« 東信 根子岳(19.02.18 その2) | トップページ | 宇都宮アルプス(19.03.02 その2) »

2019年3月 3日 (日)

宇都宮アルプス(19.03.02 その1)


※スライドショーはInternet Explorerでご覧ください…

① 2019年3月2日(土)天候:晴れ
② 榛名山:524m、本山:562m、飯盛山:501m、高舘山:476.7m、黒戸山:412m
③ コースタイム(山行時間:5時間15分)
 子どものもり公園駐車場(07:20)===榛名山(08:05)===男山(08:20)===本山(08:45~08:50)===飯盛山(09:35)===高舘山(10:25)===黒戸山(10:55)===兜山(11:20)===子どものもり公園駐車場(12:35)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:12.877km、累積標高差:±922m)
190218001

 3月初めてとなる山歩きは新・分県登山ガイド(栃木県)で宇都宮市民のハイキングコースと紹介されている篠井冨屋連峰=宇都宮アルプスに行ってくることにしました。

 ガイドブックでは7つのピークを縦走するコースを紹介していましたが、ネットのレポなどを参考に子どものもり公園から周回するコースを歩くことにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる子どものもり公園の駐車場(マップコード:132 653 623)までは約115kmで1時間半程…、現地スタート時間から逆算して午前5時半に自宅を出発すると、北関東道~東北道経由で現地に向かいます。

 宇都宮ICで高速を降りると一般道を走って舟生方面に向かいますが、日光街道の舟生街道入口交差点から2km程走ると子どものもり公園駐車場がありました。(駐車場の奥に公衆トイレがありました…)

190218002

 準備を終えると冒険活動センターの横を抜けて榛名山の登山口に向かいます。

190218003

 10分程登ると西側の展望が広がりますが、この日は少し霞んだ景色のようでした。

190218004

 所どころの標識に従って進んでいくと、駐車場から15分程で登山口がありました。

190218005

 登山道はスギ林の中に延びており、良く踏まれて道迷いはなさそうでした。

190218006

 登山口から10分程登ると展望台が見えてきます。

190218007

 展望台の周辺は樹林帯で囲まれており、北西寄りに日光連山が見えるだけでした。

190218008

 展望台から少し進むと岩場混じりの急登個所が始まりました。

190218009

 途中に緩やかな個所もありましたが、榛名山の山頂近くまで急登が続きました。

190218010

 20分程急登して稜線に上がると左奥に山頂の石宮が見えました。

190218011

 駐車場から45分程で榛名山に上がりました。(周囲は灌木で展望はありません…)

190218012

 榛名山を通過すると北東側に下って男山に向かいます。

190218013

 山頂から5分程で中篠井登山口からの登山道が合わさりました。(登山口に通行止めの標識がありました…)

190218014

 鞍部を通過すると男山に向かって登り返します。

190218015

 榛名山から15分程で男山に到着しました。

190218016

 男山の周囲も灌木で覆われていますが、大・小真名子山と女峰山が見えていました。

190218017

 山頂から少し戻ると北東側に下って本山に向かいます。

190218018

 男山から10分程で鞍部を通過すると、稜線の分岐点に向かって登り返します。

190218019

 男山から25分程で本山の山頂に着きました。(一番展望の良いピークでした…)

190218020

 北西側には日光連山が見えました。(男体山~大・小真名子山~女峰山…)

190218021

 北寄りは高原山で冠雪したピークが釈迦ヶ岳でした。(那須連山は霞んでいました…)

1902180211

 山頂から分岐点まで戻ると東側に進んで飯盛山に向かいます。

190218022

 少し進んで急斜面の岩場を通過しました。(補助ロープが欲しい岩場です…)

190218023

 さらに急こう配の斜面に登山道が続きました。

190218024

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 東信 根子岳(19.02.18 その2) | トップページ | 宇都宮アルプス(19.03.02 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
だいぶ暖かくなってきましたね。
花粉が飛び、つらい時期になってきました。

宇都宮アルプス、中々いいネーミングの山ですね。
岩場はきつそうですが、市民に愛されてる山なんでしょうね。
日光の山々の展望、中々いいですね。
いつか機会があったら歩いてみたいと思います。

kyou さん>こんにちは
地形図は篠井冨屋連峰となっていますが、宇都宮アルプスの方が
親しみやすくていいですよね~♪
栃木のガイドブックを見直していたらこの山があったので、ネットで調べると
地元でも人気のある山と分かりました。
もし、行かれるなら帰り道で一般道を4km以上歩くことになるので、最後の兜山の
登山口に自転車をデポしておくと良いと思いました。
新緑や紅葉の頃も良さそうですし、機会があれば出かけて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮アルプス(19.03.02 その1):

« 東信 根子岳(19.02.18 その2) | トップページ | 宇都宮アルプス(19.03.02 その2) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック