« 蓼科山(18.04.29 その1) | トップページ | 桐生 鳴神山(18.05.06 その1) »

2018年4月30日 (月)

蓼科山(18.04.29 その2)

その1)から続く…

 将軍平から40分程で蓼科山頂ヒュッテに到着です。(手前で軽アイゼンを外しました…)

180429023

 ヒュッテの横を抜けて進むと山頂標識が見えました。

180429024

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 駐車場から2時間40分程で大展望の広がる蓼科山に到着しました。

180429025

 山頂は記念写真の順番待ちのため西側に見える方位盤に向かいます。

180429026

 山頂方位盤も記念写真の順番待ちで少し待ってから数枚撮らせてもらいました。

180429027

 南々東方向には南八ヶ岳の主峰群が並びます。(横岳~赤岳~阿弥陀岳~権現岳~編笠山~西岳etc…)

180429028

 南側には南アルプスの山々が並びます。(鳳凰三山~北岳~間ノ岳~甲斐駒ヶ岳~仙丈ヶ岳etc…)

180429029

 南西方向には中央アルプスの山々が見えました。(南駒ヶ岳~空木岳~宝剣岳~木曽駒ケ岳~麦草岳etc…)

180429030

 西側山麓に青い白樺湖と車山が見え、その先に御岳山と乗鞍岳が並びます。

180429031

 信州三峰山の先には穂高連峰~槍ヶ岳~常念岳~大天井岳~水晶岳が見えました。

180429032

 美ケ原の先には立山連峰~蓮華岳~剣岳などが見え、さらに右側に鹿島槍~五竜~白馬三山が見えました。

180429033

 一通り写真を撮ると綺麗な景色を眺めて昼食タイムとしました。

180429034

 昼食休憩を終えると蓼科山頂ヒュッテに戻って下山を始めます。

180429035

 東側の双子山の先に西上州の荒船山が見えますがこちらは大分霞んだ眺望でした。 

180429036

 北東寄りに見える浅間山も大分霞んでいました。(ここで軽アイゼンを装着します…)

180429037

 山頂から残雪の急斜面を20分程下ると緩やかな斜面になりました。

180429038

 山頂から30分程で将軍平に下ると蓼科山の山頂に別れを告げました。

180429039

 将軍平からは軽アイゼンを付けたまま往路を下り、樹林帯の凍結箇所を通過した箇所で外しましたが、将軍平から50分程で馬返しに下り、さらに15分程下って駐車場に戻ると、総行程5時間20分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で佐久市の布施温泉(入湯料500円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 ゴールデンウィーク中の蓼科山でもあり見かけたハイカーは100人オーバーで、7合目登山口から登った人たちの他に、南側の女神茶屋登山口からも沢山のハイカーが登ってきていました。

 前日の天気予報では気温が上がると言うことでしたが、山頂からの眺望は春霞も少なく予想以上に見事な景色を眺めることが出来たため、初の蓼科山となった相棒も残雪の北アルプスにとても感動していたようでした。

 諏訪富士とも称される人気の蓼科山も今回で8回目となりますが、次回登るとすれば紅葉の頃に
女神茶屋コースから登りたいと思っています。

« 蓼科山(18.04.29 その1) | トップページ | 桐生 鳴神山(18.05.06 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんにちは

天候にも恵まれ、お孫さんとの良い記念が出来ましたね。
此方では学校で集団登山があり、小学6年生が飯縄山や唐松岳に登ります。
最近は肥満の子が多く、親と一緒に事前練習をしているケースにも出合います。
日頃から運動量の多い子供はタフですね!

岳 さん>こんばんは…
この日は気温が上がるとの天気予報があり、春霞で遠望が難しい…と
思っていましたが、予想に反して景色がよく見えてラッキーでした。
登りやすい蓼科山と言うこともあり、この日も親子連れのハイカーを
何組も見かけました。
一番上の孫はスポーツなどはやっていませんが、疲れた~とか言っても
少し休むと回復するので、意外に強いなぁ~と思います。
長野県の学校登山は昔から有名ですよね…♪

おはようございます

春霞が多いこの頃ですが、すっきりと晴れた良い日に登られて羨ましいです♪
お孫さん、また一段と逞しくなられましたねo(*^▽^*)o
蓼科山から残雪の北アが望めて大展望ですね!!
私が登った時は、北ア方面は霞んでよく見えなかった記憶があります。
山頂手前が岩ゴロゴロの急斜面でしたが、雪に覆われてそちらのほうが楽なのでしょうか?happy01
でも軽アイゼンでも急斜面は怖いのでやはり私は無雪期にまた登ろうかな♪

袈裟丸山のアカヤシオ情報ありがとうございますconfident
調べたら本当にお見事!
小丸山まで来年は行けたらよいのですが(o^-^o)

らるご >こんばんは…
この日は風が弱かった割に春霞も少なく、綺麗な景色を見ることが出来ました。
一番上も今年から中学生なので、初の残雪歩きに連れて行きましたが、軽アイゼンを
付けて歩くのも面白かったようです。
八ヶ岳は歩き難い岩ゴロの登山道が多いのですが、積雪期は岩の隙間が雪で埋まる
ので、とても歩きやすいと思っています。
蓼科山の7合目コースなら急斜面も短い距離ですし、小学生の子供たちも登っている
位なので、歩きやすい残雪期はらるご さんにもお勧めですよ。
今年の袈裟丸山のアカヤシオはGW前から咲き始めたそうで、例年より15~20日程
開花が早く、連休明けにはシロヤシオが咲くような感じのようです。
小丸山まで行かなくても賽の河原や雨量計のピーク辺りにも群生箇所がありますし、
筑波山がOKなら小丸山も大丈夫と思いますが、その日の体調見合いで歩けばよい
と思いますね。
今年は5時頃に駐車場が満杯と言う情報がありますので、現地到着は早めの方が
良いと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66666444

この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科山(18.04.29 その2):

« 蓼科山(18.04.29 その1) | トップページ | 桐生 鳴神山(18.05.06 その1) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック