« 東信 飯盛山(17.09.25 その1) | トップページ | 上越国境 稲包山(17.10.01 その1) »

2017年9月26日 (火)

東信 飯盛山(17.09.25 その2)

その1)から続く…

 野辺山駅から2時間10分で飯盛山に到着しました。

170925030

 北東側稜線の先に男山~御座山~天狗山が並びます。

170925031

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 東側に流れていたガスも消えて稜線の先に昨年登った横尾山が見えました。(快晴の日なら金峰山や瑞牆山が見えると思います…)

170925032

 南東方向は雲で覆われていますが快晴の時なら金ヶ岳や富士山が見えるようです。

1709250321

 西側の八ヶ岳方面は雲が薄くなりましたが、稜線は最後まで姿を見せませんでした。

170925033

 狭い山頂部の一角を借りて軽い行動食を摂っていると、南アの鳳凰三山~北岳~甲斐駒ケ岳が姿を見せてくれました。

170925034

 昼食タイムを終えると山頂を下って北側に見えていた1643Pに向かいます。

170925035

 15分ほどで1643Pに上がると見晴台になっており目の前が飯盛山の山頂となります。

170925036

 1643P手前で休憩していた遠足の小学生が飯盛山に向かって移動しています。

1709250361

 一通り景色を眺めると西側に下って平沢峠に向かいます。

170925037

 帰りは平沢山を左に巻きますが平沢山分岐の手前で飯盛山に別れを告げました。

170925038

 ここまでで見かけた花々で①ヤマハハコ、②マツムシソウ、③センブリ、④イトラッキョウとなります。(山頂近くでマツムシソウが群生していました…)

170925056

 平沢山分岐からは往路の登山道を30分ほど下って平沢峠に戻りました。

170925039

 平沢峠まで戻ると駐車場北側のしし岩に向かいます。

170925040

 少し進むとしし岩の岩峰が見えてきます。

170925041

 踏み跡をたどって岩峰に上がると野辺山の宇宙電波観測所が見えました。(直径45mのパラボラが見えています…)

170925042

 八ヶ岳の雲はさらに薄くなって権現岳~赤岳間のキレットが見えていました。

170925043

 北側の岩峰に移動して見納めの平沢山に別れを告げました。

170925044

 しし岩の北側から薄い踏み跡の登山道が延びており、マーカーを頼りにJR最高地点に向かいました。(初心者向けではなさそうなルートです…)

170925045

 途中でゴルフ場の道路を横切ると標識に従ってさらに進みます。

170925046

 ササ藪の斜面を10分ほど進むと2本目の道路を渡ります。

170925047

 さらに進んでゴルフ場内の道路に出ると北西方向に向かって歩きます。

170925048

 しし岩から30分ほどでゴルフ場を通過するとJR最高地点の踏切が見えてきました。

170925049

 西側の八ヶ岳は依然雲に覆われており、主峰・赤岳は朝方に見えただけでした。

1709250491

 平沢峠から約35分でJR最高地点に到着すると大変立派な石碑が立っていました。(最高地点があるは知っていましたが立ち寄るのは初めてのことでした…)

170925050

 最高地点の踏切を渡ると鉄道神社が祀られていました。(マニアックなご神体でした…)

170925051

 周辺の写真を撮っているとタイミングよく下りの列車がやってきました。

170925052

 周辺の写真を一通り撮ると小海線沿いを歩いて野辺山駅に向かいます。(前方の山並みは御座山~男山~天狗山です…)

170925053

 JR最高地点から30分ほど歩いて野辺山駅前の駐車場まで戻ると、総行程4時間55分で今回のハイキングを終了しました。

 車に戻って道具を片付けると、久しぶりに南相木村の滝見の湯(入湯料450円)に寄って汗を流すことにし、帰りはぶどう峠越えの最短コースを走って帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で5~60人ほどですが、そのほとんどは平沢峠からのハイカーでしたが、山頂にいた時に清里側に下るハイカーも見かけました。

 秋分を過ぎて花も少ないと思っていましたが、山頂周辺のマツムシソウを初め沢山の花が咲いており、写真に撮った他にウメバチソウやアカツメクサなどを見かけました。

 今回は山頂からの大展望を期待して初めて歩いてみましたが、生憎の空模様で近場の金峰山や富士山などを眺めることが出来ず、次回は冬場の好天の日などを狙って再挑戦したいと思っています。

« 東信 飯盛山(17.09.25 その1) | トップページ | 上越国境 稲包山(17.10.01 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんばんは

飯盛山は良い山ですよね!
こんなコース選択が出来るとは知りませんでした。
私は一度行っただけですが、360度の展望は今も忘れません。
広い長野県、金峰山に行った時など、朝5時に家を出ても帰ったのは
夜の7時過ぎでした。

岳 さん>こんにちは…
ネット友達のレポで綺麗な景色を見たことがあり、いつか行って見ようと
思っていたところでした。
手持ちのガイド本では清里駅からの縦走コースですが、使える列車の本数が
少ないため、今回のコースにしました。
長野県も松本の先になると往復するが大変ですが、八ヶ岳の東側の山域なら
日帰りできるエリアと思います。
甲武信ヶ岳の源流コースだと朝が3時で帰りが17時位ですかね~
長野県はとても広いですよ…sign03

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65839006

この記事へのトラックバック一覧です: 東信 飯盛山(17.09.25 その2):

« 東信 飯盛山(17.09.25 その1) | トップページ | 上越国境 稲包山(17.10.01 その1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック