« 二ッ岳・水沢山(18.11.02 その2) | トップページ | 冬桜の桜山(18.11.16 その2) »

2018年11月17日 (土)

冬桜の桜山(18.11.16 その1)


※スライドショーはInternet Explorerでご覧ください…

① 2018年11月16日(金)天候:晴れ後曇り
② 桜山:591m
③ コースタイム(山行時間:6時間5分)
 八塩温泉登山口駐車場(08:25)===弁天山展望台(09:05)===山の神の分岐(10:05)===雲尾(10:30)===第1駐車場(10:50)===日本庭園(12:05)===桜山(11:30)===日本庭園(12:10)===第1駐車場(12:35)===雲尾(12:55)===山の神の分岐(13:20)===弁天山展望台(14:00)===八塩温泉登山口駐車場(14:30)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:13.368km、累積標高差:±886m)
181116001

 好天と地域行事などが重なって2週間ぶりの山歩きとなりましたが、冬桜が見頃になった西上州の桜山に行ってくることにしました。

 今回も前回同様に冬桜見物を兼ねた山歩きになりますが、前2回が11月末の山行で紅葉の時期には少し遅かったこともあり、今回は10日間程早めて紅葉と冬桜を一緒に楽しむことにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる八塩温泉の登山口(マップコード:20 006 595)までは約35kmで45分程…、午前7時過ぎに自宅を出発すると関越道~上信越道経由で現地に向かいます。

 上信越道・藤岡ICで高速を降りると藤岡市内を抜けて長瀞方面に走りますが、藤岡総合運動公園からさらに進んで桜山温泉を通過すると八塩温泉の登山口に到着します。(駐車場の奥にハイキングマップを入れた箱があります…)

181116002

 準備を終えると弁天山に向かいますが往路は御蔵御子神社に参拝して山歩きの無事を祈願します。(前方に見える神楽殿を潜ると社殿があります…)

181116003

 最近になって弁天山に向かうハイキングコースが刈り払いされたようでした。

181116004

 登山口から40分程で弁天山の展望台に到着しましたが、朝の気温が高かったのか白く霞んで遠望が利きません。

181116005

 展望台から少し進むと弁天様が祀られています。(山名の由来でしょうね…)

181116006

 コース周辺は黄色く色付いた広葉樹で朝陽が当たってとても綺麗でした。

181116007

 さらに進むと南西側の展望が開けますが、左側のピークを越えて桜山に向かいます。

181116008

 所どころの案内標識に従って踏み跡の薄いハイキングコースを進みます。

181116009

 鬼の踊り場の標識を通過した辺りで踏み跡が消えますが、コース沿いの樹木にマーカーテープが付いており、これを目当てにして桜山方面に進みます。

181116010

 弁天山から1時間程で林道に下ると分岐点の標識に従って桜山方面に向かいます。

181116011

 分岐点から少し進むと山の神の苔むした石祠が見えてきました。(相変わらず酒瓶?が転がっています…)

181116012

 山の神を通過すると樹林帯の緩やかな登山道が続きます。

181116013

 山の神の分岐点から10分程で林道に下るとさらに進んで雲尾集落に向かいます。(山の神辺りからはピッチが上がりました…)

181116014

 登山口から2時間程で雲尾の集落に着きました。(雲尾集落で見かけた観光リンゴ園は廃園になっていました…)

181116015

 さらに進んで登山口から2時間半ほどで桜山公園の第1駐車場に到着しました。

181116016

 駐車場のベンチで一休みしてから日本庭園に上がってみましたが、期待していた通りに池の周辺は見事に色付いていました。

181116017

 紅葉の最盛期には少し遅かった感じでしたがまだまだ十分に楽しめる色合いでした。

181116018

 日本庭園の西寄りに先月登った御荷鉾山が見えました。

181116019

 綺麗な景色を探しながら進んでいくと冬桜の先に山頂が見えてきました。

181116020

 ソメイヨシノに比べると華やぎに欠けますが淡いピンクの花を1ヶ月位楽しめるようです。

181116021

 少し進むと鮮やかな紅葉の中で冬桜が沢山咲いていました。

181116022

 桜山の西側斜面では鮮やかな紅葉と今が見頃の冬桜が共演していました。

181116023

 斜面の少し下の方では冬桜が群生していましたが、これだけ沢山咲いていると春の桜と同じような感じがします。

181116024

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 二ッ岳・水沢山(18.11.02 その2) | トップページ | 冬桜の桜山(18.11.16 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬桜の桜山(18.11.16 その1):

« 二ッ岳・水沢山(18.11.02 その2) | トップページ | 冬桜の桜山(18.11.16 その2) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック