« 赤城 鍋割山・荒山(18.11.20 その1) | トップページ | 大菩薩嶺(18.11.30 その1) »

2018年11月21日 (水)

赤城 鍋割山・荒山(18.11.22 その2)

その1)から続く…

 アップダウンの稜線を竈山まで進んで鍋割山を振り返りました。

181120025

 北側は雪雲に覆われた谷川連峰ですが夕方のTVで雪が降ったと伝えていました。

181120026

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 山頂から15分程で火起山まで進むと地蔵岳と荒山が正面に聳えます。

181120027

 さらに10分程進んで荒山高原の分岐点に下りました。

181120028

 分岐点の標識に従って荒山に向かいます。

181120029

 15分程登り返すと姫百合駐車場の分岐点を通過します。

181120030

 さらに15分程登ると西側が開けた展望ヶ所に上がります。

181120031

 先ほどの鍋割山の先に八ヶ岳が見えますが、雲が湧いて赤岳が覆われそうでした。

181120032

 展望ヶ所を通過して少し進むと荒山が見えてきます。

181120033

 登山道の横に大きなズミの木があり枝先に沢山の実を付けていました。

181120034

 さらに進むと急傾斜の登山道が始まります。

181120035

 山頂手前に岩場の箇所がありますが補助ロープもあって難なく通過します。

181120036

 荒山高原から1時間程で荒山山頂に到着しました。

181120037

 石宮から北西側に進むと展望ヶ所があり雪雲に覆われた谷川方面が見えました。

181120038

 北西側の小野子山の先が上信国境の稜線ですが横手山が雪雲に覆われていました。

181120039

 荒山の山頂を通過すると南側に下ってひさし岩に向かいます。

181120040

 15分程下ってひさし岩に到着すると景色を眺めながら昼食タイムとしました。(ここで一緒になったベテランさんから自家製のミカンをいただきました…

181120041

 地蔵岳の右奥に黒檜山と駒ケ岳、その右奥が袈裟丸山で、一番右側が長七郎山です。

181120042

 東側稜線の先に根本山が見え、少し右側の三角ピークが鳴神山です。

1811200431

 休憩を終えると下山を始めますがホンの少しで上の避難小屋の分岐点が見えました。

181120044

 分岐点の標識に従って荒山の中腹を巻くように下って棚上十字路に向かいます。

181120045

 上の避難小屋から20分程で下の避難小屋が見え、さらに下ると棚上十字路の分岐道標が見えました。(左手に進むと赤城温泉、右手に進むと荒山高原…)

181120046

 標識に従って直進すると少し荒れ気味の登山道を下って森林公園登山口に向かいます。

181120047

 棚上十字路から30分程下って森林公園登山口に戻ると、総行程6時間15分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る前に富士見温泉見晴らしの湯(入湯料510円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で20人ほど…、その大半は鍋割山の山頂から鍋割高原での間で見かけた人たちで、ほとんどのハイカーが姫百合駐車場から登ってきたようでした。

 赤城の荒山に登るのは3年ぶりで6回目になりますが、荒山高原のツツジの頃に登ったことがないため、次回辺りは5月下旬のツツジの頃に登ってみたいと思っています。

 例年になく暖かい秋が続いて雪の便りが遅れており、例年なら11月下旬に見られる赤城山の霧氷も大分遅れているようで、エルニーニョならまだしも地球温暖化の影響が現れたと言うことだけは勘弁して欲しいと思っています。
 

« 赤城 鍋割山・荒山(18.11.20 その1) | トップページ | 大菩薩嶺(18.11.30 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

鍋割山は残雪の頃に登りましたが、姫百合駐車場からです。
今回ひまじんさんは森林公園登山口から登られたのですね。
姫百合駐車場に比べると登りがいのあるコースですね
鍋割山は見晴らしがいいですね
私は山座同定が苦手ですがひまじんさん、さすがです
大好きな鳴神山がわかって嬉しいです♪
私は姫百合駐車場をピストンでしたが下山するときに上から3枚目の風景がなんとなくのびやかで好きでした♪
冬は谷川岳方面は雪雲に隠れてしまう日が多いですね。
荒山高原付近はツツジの名所のようですしまた季節を変えて訪問したいと思います。

らるご さん>こんにちは…
一般的には姫百合駐車場が登るのが多いのですが、今回はトレーニングを
兼ねた山歩きだったので、森林公園から歩きました。
鍋割山は登りやすく展望が良いので、ファミリー向けの山として人気がありますし、
ナイトハイクで夜景を楽しむ人もいるようですよ。
寒波が入って黒檜山の霧氷も始まったようなので、谷川方面も雪雲に覆われる
シーズンになりましたね。
3枚目の写真は火起山からの展望ですが、好天なら筑波山が良くみえたと
思います。
また季節の良い時に遊びにいらして下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 鍋割山・荒山(18.11.22 その2):

« 赤城 鍋割山・荒山(18.11.20 その1) | トップページ | 大菩薩嶺(18.11.30 その1) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック