« 静岡 越前岳(18.02.17 その1) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(18.03.02 その1) »

2018年2月18日 (日)

静岡 越前岳(18.02.17 その2)

その1)から続く…

 十里木高原登山口から2時間10分で越前岳の山頂に到着しました。

180217022

 山頂北側には富士山が見えましたが山頂に雲が湧いていました。

180217023

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 南東側にはシルエット状の位牌岳が見えていました。

180217024

 南側に伊豆方面の山々が見えており一番高いピークが100名山の万三郎岳のようです。

180217025

 南西側には駿河湾と富士市の市街地が見えました。

180217026

 静岡市方面を少しアップにすると半島状の久能山が見えていました。

180217027

 新・分県登山ガイド(静岡県)を見ると市街地の先が安倍東山稜で、こちらのほとんどの山々からも富士山が眺められるようです。

180217028

 周囲の景色を眺めて少し休んでいると富士山の山頂が見えてきました。(アップにすると剣ヶ峰の観測所跡が分かりました…)

180217029

 一休みを終えると往路を戻って下山を始めます。(強風の予報が出ていたため昼食は下山後に回しました…)

180217030

 山頂から25分程で平坦地を通過しますが富士山は雲で覆われてしまいました。 

180217031

 富士山の左稜線の先に見えるのは200名山の毛無山のようです。(こちらも計画書だけは作ってあります…)

180217032

 さらに急勾配の稜線を下りますが、行き会った地元の方?によると雨の後は滑りやすい登山道になるそうで、今回は良い時に登ったと話していました…shine

180217033

 50分程下って緩やかな登山道に出ると富士山の雲が切れ始めていました。

180217034

 馬ノ背見晴台から眺めた南アルプス方面ですが依然として雲に覆われていました。

180217035

 富士山の左稜線の先に見える毛無山もこれが見納めでした。

180217036

 北東方向には道志山塊の200名山・御正体山が見えました。

180217037

 馬ノ背見晴台から下っていくと富士山にかかる雲が切れそうです。

180217038

 さらに下って樹林帯が切れると丹沢山塊の山々(檜洞丸~蛭ヶ岳~丹沢山~塔ノ岳)が見えました。

180217039

 山頂から1時間20分程で十里木高原展望台に下りました。(帰りは早い…sign01

180217040

 富士山中腹に宝永火口が見えますが、いつか近くまで行ってみたいところです。

180217041

 展望台から少し下って十里木高原駐車場が見えれば登山口はもう間もなくです。

180217042

 山頂から1時間30分で駐車場に下ると総行程4時間程で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って山道具を片付けると、家に帰る前にヘルシーパーク裾野(入湯料:520円)に寄ることにし、温泉に入って冷えた身体を温め汗を流してサッパリすると、館内のレストランで昼食を摂ってから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで行き会ったハイカーは全部で30人程…、駐車場に停まっていた車のほとんどが地元ナンバーで、県外ナンバーの車は数が少なかったようでした。

 ガイドブックで越前岳を調べた時は、山頂北側にある富士見台まで往復しようと思っていましたが、その後ネットで調べると周辺の樹木が育って昔ほどの展望がないため、今回は山頂往復のコースで歩くことにしました。

 富士山周辺で計画書だけは作ってある山は残り5ヶ所ほど、今年12月は忍野村の杓子山を考えていますが、今回見えた毛無山と御正体山も残っている山の一つです。

« 静岡 越前岳(18.02.17 その1) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(18.03.02 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

でっかい富士山ですねえ!
山頂は木で少し展望が邪魔されてるように見えますが、途中はばっちりですね。
富士山あたりの山は殆ど知識がないのでどのあたりかなと思って調べてみました。
行くのはいいんですが、帰りが道路が混んで躊躇してしまいます。
今回は混みませんでしたか?

kyou さん>おはようございます…
昨年12月に行けなかったので雪のある内に行ってみました。
山頂周辺は樹林帯なので以前からあんな感じの景色見たいのようですね。
東名高速の御殿場IC経由でも行けますが、中央道経由の方が車が少ないと
思って今回のルートで走りました。
中央道の場合は帰りの小仏トンネルがネックですが、今回は早めに帰ったので
特に渋滞箇所もありませんでした。
渋滞した時は山中湖からR413号線などを走って相模湖ICに出るルートも
ありますし、富士山の時に河口湖から御坂トンネル経由で笛吹市~山梨市に
出ると、R140号線の雁坂トンネルを抜けて秩父経由で帰ったこともありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66406269

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡 越前岳(18.02.17 その2):

« 静岡 越前岳(18.02.17 その1) | トップページ | 奥秩父 四阿屋山(18.03.02 その1) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック