« 西上州 御荷鉾山(18.10.22 その2) | トップページ | 二ッ岳・水沢山(18.11.02 その2) »

2018年11月 3日 (土)

二ッ岳・水沢山(18.11.02 その1)


※スライドショーはInternet Explorerでご覧ください…

① 2018年11月2日(金)天候:晴れ後時々曇り
② 二ッ岳(雌岳):1306m、水沢山:1194.4m
③ コースタイム(山行時間:7時間25分)
 水沢寺駐車場(07:05)===お休み石(07:50)===石仏の尾根(08:40)===水沢山(08:55~09:05)===上野原林道(09:30)===オンマ谷分岐(10:00)===雌岳(10:45~10:55)===避難小屋(11:05~11:30)===オンマ谷分岐(11:50)===上野原林道(12:15)===水沢山(12:55)===石仏の尾根(13:10)===お休み石(13:45)===水沢寺駐車場(14:30)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:10.460km、累積標高差:±1158m)
181102001

 季節の変わり目で風邪を引いたこともあり10日ぶりの山歩きになりましたが、榛名山の水沢山に挑戦することにし、トレーニングを兼ねて二ッ岳まで足を延ばすことにしました。

 二ッ岳に登るのは前回から10年ぶりになりますが、トレーニング不足に加えて病み上がりなこともあり、雌岳に到着した時点で雄岳に行くかどうか判断することにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる水沢観音の駐車場(マップコード:94 818 326)までは約20kmで30分程…、午前6時過ぎに自宅を出発すると県道25号線~153号線~15号線と走って伊香保温泉方面に向かいます。

 水沢うどんの店舗街を通過すると水沢観音の大きな駐車場がありますが、ハイカーの車が停まっている北側の林道手前に車を停めて準備を始めました。(水沢観音側に公衆トイレがあります…)

181102002

 準備を終えると歩き始めますが林道を10分程歩くと登山口に到着します。(ここで着衣の調整をしました…)

181102003

 登山口から紅葉した登山道を登って水沢山に向かいます。

181102004

 駐車場から50分程でお休み石となりました。

181102005

 お休み石周辺ではモミジが色付いており、朝陽が当たって見事なものでした。

181102006

 お休み石を通過すると急こう配の登山道が始まりますが、久々の急登区間でもあり時々一息入れながら登りました。

181102007

 登山道周辺では黄色く色付いた樹林帯が続きますが、所どころで綺麗に色付いたモミジを見かけました。

181102008

 駐車場から1時間40分程で石仏の尾根に着きました。

181102009

 右側の石仏は6年前に祀られましたが、周囲の石仏と違和感がなくなりました。

181102010

 赤城山のすぐ左側に皇海山が見えますが、日光白根山は雲に覆われていました。

181102011

 南東側の首都圏方面は白く霞んでおり、スカイツリーは確認できませんでした。

181102012

 石仏の尾根から少し進むと水沢山の山頂が見えてきます。

181102013

 山頂東肩に上がると二つの石祠が祀られています。

181102014

 振り返ると石仏の尾根と赤城山が見えますが、山頂周辺の紅葉は終わっていました。

181102015

 山頂直下で見かけたリンドウは最終盤の花と思いました。

181102016

 駐車場から1時間50分程で山頂に到着しましたが周辺では10人程のハイカーが休憩中でした。(それにしても時間が掛かりすぎです…

181102017

 山頂南側には先日登った御荷鉾山や奥秩父の山々が見えていました。

181102018

 真っ白な富士山の手前に両神山が見えています。

181102019

 南西方向の妙義山の先に南アルプスや八ヶ岳が見えていました。

181102020

 標高ランキング2位・3位の北岳・間ノ岳は冠雪していましたが、甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳に雪が見えません。

181102021

 北側の小野子山の先が谷川連峰、子持山の先が武尊山ですが、何れも雪雲に覆われていました。

181102022

 周囲の景色を一通り眺めると山頂西側に進みますが、少し下るとこれから向かう二ッ岳が見えてきます。(中央左側が雌岳、右側が雄岳です…)

181102023

 岩場混じりの登山道を下ると緩やかな登山道が暫らく続きます。

181102024

 水沢山から25分程で上野原林道を横切りました。

181102025

 所どころの標識に従って二ッ岳方面に向かいます。

181102026

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 西上州 御荷鉾山(18.10.22 その2) | トップページ | 二ッ岳・水沢山(18.11.02 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

その石仏~懐かしいです。

長い間、登山をされて充実した日々いいですね。
これからも、どうぞ山を楽しんでくださいませ。

ゆず茶 さん>お久しぶりです…
初めて水沢山に登った頃は欠けた石仏でしたが、6年程前に新しい石仏に
作り直された時は、古い石仏とは印象が違って大分違和感がありました。
現在は写真のように古びた感じになって雰囲気が出てきたように思います。
近場で日帰りできるような山は一通り登ったため、現在ではマンネリ化した
感もありますが、体力維持のために始めた山歩きですし、山で撮る写真も
好きなので、これからも続けて行きたいと思っています。
また、時々寄ってみて下さい。有難うございました…♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二ッ岳・水沢山(18.11.02 その1):

« 西上州 御荷鉾山(18.10.22 その2) | トップページ | 二ッ岳・水沢山(18.11.02 その2) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック