« 奥秩父 四阿屋山(18.03.02 その1) | トップページ | 山梨 茅ヶ岳(18.03.12 その1) »

2018年3月 3日 (土)

奥秩父 四阿屋山(18.03.02 その2)

その1)から続く…

 道の駅から2時間20分程で四阿屋山の山頂に到着しました。

180302023

 山頂は樹林帯で囲まれており景色が見えるのは北西側だけでした。

1803020231

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 西側に見える両神山には中腹に雪が残っています。

180302024

 北西側には二子山の岩峰が見えています。

180302025

 北東側の木々の間に麓の家並みが見えますが道の駅はもう少し左側になるようでした。

180302026

 風が冷たいこともあり景色を眺めると下山を始めましたが、南西側の木々の間に見えた山並みは和名倉山の稜線でした。

180302027

 帰りはツツジ新道分岐点から左手に下りますが、日陰になった登山道で残雪が凍結していました。(軽アイゼンを使うほどではありません…)

180302028

 落ち葉に隠された凍結箇所を慎重に通過すると鎖の付いた登山道をさらに下ります。

180302029

 山頂から20分程で両神神社奥社を通過します。

180302030

 奥社から下っていくと福寿草園地となりますが自生した福寿草は数える程でした。

180302031

 福寿草園地を通過して下っていくと東側に笠山~堂平山~丸山が見えていました。

180302032

 山頂から45分程で山居広場に下るとロウバイと福寿草が咲いていました。

180302033

 管理された山の斜面に沢山の福寿草が咲いており、広場の周辺では沢山のハイカーが休んでいました。

180302034

 福寿草は見頃を過ぎたようですが綺麗な花も沢山残っていました。

180302035

 開花が早く花びらが落ちて種が見える株もありました。

180302036

 ロウバイの花は色褪せていましたが青空に映える花は見事なものでした。

180302037

 こちらの枝も綺麗な花を付けていました。

180302038

 広場の一角を借りて短い昼食タイムを取ると薬師堂コースに向かって下り始めます。

180302039

 10分程歩いて登山口駐車場を通過すると道標に従って登山道に入ります。

180302040

 10分程下ると花しょうぶ園の分岐点がありますが、今回は右手に進んで薬師堂コースを下ります。

180302041

 緩やかな尾根道をさらに下って道の駅両神温泉薬師の湯に向かいます。

180302042

 山居広場から35分程で道の駅の駐車場に戻ると、総行程4時間20分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る前に両神温泉薬師の湯(入湯料:600円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。(今回は節分草園には寄りませんでした…)

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で4~50人ほど、そのほとんどは山居広場周辺で見かけた人たちで、福寿草園地から山頂側で見かけたのは10数人ほどでした。

 3年前のブログを見ると次回はアカヤシオの時期か紅葉の頃と書いてありましたが、次回こそは紅葉が綺麗な頃に登ってみたいと思っています。

 新・分県登山ガイド(埼玉県)では短時間で四阿屋山を満喫できるコースとして、登山口駐車場~福寿草園地~山頂~ツツジ新道・山居分岐~山居広場~登山口駐車場を紹介していますが、これを変形して鳥居山コースを含めて歩くのも面白いと思いました。

« 奥秩父 四阿屋山(18.03.02 その1) | トップページ | 山梨 茅ヶ岳(18.03.12 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

春ですねえ
ここ数日は暖かい日が続いてるんで気持ちいいですね。
花粉は辛いけど…
四阿屋山、いろんなコースがあって楽しめますね
鎖やフクジュソウ、満喫されたこととも思います。
アカヤシオやツツジ、紅葉と四季折々楽しめる低山って貴重ですね。
以前はセツブンソウと一緒に何度か歩きましたが最近はご無沙汰してます。

kyou さん>こんばんは…
2月下旬位からすっかり春の陽気になりましたね~
もう一度、南岸低気圧が来て里雪が降ってくれると、周辺の山々も白く
なるんですが、今年はもう無理かも知れませんね。
四阿屋山は幾つもコースがあるようですが、観光協会のHPを見てもメインの
鳥居山コースと薬師堂コースだけなので、事前に分かると良いんですけどね
昨年、栃木の四季の森で節分草を見ましたし、今回は道の駅で咲いている
節分草を見たので、両神堂上の節分草園はパスしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66454373

この記事へのトラックバック一覧です: 奥秩父 四阿屋山(18.03.02 その2):

« 奥秩父 四阿屋山(18.03.02 その1) | トップページ | 山梨 茅ヶ岳(18.03.12 その1) »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック