« 志賀高原(17.09.10 その1) | トップページ | 長七郎山・地蔵岳(17.09.19 その1) »

2017年9月12日 (火)

志賀高原(17.09.10 その2)

その1)から続く…

 北東側の寺子屋峰の先に岩菅山が見えました。

170904027

 一通り景色を眺めると鞍部の先に見える裏志賀山に向かいます。

170904028

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 山頂から少し下ると鬼の相撲取り場の池が見えました。

170904029

 さらに下っていくと右下に志賀ノ小池が見えてきました。

170904030

 北側には焼額山と東館山のピークが見えました。

170904031

 ここまでで見かけた花々で①ゴゼンタチバナ(実)、②オオカメノキ(実)、③ウツボグサになります。

170904032

 鞍部まで下って振り返ると志賀山の山頂に人影が見えました。

170904033

 裏志賀山に取り付いて10分ほど登ると山頂手前の分岐点となりました。

170904034

 分岐点から左に進んで稜線に出るとエメラルドグリーンが鮮やかな大沼が見えました。(大沼の右上が赤石山です…)

170904035

 さらに進むと志賀山神社が祀られた裏志賀山の山頂に着きました。

170904036

 山頂から先に進むと展望ヶ所があり岩菅山の右側に佐武流山が見えました。

170904037

 山頂から稜線に戻ると南側に見える四十八池に向かいます。

170904038

 今回はこれが見納めとなる大沼ですが、前回より色鮮やかなように思いました。

170904039

 山頂手前の分岐点まで戻ると急坂を下って四十八池に向かいます。

170904040

 20分ほど下って志賀山神社の鳥居をくぐると池めぐりコースの遊歩道に合わさりました。

170904041

 裏志賀山から30分ほどで四十八池に到着するとベンチを借りて昼食タイムとしました。

170904042

 30分ほど休憩すると四十八池の湿原を通過して登山口に向かいます。

170904043

 秋めいた湿原の池塘にハンバーグ風の浮島が浮いていました。

170904044

 木道を少し進んで見納めの裏志賀山と四十八池に別れを告げました。

170904045

 四十八池からは砂利の敷かれた歩きやすい遊歩道が続きます。

170904046

 四十八池から45分ほどで渋池を通過します。

170904047

 ここまでで見かけた花々で①ツリガネニンジン、②ウメバチソウ、③ワレモコウとなります。

170904048

 さらに5分ほどで前山のピークが見えてきました。(笠ヶ岳は雲に隠れました…)

170904049

 前山湿原の周辺も紅葉が始まっておりナナカマドの葉が赤く色づいていました。

170904050

 ここまでで見かけた花々で①コウゾリナ、②ヤナギラン、③ミヤマトリカブトとなります。

170904051

 さらに下って熊の湯スキー場が見えれば登山口はもう間もなくです。

170904052

 渋池から30分ほどで硯川登山口に到着すると、総行程5時間15分で今回の山歩きを終了しましたが、急登個所などでは膝を庇いながら登ったこともあり、前回のCTより大分遅れたCTになっていました。

 車に戻って道具を片付けると、駐車場の前にある硯川ホテル(入湯料:800円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

 ※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたハイカーは全部で7~80人ですが、ほとんどは前山から四十八池の間で見かけた人たちで、志賀山~裏志賀山の間で行き会ったのは5人ほどでした。

 4年前より2週間ほど早い志賀高原でしたが、湿原の草紅葉はすでに色づき始めており、遊歩道
周辺の広葉樹も少し色づき始めた感がありました。

 次回、志賀高原を歩く時は横手山や焼額山などこれまで歩いていないピークや、残雪期や夏場など季節を変えて歩いてみたいと思っています。

« 志賀高原(17.09.10 その1) | トップページ | 長七郎山・地蔵岳(17.09.19 その1) »

登山」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

ひまじんさん、こんにちは

山座同定、流石です!
林間学校も終わる9月、人の波が収まる良いタイミングでしたね。
私も裏志賀山から見下ろす、コバルトブルーの大沼池が好きで、
残雪期によく行っています。
一直線のアルプス、残念ながら見えなかった様ですね。


岳 さん>こんばんは…
前回登った時に周辺の山々を調べたので、山の名前はすぐに
分かりました。
紅葉シーズンには少し早かったので人出が少なかったようですし、
団体は大学生らしいグループを1組見ただけでした。
前回眺めた大沼は白っぽい感じに見えましたが、今回は青みが
強く鮮やかな色合いがとても綺麗でした…good
北アルプスは渋峠辺りから雲が多く、前山に登った時には稜線に
雲がかかっていました。
綺麗なスカイラインなら冬場が良いのかも知れませんね~shine

ひまじんさんお久しぶりです。
浮島の草が秋の色になっていて綺麗ですね。
大沼の青がとても綺麗。ヤマレコの写真の下に使用機材が出ますが、もしかしてオリンパスのOM-Dを機材に加えたのでしょうか?
左の膝の具合はいかがですか?起伏の少ないコースを選ばれた様子なので、まだ本調子ではないのでしょうか。
実は私も先日の中央アルプスで無理をして右ひざを痛めてしまい、3週間たった今も山は自粛です。どうやら鵞足炎らしいので、安静にしていればいいのですが、気分が今一つです。
足の具合を気にしなければいけない時に「フルサイズ病?」にかかってしまい、新品から中古まで調べながら、重量とコストで堂々巡りをして(楽しんで?)います。camera

syabin さん>こんにちは…
8月後半が涼しかった関係なのか湿原では草紅葉が始まっていました。
膝の方は7月半ば頃に庭仕事で痛めたらしく、医者に行って水を抜いてもらい
少し良くなりましたが、重症化すると大変なので膝にあまり負担をかけないように
しています。
体力的に大変な山では1インチのコンデジを使っていましたが、積雪期などには
どうしても信頼性に欠けることもあり、ヤマレコで一番使われているOM-Dを使って
みることにしました。
今度のOM-Dも軽くて取り回しは良いのですが、使い慣れたニコンの一眼レフに
比較すると、電源ON後シャッターを押せるまでが大分遅くてイラつくのと、ミラー
レスの宿命らしく、バッテリーがすぐに減るのが???でした…
キャノンは6DⅡが出ましたし、5DⅢの中古も大分出回っているようですよね~
ただ、色々悩むのも楽しみと思いますよ…confident

こんばんは!

志賀高原、とても懐かしく思い出しながら拝見しました。
昔、家族で木戸池でキャンプ。志賀高原、まさにここをハイキングしましたnote
ハイキングと言っても私にとっては裏志賀山など立派な登山でしたcoldsweats02
四十八池付近はとてもきれいでshine
大沼がこんなにコバルトブルーだったとは気が付きませんでした@@
ハンバーグ風の浮島にクスッとしちゃいました(≧m≦)
ひまじんさん、お腹が空いていたのかな~?restaurant
ナナカマドが色づいて来ましたねmaple
たくさんの種類のお花もまだまだ咲いていてよい山行でしたねヽ(´▽`)/
痛めた膝のほう、順調に回復なさってるようでよかったです。
これからもどうぞご自愛ください^^
秋のお山、楽しみです。

らるご さん>こんにちは…
この辺りは何回か歩いたことがありますが、今回は志賀山を中心に
ゆっくり歩いてみました。
前回、大沼を見た時は少し白っぽい感じでしたが、今回は青味が強く
とても鮮やかな色合いで、雨が多かった夏の天気が関係したのかなぁ~
と思いました。
四十八池周辺では草紅葉が色づき始め、一方では秋の花も沢山咲いていて、
とても印象深いハイキングと思いました。
お陰様で膝の痛みはほとんど消えましたが、もう少し様子を見ながら調子を
戻したいと思っています。
秋分を過ぎればいよいよ秋本番ですよね~maple

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65780915

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原(17.09.10 その2):

« 志賀高原(17.09.10 その1) | トップページ | 長七郎山・地蔵岳(17.09.19 その1) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック