« 奥多摩 川苔山(17.11.06 その1) | トップページ | 東信 子檀嶺岳(17.11.12 その1) »

2017年11月 8日 (水)

奥多摩 川苔山(17.11.06 その2)

その1)から続く…

 踊平から15分ほど登り返すと綺麗な紅葉の先に川苔山が見えました。

171106027

 モミジの葉先が少し茶色い感じですが紅葉が陽に映えて大変鮮やかでした。

171106028

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 綺麗なモミジの枝先をアップにしてみました。

171106029

 防火帯のような稜線に登山道が続いており小さく折り返しながら川苔山に向かいます。

171106030

 日陰になった踏み跡の落ち葉が霜で白くなっていました。

171106031

 踊平から45分ほど登り返すと少し緩やかな稜線に上がり、背後を振り返ると下ってきた防火帯が良く見えました。

171106032

 さらに進むと分岐点があり道標近くに曲ヶ谷北峰の標識杭がありました。

171106033

 ここまで来れば川苔山はもう間もなくで、すぐ西側に山頂のピークが見えました。

171106034

 曲ヶ谷北峰から鞍部に下ると鳩ノ巣駅の分岐点があり、分岐点から少し登り返すと山頂が見えました。(鳩ノ巣からのソロハイカーが先行しています…)

171106035

 有馬峠から2時間半ほどで川苔山に到着しました。(周囲の灌木が育ってガイドブックで紹介していたほどの展望はありません…)

171106036

 山頂南側の灌木の先に富士山が見えました。

171106037

 南西方向は開けており石尾根の先に雲取山が見えていました。

171106038

 北西方向には灌木がありますが少し移動すると三ツドッケ(天目山)が見えました。

171106039

 さらに右側に蕎麦粒山が見えています。

171106040

 山頂で30分ほど休んで軽い行動食を食べると往路を戻って下山を始めます。

171106041

 山頂から10分ほどで曲ヶ谷北峰の分岐点を通過しました。

1711060411

 曲ヶ谷北峰から少し進むと日光白根山と男体山が見え、手前山並みの中央辺りに丸山の展望台が見えました。

171106042

 少し左側に上州武尊山~至仏山~赤城山が見えました。

171106043

 北側の大持山の先が谷川方面になりますが、白く霞んで山並みが見えません。

1711060431

 北西側の51号鉄塔の左奥に岩菅山と白砂山が見えました。(左側稜線のすぐ先が東御荷鉾山です…)

171106044

 さらに進むと鞍部の先に日向沢ノ峰が見えました。(帰りの登り返しが大変そう…)

171106045

 20分ほど下るとモミジの紅葉が綺麗な個所を通過します。

171106046

 三ツドッケが見えると最低鞍部の踊平はもう間もなくです。

171106047

 踊平から15分ほど急登して川苔山を振り返りました。(S字状の稜線が見えます…)

171106048

 さらに日向沢ノ峰に向かって急登していきます。

171106049

 川苔山から1時間20分ほどで日向沢ノ峰まで戻ると、影絵のような富士山を眺めながら昼食タイムとしました。

171106050

 昼食休憩を終えると有馬峠に向かってさらに下ります。

171106051

 日向沢ノ峰から20分で51号鉄塔、さらに30分ほど歩いて有馬峠に戻ると、総行程5時間50分で今回の山歩きを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、帰宅の前に秩父湯元・武甲温泉(入湯料700円・ロッカー100円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 三連休後の平日でもあり川苔山周辺で
見かけたのは1人だけで、有馬峠で見かけた車とバイクの人たちは、蕎麦粒山方面か蕨山辺りに向かったようでした。

 ガイドブックの紹介記事を見ての川苔山でしたが、期待していた山頂からの眺望はそれほどでなく、行き帰りの稜線で眺めた景色が良かったのが幸いでした。

 奥多摩方面で登りたい山としては御前山だけが残っていますが、こちらはガイドブックが紹介しているカタクリの花の時期に合わせて歩いてみたいと思っています。

« 奥多摩 川苔山(17.11.06 その1) | トップページ | 東信 子檀嶺岳(17.11.12 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんばんは

秋の稜線歩きは魅力ですね。
富士山も、展望も良し!
紅葉もおまけで、いい山歩きが出来ましたね。

こんにちわ
川苔山って川乗山の表記もあるんでしょうね。
どちらも正しいということですが、どんないわれなんでしょうね?
紅葉が綺麗な山ですね。春の新緑も綺麗だろうなあと思いました。
今回のコースを参考にして来春にでも歩いてみたいなあと思います。

岳 さん>こんにちは…
稜線の紅葉は見頃を少し過ぎた感じでしたが、綺麗なモミジも残っていて
まぁ~まぁ~と言うところでした。
途中の何か所かで富士山が見えるので、一息入れるのに丁度良いですね。
ただ、温かい日が続いて富士山fujiの冠雪が消えてしまったので、この季節の
風景としては少し違和感のある感じでした。

kyou さん>こんにちは…
山と高原地図の標記は川苔山(川乗山)ですが、川乗橋・川乗橋と言う
標記もあって、どこがどう違うのかよく分かりません。
ただ、コース上の案内道標は川苔山となっていますし、ガイドブックも川苔山
なので、山歩きとしては川苔山で良いと思いましたね…。
群馬から三ツドッケとか川苔山に行く時は有馬峠からのルートがいいですね
奥多摩側から登るよりアプローチで1時間ほど短縮できると思いますよ…。
ただし埼玉県の林道交通規制情報を確認した上になりますが…
http://www.pref.yamanashi.jp/rindoujyouhou/main.php

こんばんは~🍂
富士山が見れたんですね!
羨ましいですぅー( ̄▽ ̄)
鮮やかなモミジの紅葉もステキですねmapleshine

おぉー、奥多摩って・・・見入ってしまいました。
三頭山と御前山の山名を聞いたことがありましてね。
奥多摩には、まだ行ったことが無いのですが、行ってみたいですぅー


tuba姐 さん>こんばんは…
紅葉登山もお終いのようで、大方の葉っぱは落ちてしまい、
山道に吹き溜まりもできていました。
今頃の富士山なら山頂が冠雪していると思いましたが、
この日は雪の痕跡もなく夏場のような感じに見えましたね~think
三頭山は3年前に行きましたが、御前山は来春のカタクリの頃に
行ってみたいと思っていますよ。
二つの山とも新潟で鍛えた姐さんには少し物足らないかも
知れませんよ…shoe

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/66015888

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩 川苔山(17.11.06 その2):

« 奥多摩 川苔山(17.11.06 その1) | トップページ | 東信 子檀嶺岳(17.11.12 その1) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック