« 桐生 鳴神山(18.05.06 その1) | トップページ | 北信 高社山(18.05.11 その1) »

2018年5月 7日 (月)

桐生 鳴神山(18.05.06 その2)

その1)から続く…

 北東寄りに日光連山(太郎山~男体山~女峰山)が見えました。

180506026

 東南東寄りに昨年春先に登った三峰山や唐松山などが霞んでいます。

180506027

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 さらに右側に多高山が見え、その先に晃石山が霞みます。(よく見ると晃石山の左奥に筑波山が白く霞んでいるのですが…)

1805060271

南々東側に仙人ヶ岳が見え、その右奥に行道山、左奥に大小山が霞んでいます。

180506028

 山頂で昼食タイムを取っていると、南西方向に高崎市役所のビルが見え、その左奥に南八ヶ岳の白い山々が霞んでいました。

180506029

 昼食休憩を終えると山頂から下って椚田峠に向かいます。

180506030

 山頂から少し下ると白いヒメイワカガミが咲いていました。

180506031

 さらに進むと沢山の山ツツジが咲いています。

180506032

 桐生嶽の西側に仁田山岳の山頂があり、すぐ横に鳴神山神社の石祠がありました。

180506033

 仁田山岳の先に展望台があり見事な眺望が広がりました。

180506034

 展望台からは赤城山(荒山~地蔵岳~長七郎山~黒檜山)が良く見えました。

180506035

 赤城山の右奥には谷川連峰の仙ノ倉山~万太郎山辺りが見えました。

180506036

 展望台で一通り景色を眺めると先に進みます。(アカヤシオの幹にテープを巻いて鹿の食害から保護しているようです…)

180506037

 登山道を少し下ると第二展望台がありました。(前回は通過?…)

180506038

 さらに下っていくと所どころで山ツツジが咲いていました。

180506039

 山頂から25分程で椚田峠に下りました。

180506040

 椚田峠の標識に従って右手に下るとカッコソウの保護地が見えてきます。

180506041

 保護ボランティアの方が今年は花の数が少ないと話していました。(遊歩道からアップで撮れる花は数える程でした…)

180506042

 こちらのカッコソウが一番綺麗な花と思いました。

180506043

 カッコウソウの花を見終えると椚田峠に戻って赤柴登山口に向かいます。

180506044

 椚田峠から10分程下ると緩やかな登山道になりました。

180506045

 下る途中で大きな山ツツジが咲いていました。

180506046

 さらに下るとスギの植林帯を通過します。

180506047

 椚田峠から20分程で赤柴からの林道が見えました。

180506048

 さらに林道を下って赤柴登山口に向かいます。

180506049

 椚田峠から30分程下って赤柴登山口、さらに30分程林道を下って駒形登山口の駐車場に戻ると、総行程3時間50分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中でみどり市の温泉施設かたくりの湯(入湯料500円、シニア300円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅しました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で3~40人ほどで、GWの最終日でカッコソウの見頃の時期と言うこともあり、駒形登山口近くには沢山の車が路上駐車していました。

 前々から名前だけは知っていたカッコソウを初めて訪ねてみましたが、春先の気温上昇の関係で花芽を付けるカッコソウが少なくなったのか、ネットで見た華やかな写真とは違う少し寂しい感じの自生地になっていました。

 次回、この鳴神山を訪ねる時は事前にネット情報をよく調べ、ドンピシャのタイミングでアカヤシオ見物を楽しみたいと思っています。

« 桐生 鳴神山(18.05.06 その1) | トップページ | 北信 高社山(18.05.11 その1) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

ひまじんさん、カッコソウに会えて何よりです♪
私が登ったのは4月19日でしたので、まだ咲いてなかったです。
今年はお花が早いみたいで、もう19日でアカヤシオは終盤と聞いていたので、もしやカッコソウが咲いてないか期待したのですが椚田峠から来た方がまったく咲いてなかったと情報をくださいました。

この時期、アカヤシオに代わって赤い山ツツジや白いヒメイワカガミが素晴らしいです!
二か所の展望台からの景色もすっきり見えていいですねshine
鳴神山は花もよいけれど、新緑が素敵でいつも感動ですclover
お花の時期、休日はちょっと登山者多めで狭い山頂ギューギューですが平日はわりとゆっくり登れていいですねscissors

らるご さん>こんにちは…
今年はアカヤシオの鳴神山に行く予定でしたが、気が付いた時は花が終わって
しまい、代わりにカッコソウを見に行くことにしました。
ただ、保護地で案内してくれた人が今年は花が少ないと話していましたね。
ヒメイワカガミは山頂のすぐ下のところで写真を撮ったものですが、こちらも
鳴神山が観察地として知られているようです。
目に青葉…とか言いますが、新緑が鮮やかな山は気持ちよく歩けますし、
登山道の周辺で色んな花々が見られるのでいいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66691218

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生 鳴神山(18.05.06 その2):

« 桐生 鳴神山(18.05.06 その1) | トップページ | 北信 高社山(18.05.11 その1) »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック