« 大持山・武甲山(18.04.20 その1) | トップページ | 蓼科山(18.04.29 その1) »

2018年4月21日 (土)

大持山・武甲山(18.04.20 その2)

その1)から続く…

 少し進んで振り返るとアカヤシオが所どころで咲いているのが分かります。

180420027

 前方には見覚えのある岩場が見えてきましたがここは右上に巻いて登ります。

180420028

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 岩場に登って振り返りますが中間のピークの先が大持山がになります。

180420029

 さらに進むと小持山のピークが見えてきました。

180420030

 小持山の稜線に上がると満開のアカヤシオの先に山頂が見えました。

180420031

 大持山から1時間程で小持山に到着しました。

180420032

 先着の人たちによると昨年の同時期には2~3個の花しか咲いていなかったようです。

180420033

 山頂で行き会った人たちと別れると北側に見える武甲山に向かいます。

180420034

 数多くはありませんが山頂周辺にはアカヤシオが幾つか咲いていました。(西上州などでアカヤシオの花回廊を見ていると小持山のアカヤシオも少し寂しい感じは否めません…)

180420035

 山頂北側に延びる登山道は急傾斜の下り坂が続きます。

180420036

 10分程下ると少し緩やかなアップダウンの登山道が続きます。

180420037

 小持山から40分程でシラジクボの分岐点となりますが、当初予定通りに武甲山に向かうことにしました。

180420038

 分岐点を通過すると急傾斜の登山道を登り返します。

180420039

 少し登って小持山を振り返りましたがアカヤシオ見物だけならシラジクボから下山した方が良さそうです。(今回は体力チェックの登山でした…sweat01

180420040

 さらに進んで見覚えのあるバイケイソウの群生地を通過しました。

180420041

 途中で暑さバテしたため予定より少し遅れて裏参道の分岐点を通過しました。

180420042

 分岐点から先に進んで山頂手前の御岳神社に参拝します。

180420043

 御岳神社を通過すると小持山から1時間半ほどで武甲山の山頂に着きました。

180420044

 武甲山からの眺望は予想していた通りで白く霞んで遠望は無理な状況でした。

180420045

 山麓に見える羊山公園の芝桜だけが紅白の色合いが目立っていました。

180420046

 山頂から神社境内に下って30分程の昼食タイムを取ると、表参道コースを下って一の鳥居の駐車場に戻ります。

180420047

 登山道で見かけた花々-Ⅰ 左上から①キケマン、②モミジイチゴ、③ヒトリシズカ、④カタクリとなります。

180420048

 登山道で見かけた花々-Ⅱ 左上から①アセビ、②フデリンドウ、③ニリンソウ、④タチツボスミレとなります。

180420049

 登山道で見かけた花々-Ⅲ 左上から①キジムシロ、②キブシ、③ムラサキケマン、④ヤマブキとなります。

180420050

 山頂から40分で大杉の広場、さらに1時間程下って駐車場に戻ると、総行程7時間35分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で武甲温泉(入湯料700円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きのコースで見かけたハイカーは全部で40人ほどですが、大持山側の登山道で行き会った人たちは10数人程でした。

 ネットの情報通りで小持山の周辺では満開になったアカヤシオが咲いていましたが、花を沢山付けたアカヤシオは数も少なく、西上州などで見慣れたアカヤシオからすると少し物足りない感じがしました。

 今回は体力チェックを兼ねて6年前と同じコースを歩いてみましたが、コースタイムを比較すると確かに体力の低下は感じられるものの、山慣れした分だけあちこちで立ち止まっているようでもあり、少し鍛え直せば今しばらくは山歩きを楽しめそうに思いました。

« 大持山・武甲山(18.04.20 その1) | トップページ | 蓼科山(18.04.29 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ

西上州烏帽子岳付近よりアカヤシオが多く咲いてるようですね。
それに色つやも良さそうです。
大持・小持山は歩いたことがないのでいつか行ってみたいと思います。
中々のロングコースだったようですが、膝は大丈夫だったようで何よりです。
お互い無理せず楽しみながらいつまでも山歩きできるようにありたいですね。

kyou さん>こんばんは…
アカヤシオは良さそうな写真を使っていますので、ブログに使えそうにない
渋い花も沢山ありましたよ…(^^;
今回のコースは岩場歩きも急登個所もありますし、新緑か紅葉の季節に
一度歩いて見てください。(花を楽しむなら大持山・武甲山だけでOKです…)
現在も膝の違和感は残っていますが、再発した時のような痛みがないので
ホッと胸を撫で下ろしています。
もう少し足慣らしをして大清水~燧ヶ岳の日帰り山行ができればなぁ~と
思っています。

ひまじんさん、こんにちは

結構登山者が多いんですね!
アカヤシオの季節ですね、シロヤシオも同様、
一度は見たいですが、此方にはミツバツツジしかありません。
足もまずまず、5月には山菜取りも兼ねて山に入りたいと思います。

岳 さん>こんばんは…
この辺りは首都圏に近くて電車利用のハイカーが多く、鉄道会社も
駅からハイキングのコースを紹介していて、武甲山などはその人気
コースの一つになっています。
アカヤシオもシロヤシオも五葉ツツジの一種のようで、新潟に行くと
五葉系のムラサキヤシオが咲きますが、長野県内ではミツバツツジに
限られるんですかね~
山菜取りは何回か行ったことがありますが、ワラビとタロッペ・ウド位しか
分かりません…(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66634854

この記事へのトラックバック一覧です: 大持山・武甲山(18.04.20 その2):

« 大持山・武甲山(18.04.20 その1) | トップページ | 蓼科山(18.04.29 その1) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック