« 光城山・長峰山(18.04.10 その2) | トップページ | 大持山・武甲山(18.04.20 その2) »

2018年4月21日 (土)

大持山・武甲山(18.04.20 その1)



① 2018年4月20日(金)天候:晴れ
② 大持山:1294m、武甲山:1304m
③ コースタイム(行動時間:7時間35分)
 生川・一の鳥居(06:15)===妻坂峠(07:15)===大持山(08:50)===小持山(09:50~10:00)===シラジクボ(10:40)===武甲山(11:35~12:10)===大杉の広場(12:50)===生川・一の鳥居(13:50)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:11.272km、累積標高差:±1245m)
180420001

 4月3回目の山歩きはネット情報でアカヤシオが見頃を迎えている大持山~小持山を歩くことにし、帰りは体力チェックを兼ねて武甲山を回ってくることにしました。

 大持山~武甲山を歩くのは前回から6年ぶりとなりますが、膝の故障再発以降は距離の長いコースを歩いていないため、途中のシラジクボでエスケープできるよう時計回りで周回することにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる一の鳥居の登山口駐車場(マップコード:150 074 579)までは約65kmで1時間40分程…、現地スタート時間に合わせて自宅を出発すると関越道の上里SAから県道44号線~国道299号線などを走って現地に向かいます。

 途中で国道140号線沿いの道の駅ちちぶでトイレ休憩しましたが、ほぼ予定通りの時間で一の鳥居の駐車場に到着すると、先着の車が4台程停まっていました。

 すぐに車を停めて準備をすると妻坂峠に向かって歩き始めます。

180420002

 駐車場の入口まで戻り林道を少し進むと妻坂峠の標識が立っています。

180420003

 標識に従って10分程進むと林道を横断します。

180420004

 さらに小さな沢沿いの登山道を進んで行きます。

180420005

 林道から10分ほどで小さな沢を渡ると九十九折れの登山道が始まりました。

180420006

 折り返しの登山道を20分程登ると見覚えのある単管パイプの橋を渡ります。

180420007

 駐車場から1時間程で妻坂峠に着きました。

180420008

 妻坂峠からは右手に進み尾根沿いの登山道を登って行きます。

180420009

 急登混じりの登山道を50分程進むと小ピークとなり大持山の稜線が見えました。

180420010

 さらに尾根沿いの登山道をアップダウンしながら先に進みます。

180420011

 妻坂峠から1時間20分程で鳥首峠からの登山道と合わさりました。

180420012

 合流点の東側に伊豆ヶ岳が見えますが春霞がかかって遠望は難しい状況でした。

180420013

 合流点から右手に進み少し登ると大持山の山頂に到着しました。

180420014

 南西側は長沢背稜の七跳山辺りと思いますが定かではありません。

180420015

 山頂の写真を撮ると先に進んで小持山に向かいます。

180420016

 進む途中で狭い岩場の裂け目を通過します。(身体が細い人向けです…)

180420017

 大持山から10分程進むと登山道の周辺でアカヤシオが咲き始めました。

180420018

 さらに進んで傾斜が急な岩場を通過します。(事故があったのでしょうか花を供えた箇所がありました…)

180420019

 数多くはありませんが所どころに綺麗なアカヤシオが咲いていました。

180420020

 展望ヶ所に出ると南西側に酉谷山(天目山)と霞んだ和名倉山が見えました。

180420021

 北西側に霞んだ両神山が見えますが、八ヶ岳は全く見えませんでした。

180420022

 展望ヶ所から少し進むと武甲山が見えてきました。(これまでは樹林帯越しでした…)

180420023

 登山道の所どころで丁度見頃のアカヤシオが咲いています。

180420024

 小ピークを下って最低鞍部を通過すると小持山に向かって登り返します。

180420025

 数多くはありませんが所どころで綺麗なアカヤシオが咲いていました。

180420026

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 光城山・長峰山(18.04.10 その2) | トップページ | 大持山・武甲山(18.04.20 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

大持山~子持山~武甲山と踏破され羨ましい限りです!
私は武甲山だけでも無理そうでまだ挑戦できないでいますwobbly
大持山から子持山はアカヤシオ咲くお花の山だったのですね♪
西上州に比べるとこれでも寂しいのですか?@@
うらやましいアカヤシオですshine
私もアカヤシオ見たさにまた鳴神山に登ってきましたが、今年は早くてもう終盤でした。
でも花数は去年に比べて多かったようです。
このコースはアップダウンも多く体力が要りますが、アカヤシオだけならば大持山~子持山を登りシラジクボから下山できるのでしょうか?
武甲温泉もよさそうですし、もうちょっと体力をつけて訪問したいと思いますconfident

らるご さん>こんばんは…
6年前はミツバツツジとシロヤシオが咲いていましたが、
アカヤシオが咲いているのが分かったのはごく最近のことでした。
西上州の三ツ岩岳では山頂稜線がピンク色に染まりますし、花の当たり年には
花の回廊を歩くような感じになりますよ…shine
シラジクボから一の鳥居に下山するコースがあり総距離は9km程になるようです。
先日の地元の人によると妻坂峠~大持山の間が大変なので、反時計回りの方が
登りやすいと話していましたね。
それから渡良瀬渓谷沿いの袈裟丸山もアカヤシオで有名で、ここなら山頂手前の
小丸山まで往復すれば、十二分にアカヤシオが楽しめるコースです。
総距離は8kmちょっとで岩場歩きもありませんし、軽装のハイキングの人も
いますので、お勧めできるコースと思います。
ただし、早朝に行かないと駐車場所探しが大変になるのが難点です…sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66634473

この記事へのトラックバック一覧です: 大持山・武甲山(18.04.20 その1):

« 光城山・長峰山(18.04.10 その2) | トップページ | 大持山・武甲山(18.04.20 その2) »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック