« 北横岳~雨池山(18.02.09 その2) | トップページ | 静岡 越前岳(18.02.17 その2) »

2018年2月18日 (日)

静岡 越前岳(18.02.17 その1)


※スライドショーはInternet Explorerでご覧ください…

① 2018年2月17日(土)天候:晴れ
② 越前岳:1504.2m
③ コースタイム(行動時間:4時間00分)
 十里木高原駐車場(07:30)===展望台 (07:45)===馬ノ背見晴台(08:15)===平坦地(09:00)===越前岳(09:40~10:00)===平坦地(10:25)===馬ノ背見晴台(10:50)===展望台(11:20)===十里木高原駐車場(11:30)
※標準的なコースタイムに比べ大分遅いペースで行動しています。また、体力・季節・天候によりコースタイムが変わりますのであくまでも参考としてご覧下さい。
④ コースマップ(沿面距離:5.609km、累積標高差:±686m)
180217001

 2月2回目の山歩きは久しぶりに遠出することにし、昨年12月に予定していた200名山の愛鷹山(越前岳)に行ってくることにしました。

 毎年12月には正月用の写真を撮りに富士山周辺の山歩きに行っていましたが、昨年は膝痛再発で出かけることが出来なかったため、改めて綺麗な雪景色が見える間に富士山を眺めてくることにしました。


 ※画像をクリックすると大きくなります…

 ベースとなる十里木高原駐車場(マップコード:50 604 312)までは約210kmで2時間40分程…、現地スタート時間から逆算して午前4時半に自宅を出発すると関越道~圏央道~中央道~東富士五湖道路と走って現地に向かいます。(てんきとくらす…では午前中から強風の予報があるため早めに出発しました…)

 東富士五胡道路の須走ICで一般道に降りるとR138号線~R469号線と走りますが、ランドマークの富士サファリパークを通過して少し走ると、登山口となる十里木高原駐車場に到着しました。(駐車場の水洗トイレが使えます…)

180217002

 すぐに車を停めて準備をすると駐車場横の登山口から歩き始めます。

180217003

 少し登って十里木展望台に上がるとでっかい富士山がど~んと聳えます。

180217004

 一つ目の電波塔を通過する辺りから登山道に雪が残り始めます。(積雪量は大したことはありませんが融けた雪が再凍結して厄介です…)

180217005

 30分程登って展望が広がると西側の山々に雲がかかっていました。

180217006

 登山道の前方にはこれから登っていく越前岳の稜線が見えてきます。

180217007

 登山道の背後には雪を被った富士山が聳えています。(今シーズンは富士山の雪も少ないようですね…)

180217008

 登山口から45分程で馬ノ背見晴台に着きました。

180217009

 休憩用ベンチの置かれた見晴台からは見事な富士山が見えていました。

180217010

 見晴台から少し進むと岩場混じりの登山道を通過します。(雪がなければ特に難しい個所ではありません…)

180217011

 岩場混じりの箇所を通過すると尾根沿いの登山道が続きました。(この辺りで軽アイゼンを付けました…)

180217012

 樹林帯の雪道を登る途中で振り返ると富士山に雲が湧いていました。(西風が強くなったようです…)

180217013

 登山口から90分程で平坦地に到着しました。(尾根の途中の少し開けた場所ですが平坦ではありません…

180217014

 平坦地からは大きな富士山が良く見えました。

180217015

 さらに尾根沿いの登山道を進んで山頂に向かいます。

180217016

 途中で見かけた踏み跡を辿ると見事な展望が広がりました。(雲がなければ南アルプスが見えそうです…)

180217017

 さらに樹林帯にできたトレースを辿ってさらに登ります。(いい加減にうんざりです…

180217018

 平坦地から30分程登って勢子辻分岐に上がりました。

180217019

 分岐点から西側を見ると市街地の先に駿河湾が広がっていました。

180217020

 勢子辻分岐を通過すると山頂はもう間もなくで樹林帯に延びるトレースを先に進みます。

180217021

その2)に続く…

                                       …ページの先頭に戻る

« 北横岳~雨池山(18.02.09 その2) | トップページ | 静岡 越前岳(18.02.17 その2) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんにちは

裾野から見える富士山、やはり日本の象徴ですね!
雄大に構えて居ても大荒れ、雪は飛ばされてしまいます。
私は足を痛めてから気持ちが乗りません。

岳 さん>こんにちは…
年1回位は大きな富士山を見たいと思っているのですが、昨年暮れに
行けなかったので今回行ってみました。
群馬辺りからも小さな富士山が見えますが、現地で眺める富士山は
迫力が違いますよね…♪
今年は数年ぶりの寒い冬と言うことで、日本海側を中心に大雪に
見舞われていますが、先日の北横岳でも大分雪が少なかったですし、
今回の富士山では山頂近くでも地面が見えていました。
強風で雪が飛ばされることもあるんでしょうが、例年なら5合目以上は
白くなるものと思っていました。
今シーズンは確か富士山の冠雪が遅かったんですが、初冬の頃の
雪の降り方で違いが出るんでしょうかね~?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡 越前岳(18.02.17 その1):

« 北横岳~雨池山(18.02.09 その2) | トップページ | 静岡 越前岳(18.02.17 その2) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック