« 赤城 黒檜山(17.11.24 その1) | トップページ | 2017年の山歩き(総集編) »

2017年11月25日 (土)

赤城 黒檜山(17.11.24 その2)

その1)から続く…

 山頂から少し進むと絶景スポットがありますが谷川連峰は雲に覆われていました。

171124023

 北西側に見える苗場山は平らな山頂が見えていました。

171124024

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 少し右側の仙ノ倉山は中腹辺りが見えていました。

171124025

 さらに右側の谷川岳には雪雲が流れて稜線が見えません。

171124026

 北側の上州武尊山と至仏山は雲の中でした。

171124027

 北東方向の皇海山の右側に鋸山が見えました。(日光白根山は雲の中でした…)

171124028

 男体山の左奥に大・小真名子山と女峰山が見えています。

171124029

 西側の鍬柄山と鈴ヶ岳の先に榛名山が見えますが、その先の浅間山は雪雲がかかっていました。

171124030

 山頂に戻る途中で南東方向に双耳峰の筑波山が見えていました。

171124031

 山頂に戻って昼食休憩を終えると黒檜山大神を経由して駒ケ岳に向かいます。

171124032

 南西方向に見えていた富士山は雲がかかっていました。

171124033

 さらに右側に甲武信ヶ岳と金峰山が見えますが、南アルプスと八ヶ岳は雲の中でした。

1711240331

 赤城山大神から少し下って展望ヶ所に出ると桐生・足利方面の山々が見えました。

171124034

 長七郎山の左奥には神奈川の大山や丹沢山塊が白く霞んでいました。

171124035

 展望ヶ所から戻ると階段混じりの登山道を下って大タルミに向かいます。(最近刈り払いされたようで歩きやすくなりました…)

171124036

 少し下ると展望が広がりますが駒ケ岳の稜線が霧氷で白くなっていました。

171124037

 途中の小ピークに登り返して黒檜山を振り返りました。

171124038

 黒檜山から30分ほどで最低鞍部の大タルミを通過します。

171124039

 さらに進んで駒ケ岳に登り返しますがこちらも山頂近くは真っ白でした…。

171124040

 黒檜山から45分で駒ケ岳に到着しました。

171124041

 南東方向が東京方面ですが今回は白く霞んでスカイツリーは見えません。

171124042

 山頂西側の樹林帯の間に赤城大沼が見えました。

171124043

 駒ケ岳を通過した頃から曇り始め、山頂北側に雪雲が流れ始めました。

171124044

 小ピークを越えて小沼が見える頃には霰が降り始めました。

171124045

 駒ケ岳から10分ほどで分岐点に下ると標識に従って駒ケ岳登山口に向かいます。

171124046

 天気がさらに悪化しそうなため途中で立ち止まることもなく下りました。

171124047

 駒ケ岳から急いで下ったこともあり35分ほどで登山口に下りました。

171124048

 登山口から少し歩いておのこ駐車場に戻ると、総行程4時間ほどで今回の山歩きを終了しました。(日影では霰が積もって少し白くなっていました…)

 車に戻って急いで道具を片付けると、帰る途中で富士見温泉ふれあい館(入湯料:510円、シニア:300円)に寄ることにし、湯船に浸かって冷えた身体を温めサッパリしてから家路に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で10人ほどですが、多くは時計回りで歩いた人たちのようで、駒ケ岳側から登った人たちは3人のようでした。

 冬支度の山歩きは12月から…と言うのが毎年のことでしたが、今シーズンは寒波が来るのが例年より少し早い
のか、11月になると赤城山に雪雲がかかり始めており、今年の冬は雪が多くて寒さが厳しいシーズンになるのかも知れませんね。

 これまで黒檜山には11回登りましたがいずれも冬場か新緑のシーズンで、夏場や秋には登っていないため、来年こそは紅葉シーズン真っ盛りに歩いてみたいと思っています。

« 赤城 黒檜山(17.11.24 その1) | トップページ | 2017年の山歩き(総集編) »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

いい日に登られましたね。
寒い日の、赤城ブル-と霧氷と青空。
最高の景色ですね~!
また行って見たくなりましたhappy01

マイン さん>こんにちは…
前日の赤城山は寒波到来で山頂周辺が雲で覆われていたので、
これなら綺麗な霧氷が見えるかなぁ~と思い登ってみました。
朝の内は雲一つない快晴でしたので、青空をバックにした輝く霧氷が
とても綺麗で、タイミングが良かったと思っています。
寒波が入る11月下旬になると、赤城山の霧氷の季節になりますので、
チャンスがあればお出かけください。

こんばんは~
ピーカンの空と霧氷・・・イイ景色ですねぇ~o(*^▽^*)o
冠雪の山々にうっとりーしながらレポを拝見です(*^ー゚)b
これからの真っ白な雪・雪・雪、雪の世界の赤城山もイイでしょうねぇーsnow

tuba姐 さん>こんにちは…
タイミング良い山行だったようで綺麗な霧氷が見られました…♪
もう少し遠望が良ければ最高でしたが、こればかりは中々思うようには
なりませんよね…(笑)
毎年、暮れになると雪景色が見られますし、2月上旬にはもっとも雪が
多くなるので、今シーズンも行ってみたいと思ってますよ。
近場なのですぐに行けるのがいいですね

こんにちは!

赤城山の霧氷はきれいですね!
青空をバックに真っ白い宝石のようですshine
もっと真冬になると、雪山は登れないし、道路も完全凍結するとスタッドレスでも上がれる気がしないので、ギリギリ今の季節が赤城山良いのかしら?とcoldsweats01
でも登山道も凍結箇所がありドテンthunderとなっちゃいそう。
ひまじんさんのレポで霧氷は堪能ですhappy01
展望台から、谷川岳は雪雲がかかってる時が多いですね。
わ~、筑波山はすっきりだわヽ(´▽`)/
ってことは筑波山からも赤城山が見えたのかしら。
これから冬は、雪山こそ登れない私ですが茨城からも日光連山や赤城山、浅間山などくっきり見えて楽しい季節です♪

らるご さん>こんばんは…
今回は前日に寒波が入ったので綺麗な霧氷が出来たようですね。
赤城山の県道4号線は余程のことがない限り、スタッドレスで登れないことは
ないと思います。(もちろん路面凍結の時は慎重な運転が必要ですが…)
それと赤城大同まで登らずに、途中の姫百合駐車場から鍋割山に登って、
展望を楽しむと言う選択もあり、鍋割山なら軽アイゼンで大丈夫です。
雪が降った後は空気が綺麗になるので、筑波山に春の雪が降った後に
登ってみると、いつもとは違う綺麗な景色が楽しめると思いますよ。

わ~
もう。。。。完全に頂上近くは冬ですね~
それにしても霧氷と青空のコントラストの美しいこと。
遠くの白い山々も。。。。
大好きな景色です。
なかなか冬のお山は縁遠いけれど、私は大好きです~

霧氷の間から見える赤城大沼のお写真も美しすぎてため息が出ますね~
こんな景色に出会えると、心から来てよかったと思えますね!!

野花 さん>こんにちは…
1週間ほど前にネット仲間が黒檜山のレポを上げており、
今シーズンは霧氷が見られるのが少し早いのかも知れません。
登山道の雪は1センチほどで滑り止めは必要ありませんが、
部分的に凍っているので足置きに注意しながら歩きました。
雪の少ない地域に住んでいると、霧氷の樹林帯などはとても
珍しい景色ですし、より一層綺麗に見えますね…♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66083961

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城 黒檜山(17.11.24 その2):

« 赤城 黒檜山(17.11.24 その1) | トップページ | 2017年の山歩き(総集編) »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック