« 西上州 吉井三山(19.02.12 その1) | トップページ | 西上州 吉井三山(19.02.12 その3) »

2019年2月13日 (水)

西上州 吉井三山(19.02.12 その2)

その1)から続く…

 住吉神社の少し先に西ルート登山口の案内標識があり、大沢川を渡ると大きな梅の木が咲き始めていました。

190212021

 さらに道なりに進んでいくと八束山(やつかやま)の西ルート登山口がありました。

190212022

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 西ルートの登山道も踏み跡は薄いもののマーカーなどがあって道迷いはなさそうです。

190212023

 10分程登ると稜線沿いの登山道になりました。

190212024

 周囲の雑木林が切れると先程歩いてきた朝日岳が見えました。

190212025

 南峰の東尾根に岩峰が連なっていますが、岩峰の基部を沿うように下ってきました。

190212026

 さらに登ると真っ白な浅間山が見えました。(左手前は妙義の相馬山…)

190212027

 山頂に近づくと岩場混じりの急登個所が続きました。

190212028

 西ルート登山口から45分程で八束山に到着しましたが、地形図では城山と名付けられているように、山頂周囲に堀切の痕跡が残っていました。

190212029

 山頂の周囲は北東方向が開けており、前橋市街地の先に赤城山が見えました。(左手前の茶色いビルが群馬県庁です…)

190212030

 少し右側には皇海山~袈裟丸山~男体山が見えました。

1902120301

 山頂を通過すると南東尾根に向かいますが、途中の案内看板に未整備のルートとあったように、ピンクテープと薄い踏み跡を頼りに下ります。

190212031

 落ち葉が溜まって踏み跡が消える個所もあり、獣道のような薄い踏み跡を探しながら下りましたが、初心者向きのルートではなさそうでした。

190212032

 八束山の山頂から25分程で林道に下ってきました。

190212033

 人気のない八束集落の林道を下っていくと林道八束一郷線と合流します。

190212034

 牛臥山の案内標識に従って林道を登っていきますが、冬季閉鎖された林道ゲートは脇を抜けて山頂に向かいます。

190212035

 林道を登っていくと先程の八束山が良く見えました。(山頂左側の尾根を下りました…)

190212036

 途中にあった登山口を見落としたようで、二つ目の登山口から山頂に向かいます。

190212037

 地図で確認するとロウバイ園からも登って来られる登山道でした。

190212038

 15分程急登して稜線に上がると牛臥山の山頂が見えてきました。

190212039

その3)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 西上州 吉井三山(19.02.12 その1) | トップページ | 西上州 吉井三山(19.02.12 その3) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西上州 吉井三山(19.02.12 その2):

« 西上州 吉井三山(19.02.12 その1) | トップページ | 西上州 吉井三山(19.02.12 その3) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック