いていることもあり、次に歩く機会がある時は11月上旬の紅葉の季節に歩いてみたいと思っています。

« 大霧山・皇鈴山(19.03.09 その1) | トップページ | 両崖山・行道山(19.03.18 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今日は雨で、いい休養日になりますね(^^♪
大霧山からの展望は素晴らしいですね。
このあたりの山域はかなり以前歩きました。
東武の主催する「外秩父七峰縦走ハイキング」に参加し約42kmテクテクと。
疲れて大霧山にたどり着いた時、展望に癒され元気回復した次第です。

秩父高原牧場あたりも、牛乳をやかんで注いでもらいましたが、最初に参加した時は遅いため品切れで悲しい記憶があります。
5回ほど参加したかなあ…

マウンテンバイクで同じコースをたどろうと一度挑戦しました。
そんな思い出のある山域です。で、懐かしく拝見させていただきました。
アルバムを楽しみにしております。

私はこの日、巻機山を歩いてました。

kyou さん>こんにちは…
前回の大霧山は新緑が綺麗でしたが、春霞で展望が今一つにでしたし、
今回のような見事な景色を見ることが出来ませんでした。
七峰縦走は大人気のイベントになりましたが、5回出場とは大したものだと
思いましたね。
現在は出場者を抽選で選んんでいるようですが、この日も練習のような
人たちも見かけましたよ。
巻機山は5月下旬の残雪期に登ったことがありますが、綺麗な彩雲=
環水平アークが見られました。(山頂でDB仲間のhs-ys_secondary さんと
一緒になりました…)
3月上旬だと積雪量は真冬と変わらないでしょうし、厳寒期と同様な装備を
持って、雪崩に注意しながらの山行になるんでしょうね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大霧山・皇鈴山(19.03.09 その2):

« 大霧山・皇鈴山(19.03.09 その1) | トップページ | 両崖山・行道山(19.03.18 その1) »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック