« 佐久 茂来山(18.09.28 その1) | トップページ | 西上州 御荷鉾山(18.10.22 その1) »

2018年9月29日 (土)

佐久 茂来山(18.09.28 その2)

その1)から続く…

 稜線に向かって急登個所が続きますが、久しぶりの山歩きで身体が重く感じます。

180928024

 稜線に近づくと一般的なヤマトリカブトが咲いていました。(こちらも最終盤でした…)

180928025

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 こぶ太郎から70分程で槙沢コースの分岐点に上がりました。

180928026

 分岐点からは稜線を歩いて山頂に向かいます。

180928027

 稜線の途中にハナイカリが咲いていました。

180928028

 樹林帯の間に赤く色付いた枝先が見えました。(もう直ぐ紅葉の季節です…)

180928029

 山頂の一角でアキノキリンソウを見かけました。

180928031

 駐車場から2時間20分程で茂来山の山頂に到着しました。(石祠の左横に皇太子殿下の登頂記念碑が立っています…)

180928030

 好天の日なら北西側に北アルプスの山並みが見えますが、今回は雲が多くて佐久平の色付いた稲田が見えるだけでした。

180928032

 北側の浅間連峰も雲の中でした。

180928033

 北東側に荒船山など西上州の山々が見え、その先に榛名山塊の山並みが見えました。

180928034

 榛名山の右側に霞んだ赤城山が見えますが、日光方面の山々は霞んで見えません。

180928035

 東側にはギザギザピークの両神山が見えました。

180928036

 南東側に影絵のような金峰山と瑞牆山が見えました。

180928037

 瑞牆山の右手前の山並みは天狗山と男山ですが、その間に見えるのが2年前に登った高戸谷山のようです。

180928038

 南側に見える甲信国境の稜線は高戸谷山と一緒に歩いた横尾山です。

1809280381

 南西寄りが南アルプスの山並みで真ん中に間ノ岳と北岳が見えました。 

180928039

 南八ヶ岳の山並みは最後まで雲に覆われていました。

180928040

 山頂で昼食タイムを取ると往路を戻って下山します。

1809280401

 帰りは30分程で大王トチノキに下りました。(往路は45分…)

180928041

 大王トチノキからさらに下ってこぶ太郎に向かいます。

180928042

 山頂から50分程でこぶ太郎まで下りました。

1809280431

 こぶ太郎を通過するとさらに下って駐車場に向かいます。

180928044

 こぶ太郎から登山口が20分程、さらに15分程下って駐車場に戻ると、総行程4時間25分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で西下仁田温泉 荒船の湯(入湯料:600円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 紅葉前で平日だったこともあり途中で行き会ったのは女性のソロハイカーだけでしたが、駐車場にはキノコ採りらしい地元の車が停まっていました。

 前回から7年ぶりに霧久保沢コースを登りましたが、夏場の台風や秋の長雨で登山道が荒れ気味でしたが、整備されたショートカットコースは歩き易くて良いと思いました。

 長野100名山の茂来山は今回で3回目、いずれも初秋~晩秋に歩いているため、次回は残雪のシーズンか、新緑の頃に歩いて見たいと思っています。

« 佐久 茂来山(18.09.28 その1) | トップページ | 西上州 御荷鉾山(18.10.22 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐久 茂来山(18.09.28 その2):

« 佐久 茂来山(18.09.28 その1) | トップページ | 西上州 御荷鉾山(18.10.22 その1) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック