« 黒斑山・蛇骨岳(18.08.18 その1) | トップページ | 戦場ヶ原・湯ノ湖(18.09.06 その1) »

2018年8月19日 (日)

黒斑山・蛇骨岳(18.08.18 その2)

その1)から続く…

 中コースの分岐点から10分程登り返してトーミの頭に上がりました。

180818028

 北東側には第1外輪山の稜線が続きます。

180818029

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 虎ノ尾の岩稜の先に谷川連峰の山々が並び、右端には谷川岳が見えていました。

180818030

 一通り景色を眺めると左上に見える黒斑山に向かいます。

180818031

 登山道に戻るとガレ場混じりの急斜面を登ります。

180818032

 駐車場から2時間10分で黒斑山の山頂に到着しました。(周辺では10人程のハイカーが休憩中でした…)

180818033

 この日は快晴で湿度も低かったため周辺には見事な展望が広がっていました。

180818034

 南東方向には至仏山~燧ヶ岳~上州武尊山が見えました。(至仏山の左手前に吾妻耶山が見えています…)

180818035

 浅間山の左奥に日光白根山~女峰山~男体山~皇海山~袈裟丸山が見えました。(手前に小野子山、子持山、浅間隠山が見えています…)

180818036

 浅間山の右奥には妙義山塊と西上州の山々が並びます。

180818037

 南東方向に両神山や雲取山が見えており、右手前に荒船山周辺の山々が見えました。

180818038

 山頂で一通り景色を眺めると先に進んで蛇骨岳に向かいます。(調子は良くありませんが蛇骨岳まで行くことにしました…)

180818039

 花を撮りながら15分程進んで歩いてきた稜線を振り返りました。

180818040

 さらに進むと仙人岳に向かう稜線に20数人のハイカーが見えました。

180818041

 黒斑山から30分程で蛇骨岳に到着しました。

180818042

 岩稜に上がって北西側を眺めると唐松岳~白馬鑓ヶ岳~杓子岳~白馬岳~小蓮華山が見えていました。

1808180421

 四阿山の左奥に高妻山~黒姫山~焼山~火打山~妙高山が見えました。

180818043

 北側には笠ヶ岳~焼額山~横手山~岩菅山~烏帽子岳が見えました。

180818044

 東側にはJバンドに向かう稜線が続きますが今回は蛇骨岳で引き返しました。

180818045

 この日は最後まで富士山が見えていました。(富士山の手前は金峰山と瑞牆山…)

180818046

 トーミの頭の絶壁状の岩峰に数人のハイカーが見え、その先の八ヶ岳に赤岳~横岳~硫黄岳~天狗岳が見えました。

180818047

 蛇骨岳で40分程の昼食休憩を取ると往路を戻って下山を始めます。

180818048

 途中で見かけた花々-Ⅰ ①シラタマノキ(実)、②マツムシソウ、③ハナイカリ、④リンドウになります。

180818049

 途中で見かけた花々-Ⅱ ①ヤマハハコ、②アキノキリンソウ、③クロマメノキ(実)、④ミヤマコゴメグサになります。

180818050

 途中で見かけた花々-Ⅲ ①コケモモ(実)、②イワインチン、③ウメバチソウ、④シャジクソウになります。

180818051

 途中で見かけた花々-Ⅳ ①ミヤマヒゴタイ、②ノアザミ、③ミヤマゼンコ、④オトギリソウになります。

180818052

 途中で見かけた花々-Ⅴ ①ミヤマコウゾリナ、②ツリガネニンジン、③ヤナギラン、④ハクサンフウロになります。

180818053

 帰りは蛇骨岳~黒斑山までが35分、黒斑山からは中コースを下って90分弱で車坂峠の駐車場に戻ると、総行程5時間30分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰る前に高峰高原ホテル(入湯料:800円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけた人たちは全部で120~30人…、登りやすい人気の山と言うことに加えて、現在は火口周辺規制で前掛山には登れないため、その分のハイカーが増えているように思いました。

 大変な酷暑が続く夏山シーズンですが、この日、車坂峠に到着した時の外気温は6℃と薄いジャケットを着込むような気温で、今年の
夏山シーズンの到来が早まった分、今度は秋の到来や寒くなるのが早まるような気がしています。

 浅間の黒斑山に登るのは通算で8回目、夏山が2回、秋山が1回、冬山が5回と言うことにな
りましたが、次回の山行はカラマツの黄葉の頃と言うことになりそうです。

« 黒斑山・蛇骨岳(18.08.18 その1) | トップページ | 戦場ヶ原・湯ノ湖(18.09.06 その1) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、展望に恵まれた山行でしたね。うらやましいくらいです。この山域では、トーミの頭から見る浅間山と外輪山の景観が、一番いいですね。山行がしばらくないと、調子が戻るまでかなり時間がかかること、よく理解できます。
 そういう時は、ケガもしやすいので、今回何もなくよかったです。
 山はどこも秋の気配が漂ってきました。19日に、浅間隠山と鼻曲山を歩いて来たのですが、空気が澄んでいて、上越国境や両毛国境がクッキリと見えて、今までで一番の展望でした。ひまじんさんのレポ見ては稜線上のピークの勉強をしているのですが、自分が歩いた山しか分からないので、なかなか向上しないのが悩みです。それでも、1つ1つ歩いたピークが増えているので、点同士ががつながって線になってきたところがでてきました。富士山の手前にある、多野や秩父の山なみは、今後の課題です。
 レポ、ありがとうございました。

suro-nin さん>こんばんは…
今年の夏山シーズンは途中でガスが湧くことが多かったように思いますが、
この日は晩秋のような感じで帰る時まで槍・穂が見えていました。
体調の方は普段から山歩きに備えた運動をしていれば良いのですが、
さぼってばかりでいつもぶっつけ本番なので、身体の調子が出るまで
時間がかかりますね…(^^;
山座同定についてはカシミール3Dのカシバードを使って調べていますが、
何回か同じような景色を見ていると少しづつ山名を覚えてくるようです。
なお、カシミール3Dですが山旅倶楽部と1年毎にライセンス契約しないと
カシバードが使えないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/67073019

この記事へのトラックバック一覧です: 黒斑山・蛇骨岳(18.08.18 その2):

« 黒斑山・蛇骨岳(18.08.18 その1) | トップページ | 戦場ヶ原・湯ノ湖(18.09.06 その1) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック