« 乗鞍岳(18.07.14 その1) | トップページ | 上信国境 四阿山(18.07.23 その1) »

2018年7月15日 (日)

乗鞍岳(18.07.14 その2)

その1)から続く…

 少し登って標高が上がると大黒岳のすぐ先に焼岳が見えてきました。

180714026

 南アルプスの最高峰・北岳の左奥に富士山の山頂が見えてきました。

180714027

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 西側には白山の山並みが見えました。(富士見岳で見えた時は撮り逃しました…)

180714028

 肩ノ小屋から45分程で蚕玉岳を通過します。

180714029

 ここまで登れば剣ヶ峰はもう間もなくですが、往路は左稜線の頂上小屋を経由します。

180714030

 少し登って剣ヶ峰を見上げると山頂直下は歩き難そうなゴーロが続いています。

180714031

 さらに登っていくと頂上小屋前のベンチで3人のハイカーが休憩中でした。

180714032

 畳平から2時間弱で剣ヶ峰のピークに到着です。(山頂はハイカーで賑やかでした…)

180714033

 南側の大日岳(奥の院)の左奥に御岳山が見えました。

180714034

 白山の右手前に高山の街並みが見えてました。

180714035

 山頂北側に回ると見事な大展望が広がりました。

180714036

 黒部五郎と笠ヶ岳の先に薬師岳が見えました。

180714037

 焼岳の左奥に剱岳~立山~水晶岳~鷲羽岳が並び、焼岳の先に野口五郎岳~旭岳~針ノ木岳~白馬岳~白馬鑓ヶ岳が見えました。

180714038

 前穂の右奥に東大天井岳~横通岳~常念岳~蝶槍~蝶ヶ岳が見えました。(右手前の稜線は霞沢岳…)

180714039

 北東方向には裏岩菅山~横手山~四阿山が見えていました。

180714040

 剣ヶ峰で一通り景色を楽しむと下山を始めます。

180714041

 下る途中の蚕玉岳で昼食タイムを取るとさらに下って肩ノ小屋に向かいます。(行き会うハイカーが増えました…)

180714045

 蚕玉岳から30分程で肩ノ小屋を通過します。

180714046

 摩利支天岳を回り込むと富士見岳が見えますが帰りはジャリ道を歩いて綺麗な花を探しました。

180714047

 さらに下って富士見岳を回り込むと畳平のバスターミナルが見えました。(左下に見える登山道は通行止めです…)

180714048

 畳平への戻りが予定より少し早かったためお花畑を一回りしてみました。

180714049

 途中で見かけた花々-Ⅰ ①コマクサ、②ミヤマダイコンソウ、③ハクサンイチゲ、④イワツメクサになります。

180714042

 途中で見かけた花々-Ⅱ ①ヨツバシオガマ、②ウサギギク、③コバイケイソウ、④イワギキョウになります。

180714043

 途中で見かけた花々-Ⅲ ①アオノツガザクラ、②クロユリ、③チングルマ、④ミヤマキンポウゲになります。

180714044

 ユックリ歩いて山行時間4時間半程でバスターミナルに戻ると、12時5分発のシャトルバスに乗り込み、13時過ぎに乗鞍観光センターに戻ると、総行程6時間55分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前に湯けむり館(入湯料720円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで行き会った人たちは観光客を含めて100人単位になりますが、関西方面からも近いこともあり行き交うハイカーに関西弁が混じっていました。

 手持ちのガイドブックでは家族向きと紹介されている乗鞍岳ですが、肩ノ小屋から剣ヶ峰までの登山道は岩ゴロのガレた箇所も多く、それ程簡単に登らせてくれるようなコースではなさそうに思いました。

 今回の乗鞍岳は剣ヶ峰往復とお花畑散策をメインに歩いてみましたが、次に歩く機会がある時は紅葉の頃に位ヶ原山荘辺りまで下ってみたいと思っています。

« 乗鞍岳(18.07.14 その1) | トップページ | 上信国境 四阿山(18.07.23 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

今年は梅雨明けが早く猛暑続きで参っていますι(´Д`υ)アセアセ
乗鞍岳、さすがに空気が違う感じです!!
この時期は高山植物も咲き誇り、ひまじんさんのいらっしゃった日は遠くまで眺望もよく素晴らしい山行でしたね(◎´∀`)ノ
北アルプスの山々、劔までみえるんですね@@
私は初秋だったのでお花もあまり咲いてなく、紅葉は色づき始めで端境期でした。
大黒岳付近で雷鳥のなく声がハイマツから聞こえたのですが姿は見えずでしたcoldsweats01
コマクサやクロユリ、イワギキョウ咲いていたのですね♪
羨ましいです!
湯けむり館は泉質がいいですね。
ただ昔の建物のほうが趣があったような気がしますが…coldsweats01
乗鞍岳は今の季節か紅葉に染まる季節にまた登りたい山ですsign01

らるご さん>こんにちは…
全く今年の夏は異常な暑さですよね~bearing
これで東京オリンピックは大丈夫か?と心配しています。
この日は午前9時位まではガスが上がらず、北アルプスを始めとして周囲の綺麗な
景色を楽しめました。
運の良い人は一日で2回位雷鳥が見ることが出来るそうですが、今回は声すらも
聞こえませんでした…coldsweats01
コマクサは盛りを少し過ぎた感じがしましたし、クロユリは最終盤で写真になる花は
数える程で、今年は7月第1週位が一番良かったように思いました。
湯けむり館は綺麗でしたが、温泉はぬるめの方が好きなので、ゆっくり浸かれないのが少し残念でした。
簡単に登れる3000m級の山ですし好天を狙って再挑戦して下さい。

ひまじんさん❗こんにちわ✨
鳥帽子岳で、ひまじんさんに教えて頂いたように、15日早朝3時20分から、常念岳日帰りに挑戦して来ました☀️
日の出から常念岳のモルゲンロートを見ながら、ニッコウキスゲとコバイケイソウのお花畑を写真に納め、暑さと戦いながら、ようやくたどり着いた常念乗越は、息を飲むほどの大感動でした👀‼️🎶
そこからの常念岳は石・石・石で、二度目は無いなと思うほど辛かったです😅
でも、頂上の大パノラマは最高でした🙆
ひまじんさんに教わった花々もたくさん咲いていましたよ🙋
暑さと人の多さと疲労で、下山は15時45分でした☺️

乗鞍は、昨年の秋に行きましたが、やっぱり晴天に恵まれ、素晴らしい景色を堪能してきたので、ひまじんさんの気持ちが良く解ります👌
やっぱり山はお天気次第ですね☀️

田口 さん>おはようございます…♪
苦しい急登個所を登って稜線に到着し、目の前に槍・穂の稜線が
広がった時は、さぞや感激ひとしおだったと思います…shine
今の季節は早朝の涼しい間に歩き始め、気温が上がる頃には稜線に
上がっているのが良いと思いますが、標高差のあるコースなどの場合は
小屋泊まりなども検討し、夕焼け・朝焼けの景色を楽しむのも良いと思います。
乗鞍は畳平まで行ったことはありますが、剣ヶ峰には登っていなかったため、
好天を狙って登ってみました。
周囲360度の大展望は素晴らしく、コマクサやクロユリも見られましたし、
思い出に残る山行になったと思っています…good

こんばんは~
いいなぁー乗鞍岳。
トライしたいと思いつつまだ登ったことがありませんcoldsweats02
山頂の雲海の向こうに見える山々。
そんな景色を眺めてみたいものですぅーlovely
そして、高山植物もね🌼
青空とcloudと残雪、素晴らしいロケーションですねぇ~shine

tuba姐 さん>おはようございます
乗鞍岳は3000m級の山では一番簡単に楽しめますよね~♪
山頂からは見事な景色が楽しめましたし、高山植物も楽しめて良かったです…shine
自分もいつでも行けると思っていたのですが、あまりにも暑い日が続いていたので
思い切って出かけてみました。
帰りに肩ノ小屋から中腹の位ヶ原山荘に下るコースがありますし、ナナカマドの紅葉が
素晴らしいと言うことなので、紅葉時期の山歩きも良さそうですよ…maple
新潟からの日帰りは大変でしょうが、焼岳とか上高地とかと一緒に楽しむのが
良いのかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66943160

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍岳(18.07.14 その2):

« 乗鞍岳(18.07.14 その1) | トップページ | 上信国境 四阿山(18.07.23 その1) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック