« 上信国境 四阿山(18.07.23 その2) | トップページ | 北八ッ 天狗岳(18.08.03 その1) »

2018年7月24日 (火)

上信国境 四阿山(18.07.23 その3)

その2)から続く…

 10分程急登すると展望が開けますが、浅間山にガスが掛かり始めました。

180723026

 稜線を良く見ると東・西篭ノ登山の先に富士山が霞んで見えていました。

180723027

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 展望ヶ所辺りからハナニガナが多くなりました。

1807230271

 シロバナハナニガナも咲いていました。

1807230272

 嬬恋清水から約25分で菅平の登山道に合流でした。(少し手前に四阿高原の分岐点…)

180723028

 階段脇で咲き始めのミヤマコウゾリナを見かけました。

1807230281

 さらに登るとミヤマホツツジが咲いていました。

1807230282

 こちらはエゾシオガマのようですが…?

1807230283

 階段登りが終わって少し登ると信州側の山屋神社(西宮)を通過します。

180723029

 さらに進むと山頂標識の立っている上州側の山屋神社(東宮)に到着しました。(古びた社殿が建替えられていました…)

180723030

 山頂に到着した頃から周辺にガスが流れ始めており、ガスが晴れるのを待ちながら昼食タイムとしました。

180723031

 しばらくするとガスが切れて富士山の左手前に金峰山が見えてきました。

180723032

 浅間山の左奥に妙義山塊と西上州の山々が見えました。

180723033

 さらに待っていると根子岳との鞍部=大隙間に陽が射していました。

180723034

 稜線東側の2333P(三角点ピーク)も一瞬見えました。

180723035

 北西側から流れるガスは消えそうになく、展望を諦めると往路を戻って下り始めます。

180723036

 下る途中で嬬恋清水に寄りましたが流れ出る湧水は冷たく快いものでした。(空梅雨で水量が少ない感じです…)

180723037

 さらに下って2142Pから山頂に別れを告げました。

180723038

 往路で眺めた時は雲に覆われていた日光方面の山々ですが、帰る時は日光白根山~男体山~皇海山が見えていました。

180723039

 さらに下って2144Pを通過すると間もなく2040JCPが見えました。(的岩コースから下るも考えましたが、周囲が樹林帯で展望がないため往路を戻ることにしました…)

180723040

 帰りは山頂から約90分で2040JCP、さらに約75分で林道終点駐車場に下ると、総行程6時間45分で今回の山歩きを終了しました。(的岩の様子は9年前のレポをご覧下さい…)

 車に戻って道具を片付けると、帰る途中で嬬恋高原温泉つつじの湯(入湯料:600円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きの途中で行き会った登山者は菅平側からのソロハイカーだけで、駐車場に停まっていた車の持ち主とは行き会うことはありませんでした。(月曜日と言うこともあったのか意外に少ないと思いました…)

 直ぐ隣りの根子岳は花の百名山として知られていますが、四阿山の登山道で見かけた花の数は予想以上に多く、今回のレポートは花々を中心に編集してみました。

 今回の四阿山は通算で5回目となり、残雪期、春・夏・秋の各シーズンに歩いたこと
になりましたが、次回こそはレンゲツツジが見頃の時期に中四阿経由のコースを歩いてみたいと思っています。

« 上信国境 四阿山(18.07.23 その2) | トップページ | 北八ッ 天狗岳(18.08.03 その1) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
デジブックでは素晴らしい展望を満喫させてもらいました。
ブログでは、花をメインにって感じで編集ということでたっぷり堪能させてもらいました。
四阿山はしばらく歩いてないんでまた歩きたいと思いました。

平日だから登山者が少なかったんでしょうか?それとも連日の暑さのせいでしょうか?
今日はちょっと落ち着いてますが連日の猛暑はまいりますね。
早く北海道へ脱出したいです。

kyou さん>こんばんは…
朝の内は好展望を予想しましたが、山頂に着く頃にはガスが流れて
いました…(*_*;
稜線では北西側からの強風が吹いていましたが、翌日になってこの風がフェーン現象になって、
熊谷の気温を上げたんだぁ~と思いました。
今回はコース沿いの花々が予想以上に多く、景色が今一つだったので花をメインに
編集してみました。
登山道では新しい踏み跡を沢山見かけましたし土・日のハイカーが多かったように思いました。
このところの週間予報では曇り勝ちの日が多いようですが、8月以降も気温の高い日が
続くようですし、涼しい所に逃げ出したいですよね…(^^;
北海道も平野部は結構暑いですし早めに山に逃げるのが良いですよ…good

こんにちわ!
昨日、今日と朝は高原に居るような涼しさですが、台風も接近してますし、まだまだ暑い日が続きそうですね。
それにしても、ひまじんさんは毎週のように、山歩きされて、お元気ですね。
たくさんの美しい花を堪能させて頂きました。
私達は、4年前の11月に、菅平牧場から霜柱を踏みしめながらの登山だったので、花はほとんと見られませんでした。

四阿山から下って、見上げた根子岳の美しさに、改めて元気がでたことを思い出しました。
暑いけど、花の多い夏は、山を一段と楽しめますね。
ひまじんさんのお陰で、四阿山を4年ぶりに堪能させて頂きました。
猛暑に負けずに山旅を楽しんで下さい。

田口 さん>こんにちは…
暫らく異常な暑さが続いていたので、この涼しさは助かると思いました。
山歩きの方は月4回を目標にしていますが、天気が悪かったり町内会の仕事があったりで、
今年は月3回位のペースになってしまうようです。
この四阿山には東西南北に登山口がありますが、景色を楽しめるのが西と南の登山口で、
北アルプスを楽しむなら菅平が一番と思います。
今年はツツジの頃に菅平から登る予定でしたが、結局、出かけることが出来ず、
今の時期に鳥居峠コースから歩くことにしました。
田口さんの言われる根子岳は、多分、大隙間の鞍部からの景色と思いますが、
急下降してきた樹林帯を抜けて目の前に根子岳が見えた時は、
思わずわぉ~と言うことになるんだと思います…shine
まだまだ暑い日が続きますが田口さんも良い山旅を楽しんで下さい…。

こんばんは~
この時期はお花が見られてイイですねぇ~❀
シュロソウは初めて見る花です(゚m゚*)!
ひまじんさんのレポを拝見して得した気分ですぅ♪
山頂からの展望もイイ感じですねfuji
富士山・浅間山とゴジラの背中の妙義山がバッチリlovely
イイ眺めだわぁ~


tuba姐 さん>おはようございます
すぐ北側の根子岳が花の百名山ですし花が多い山なのかも知れません
それに秋口に見られる花が咲き始めているので、夏の花と一緒になって花の数が
多くなったように思います。
シュロソウは浅間の池の平湿原で咲いていましたし、三ッ峠山や車山などで見られる
そうですが、少し地味な花なので写真が少ないのかも知れませんね。
山頂に着いた時はガスが流れていたのは残念ですが、途中で槍・穂が見えましたし
富士山も見えたので、まぁ~まぁ~の展望だったと思っています。
早い所、炎暑が収まって少し涼しくなると良いんですがね~coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66981028

この記事へのトラックバック一覧です: 上信国境 四阿山(18.07.23 その3):

« 上信国境 四阿山(18.07.23 その2) | トップページ | 北八ッ 天狗岳(18.08.03 その1) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック