« 美ヶ原(17.08.21 その1) | トップページ | 戦場ヶ原(17.09.04 その1) »

2017年8月23日 (水)

美ヶ原(17.08.21 その2)

その1)から続く…

 牛伏山から70分ほどで王ヶ頭ホテルの裏側にある山頂に到着しました。

170821024

 周辺に薄いガスが流れていますが天気は大丈夫そうなため、予定通り王ヶ鼻のピークに向かうことにしました。

170821025

 ※画像をクリックすると大きくなります…

 少し進んで林道脇の展望ヶ所に進むと王ヶ鼻の岩頭が良く見えました。

170821026

 少し進むと林道横でハナイカリが咲いていました。(ピンクはハクサンフウロ…)

170821027

 さらに進むとマルバダケブキが群生していました。(シカの食害が酷いんでしょうね…)

170821028

 カワラナデシコはあちこちで見かけました。

170821029

 王ヶ頭から25分で石仏の祀られた王ヶ頭に到着しました。

170821030

 孫は途中で一緒になったおじさんからナゾナゾを教えてもらいました。

170821031

 王ヶ鼻の岩頭からは松本の市街地が良く見えていました。

170821032

 王ヶ鼻で40分ほど休憩すると往路を戻ってアルプス展望コースに向かいます。

170821033

 王ヶ頭の少し手前に分岐点があり道標に従ってアルプス展望コースに進みます。

170821034

 アルプス展望コースの登山道では沢山のツリガネニンジンが咲いていました。

170821035

 王ヶ頭ピークの中腹を進んでいくと右前方に烏帽子岩が見えてきます。

170821036

 崩れかかっていた天気はすっかり回復し、草原の上に真夏の雲が湧いていました。

170821037

 王ヶ鼻から50分ほどで烏帽子岩に到着しました。

170821038

 崖沿いの登山道を進んでいくとあちこちでノハラアザミが咲いていました。

170821039

 烏帽子岩から崖沿いの登山道をさらに進んで塩くれ場に向かいます。

170821040

 こちらのシナノオトギリも何か所かで咲いていました。

170821041

 さらに進んで塩くれ場近くまで戻ってくると王ヶ頭の電波塔が見えてきます。

170821042

 帰り道に見かけた美しの塔周辺は沢山の観光客で大変賑やかでした。

170821043

 美ヶ原高原ホテル近くでポニーが放牧されていましたが、孫は初めてのポニーだそうで恐る恐る触っていました。

1708210431

 さらに歩いて牛伏山まで戻ると見納めの王ヶ頭に別れを告げました。

170821044

 牛伏山を通過して美ヶ原美術館の駐車場に戻ると、総行程5時間5分で今回の山歩きを終了しましたが、途中で遊びながらのハイキングなのでCTは当てになりません。

 車に戻って道具を片付けると、家に帰る途中で長門温泉やすらぎの湯(入湯料:大500円、小300円)に寄ることにし、汗を流してサッパリしてから帰宅の途に就きました。

                                       …ページの先頭に戻る

※覚え書き

 今回の山歩きで見かけたのは全部で200人ほど…、美しの塔~王ヶ頭辺りでは一般観光客がたくさん歩いており、アルプス展望コースでも沢山のハイカーが歩いていました。

 昨年の9月初旬にも美ヶ原を歩き、その際は見事な眺望と沢山の花を見かけましたが、今回は梅雨の晴れ間のような天気でもあり、途中で見かけた花々は別にして見事な眺望は次回以降の楽しみとなりました。

 7月初めの頃ですが自宅の庭木を手入れをした時に左膝を痛めたらしく、その後の自宅療養などで膝の痛みは回復したように思いましたが、今回の山歩きでこの時の膝痛が再発してしまい、膝が治るまではきつい山歩きなどはしばらく無理になったようです。

« 美ヶ原(17.08.21 その1) | トップページ | 戦場ヶ原(17.09.04 その1) »

登山」カテゴリの記事

コメント

私にとって美ヶ原は懐かしい場所です。
確か大学の時に行事で2度ほど登っています。
他にも体育会のトレーニングで、美鈴湖まで走らされました。(まあ半分くらい歩いてましたが)
バイクでも行った事があるはずですが、今となっては美しの搭ぐらいしか思い出せません。小さく富士山が見えたのは覚えていますが。
微かですが楽しかった記憶が蘇り、、、ありがとうございます。(*- -)(*_ _)ペコリ

美ヶ原は昔、家族で、それこそ、一般の観光客として行ったことがありますが。。。。
歩くと、いろいろな景色、花、空気、風味わえますね。
5時間も歩くなんて、この場所のいいところたくさん味わうことができたのでしょうね。
牛もいるし、お孫さんは充分楽しめたことと思います。
苦しい後の達成感の山登りもいいですが、楽しみながらのんびりもまたいいものですね。

膝を傷めて、なかなか出られなくなったということですが、ゆっくり治して、またお好きなお山へお出かけくださいね。お大事になさってください。

ハル さん>こんばんは…
以前は美ヶ原も一般的な観光地と思っていましたが、山歩きを始めた現在では
100名山を意識してしまうようです。
最近では中央分水嶺トレイルと言う名称で霧ケ峰への縦走ルートが紹介されており、
当日もこのコースを歩くらしいハイカーを見かけました。
好天の時なら沢山の100名山が見られますし、時々歩いてみるのも面白いところと
思っています。

野花 さん>こんばんは…
美ヶ原は簡単に行けるところですし山歩きと言うより、観光地として方が知られている
かも知れませんね…
100名山の山頂を踏むだけなら3時間もあれば十分でしょうが、ゆっくり歩くと色んな
景色が楽しめるので時々歩くのも面白いですし、冬場ならスノーハイクがムリせず
楽しめるコースと思います。
膝の痛みは医者に行って大分良くなっており、サポーターを付けると痛みも少ない
ので、ムリのないよう歩きたいと考えています。

こんにちは

お孫さんと高原歩き、初めての牛との対面、いい思い出になったでしょうね?
天候不順の今年にしてはまずまずの天気、眺望もそれなりでよかったです。
私は一昨年、北側の焼山滝コースを登りましたが、ここも魅力的でした。


岳 さん>こんにちは…
昔は農村に行けばどこにも牛がいましたが、現在はかなり地方に出かけないと
牛も中々いませんし、動物園にはホルスタインなどはいませんので、街場育ちの
孫は牛が大変珍しかったようです。
この日は甲信方面の天気が良かったので、少し足を延ばしたのが正解でした。
美ヶ原も松本側から登るのはアプローチが大変ですが、焼山沢ルートなら
上田側からの取り付きですし、沢沿いで夏場は涼しくて良いでしょうね。
ヤマレコを見たら群馬のネット仲間が前日に歩いていましたよ。

おはようございます

美ヶ原は数年前に行きましたが、蓼科山、霧ヶ峰、美ヶ原を1日でまわり美ヶ原は夕方になってしまい、こんな行っただけの山行はダメだなあっと反省しました。

お孫さんと、ゆっくり自然を満喫されよかったですね!!
ひまじんさんのように、ここはゆっくりじっくり味わいたいところです♪
マツムシソウなど秋ですねconfident好きな花です。
お孫さんは牛やポニーにふれあって、素敵な思い出ができましたねshine
空気が澄んで天候がよければ雄大な北アルプスもfuji
私どもは見ることができませんでしたがcoldsweats02

美ヶ原は冬もスノーハイクなど、よさそですねgood

ひまじんさんの左膝、早く完治なさますようにconfident
お大事になさって下さい。
治りましたら、また詳細なレポを楽しみにしております^^
 

らるご さん>こんにちは…
蓼科山~美ヶ原なら1泊2日位でないと大変ですよね~
天気が良ければ周囲360度の見事な展望が楽しめますし、王ヶ頭ホテルに泊まると
見事な星空の写真が撮れるそうですよ。
冬場は初心者向けのスノーハイクが楽しめますし、茨城からの遠征なら泊り込みの
遠征が良いと思いますね…。
一緒に行った孫ですが、花の名前を教えても中々覚えてくれそうにありませんが、
牛やポニーなら目を輝かせて近づいて行きますよ…(笑)
膝の方はお気遣いをいただき有難うございます、あまり無理せずボチボチ直して
行きたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175376/65700134

この記事へのトラックバック一覧です: 美ヶ原(17.08.21 その2):

« 美ヶ原(17.08.21 その1) | トップページ | 戦場ヶ原(17.09.04 その1) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック